2006年05月12日

ビジネススキルの偏差値が低いのか?

昨日、我が社の生産コンサル部門の事業計画発表会に参加してきたが、質疑応答を聞いていて、ビジネススキルにギャップがあることを痛感してしまいました。

そう感じたネタを一つピックアップすると、

ビジネス組織にラインとスタッフがあるのは必然なのに「そんな意識は捨てよう!」などと生産部門の執行役員がハッパをかけていたのですが...

ライン   販売部門×商品(生産)部門
スタッフ    管理部門(総務・経理・人事)

一般的なラインとスタッフは上図のような分類と理解しており、双方とも商品部門に位置付けていたわけです。

執行役員の言うことが正しいのなら、そもそもこの理解が間違っていて、結局それは小職のビジネススキルが低いことになると思う。


そう言えば『偏差値』を意識しなくなって20年以上経ってしまっているので、スキル・リテンションの指標として、試験でも受けてみようかなと考えた次第...


ビジネス能力検定2級試験問題集〈2006年版〉
ビジネス能力検定2級試験問題集〈2006年版〉専修学校教育振興会

日本能率協会マネジメントセンター 2006-02
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


図解 利益を生み出すビジネス手法と事例108
図解 利益を生み出すビジネス手法と事例108児玉 充晴

日経BP企画 2005-05
売り上げランキング : 7,773

おすすめ平均 star
star事例を厳選した上で、利益が生み出される構造を深堀してほしかった
starビジネスの基本に立ち返ることも、固定観念を覆すことも提案している。
star「技術を金にかえる」という「儲け方」に的を絞っている

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


大学は偏差値ではなく学閥で選ぶべきである
大学は偏差値ではなく学閥で選ぶべきである永澤 宏幸

明日香出版社 2004-03
売り上げランキング : 113,512

おすすめ平均 star
starみなさんいろいろな意見がありますが。
star本質をついた本
star受験生は正しい情報を!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



posted by 課長007 at 12:49 | 東京 ☁ | Comment(3) | TrackBack(0) | マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - ビジネススキルの偏差値が低いのか?
この記事へのコメント
ラインとスタッフの定義は↑の通りのはずですよね。
執行役員氏が舞い上がってタコ踊りしてる、の図ですかね。
またはそもそも お執行役員の認識がユニークだった?
Posted by レアルソシエダ at 2006年05月13日 00:57
>「そんな意識は捨てよう!」などと
>生産部門の執行役員がハッパをかけて
>いたのですが...

弊社も同じようなことを生産部のトップが言ってますよ。
ニュアンスが異なるかもしれませんが、スタッフに稼げ!売上をつくれ!とか言ってます。

私自身が、ラインとスタッフの両側での仕事をしているので言いたいことはわかるのですが…。

無謀なことですが、斬新的な発想でもあると思います。
Posted by sin at 2006年05月13日 14:44
こんにちは。
この記事内容へのコメントでなくて恐縮です。
うっかりしていたのですが、
「クロスメディアな生活」のsinさんからのコメントで、課長007さんが私の書籍を紹介してくださったのを知りました。
探してみたのですが、見つからず、ここにコメントさせていただきました。
ありがとうございました。
これからも、よろしくお願いいたします。
Posted by つかさ:「ソリューション営業の道具箱」 at 2006年05月14日 12:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
gooリサーチモニターに登録!



キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。