2006年04月12日

社長にしたい人−2−

一昨日の『社長にしたい人−番外編−』で一部紹介してしまいましたが、課長007が“仕えてみたいCEO像”の連載です。

  第1位 鈴木敏文氏・セブン&アイHD会長

  第2位 御手洗富士夫氏・キャノン(株)代表取締役社長

  第3位 ゴーンさんでもなく...捜索中...

なんとまぁタイミングよく『プレジデント2006年5.1号』が経営論というよりリーダー論メインの特集を組んでくれてまして、勝見明氏のインタビュー記事のうち小職がマーカーした箇所を引用させていただきます。

プレジデント2006年5.1号

「ビジネスリーダーにとって最も必要なスキルはコミュニケーション能力である。」

「御手洗さんの原点はやはり、ガキ大将です」

「気力、体力、知力、胆力、そして、愛嬌と独特のいたずらっ気を併せ持ち、人の心を一気につかむ。そんなガキ大将と、その意を体して生き生きと動く子分たち。」

「人間は権力で動かせるものではありません。上司と部下の間の指揮命令系統も一方的な上位下達ではなく、“説得と承諾”のプロセスが基本になります。」

「説得なくして部下は育たず。納得が本人の育つ力を生み出す。人材育成は上司自身の説得力を高めることから始めるべきだろう。」

「リーダーに第一に求められるのは、組織としての目標設定を命がけで行うことです。」

「目標の設定はリーダー自身の当事者意識を高めます。」

「当事者意識が強いリーダーは、部下が失敗しても部下の責任にせず、自分で責任を負います。〜〜中略〜〜 これと対照的なのが、日本の会社でよく見られる、いわゆる合議制です。目標設定や戦略の策定を合議体で決める。一見、民主的に見えて実はそうではなく、誰がいい出しっぺかわからなくし、責任の所在を曖昧にする。目標達成がうまくいかないと、全体の責任は不明なまま、それぞれ部分部分を担当した人間の個別責任だけが問われる。」

「もう一つ問題なのが、当事者意識の希薄な傍観者的な管理職です。」

「分析はできても目標が設定できない。背景にあるのは責任回避の姿勢です。当事者意識の希薄なリーダーほど合議制を取ろうとして、責任も曖昧になってしまいがちです。」

「なぜ、目標を数値化することが重要なのかといえば、目標を数字で表すと、その数字を実現するためには、何をどうしなければならないのか方法論が明らかになるからです。」

「こうして数値目標と戦略が明らかになると、誰がどんな筋書きでどのような仕事を遂行し、それにはどんな場面が必要か・・・・・といったシナリオが浮かび上がります。数値目標を設定するときに不可欠なのが、この“物語”です。」

「キャノンでは、社員は仕事の目標を数字で表すと上司からこう問われます。その数字で物語をつくってみろと。すなわち達成に至る実行の物語です。」

「単に目標を数値化するだけでなく、その裏づけとなる物語をつくる力を一人ひとりが求められる。こうして力がつき、育っていって、キャノンの強さを支えるようになるのです。」

「人からいわれたからではなく、自分でやりたい、やり遂げたいという強いモチベーションが集中力を生む。自分が設定した目標を責任を持って達成するという当事者意識が集中力を高める。」

「不可能を可能にする環境、誰もが高いモチベーションで仕事に関わっていける環境は、組織の中にいかにコミュニケーションが深く広く行われているかによって左右される。」

「自分で目標を設定すれば、いい結果が出ているかどうか、当事者意識の高いリーダーなら現場へ行って肌で確かめたくなるのは当然のことです。よくいるのは、目標も設定せず、知恵も出さず、ただ現場の工場を回って、“わたしは現場主義だ”と標榜する人たちです。単なる“工場見学の観光団”と変わらず、見ても何もわからないでしょう。」

「上司は単なるマネジャーではなく、行動力もともなったプレーイングマネジャーであるべきです。」

「上司が当事者意識を持って役割を果たすほど、部下の当事者意識も高まり、大きく育っていく。」

【インタビュー後記】
日本を代表する経営者が一気呵成に語った一時間あまりのインタビュー。その間、御手洗氏の口から飛び出した主なキーワードとその回数は以下のとおりだ。

・「目標」・・・・・・・・・・47回
・「ビジョン」・・・・・・・・30回
・「説得」・・・・・・・・・・22回
・「責任」・・・・・・・・・・19回
・「コミュニケーション」・・・14回
・「当事者意識」・・・・・・・10回
・「現場」・・・・・・・・・・8回



キヤノン式―高収益を生み出す和魂洋才経営
キヤノン式―高収益を生み出す和魂洋才経営日本経済新聞社 日経= 日本経済新聞=

日本経済新聞社 2004-04
売り上げランキング : 14,337

おすすめ平均 star
starキャノンの改革は日本企業を救う道
starキヤノンの経営を知るために格好の一冊

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


革新カンパニー キヤノンの挑戦と成功―創造・挑戦・改革に挑んだ経営者たちの物語
革新カンパニー キヤノンの挑戦と成功―創造・挑戦・改革に挑んだ経営者たちの物語清水 武治

おすすめ平均
stars知らないキヤノンが見えた
starsへえと100回思った
starsハウツー本っぽい編集がいいね
starsキヤノンの歴史解説

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


キヤノンの掟―「稼ぐサラリーマン」の仕事術 御手洗社長が直伝!
キヤノンの掟―「稼ぐサラリーマン」の仕事術 御手洗社長が直伝!プレジデント編集部

プレジデント社 2004-04
売り上げランキング : 59,191

おすすめ平均 star
starすごい会社のすごい経営者の当たり前の経営術

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



posted by 課長007 at 19:21 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - 社長にしたい人−2−
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
gooリサーチモニターに登録!



キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。