2010年06月19日

「バカと暇人」ってのは「バカな暇人」でも「暇なバカ」でもない件について

例えば、Amazonでレビュー書いてる人って「バカ」と「暇人」のどっちなんでしょう?
ウェブはバカと暇人のもの (光文社新書)
ウェブはバカと暇人のもの (光文社新書)中川淳一郎

おすすめ平均
stars本のタイトル通り
stars結構納得
starsかしこい人はわかっている
starsウェブに特有の問題ではないのでは?
stars第五章ネットはあなたの人生をなにも変えない

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



先日、某紙の方と会食した際(あ、ご馳走様でした)、

「マスゴミって言われるほど、うちはマスじゃないんですよねぇ(エヘッ」というような会話の流れで、

「この段階ぐらいのツイッターとか見てると、バカと暇人を体感できてよいです。」と、

夢をかなえるツイッターのビジネス活用をお薦めしておきましたYO。


もうこれホント、リアルではほぼ確実に接点を持たないであろう面白キャラの存在を知らしめてくれるところが、インターネットってやつのスゴいところだと実感する日々でございます。

英語できない取締役は2年でクビとかって普通に任期中のミッション遂行基準を無視した経営がまかり通る我が国ですが、

海外の方々とお付き合いしなくたって、英語ができなくたって、

わたしは我が日本の国土のコンマ数%しか踏みしめたことないですし、友達100人に対して会ったこと・コミュニケーションしたことのない人なんて1億3,000万人ぐらいいるわけです。


で、過去を振り返りながら日々進化する日本課長の会的に、この「バカと暇人」についてあれこれ妄想する中で、

なぜ「バカな暇人」ではなく「バカと暇人」だったのだろう?

と余計な疑問がわいてきました。


・男と女

・巨人と阪神

・バカと暇人


他の種族から見ればなんてことのない同類でありながら、厳密に区分されたクラスタ「バカ」と「暇人」

それぞれで数冊の本が書けるぐらい深い世界が広がっていそうなので、特に探求する気は起きませんが、参考情報ありましたらお気軽にお寄せください。


【関連エントリー】
- twitterの短かった夏...はてな難民の憂鬱 #twitter
- 人間は皆、囲まれた集団ごとに異なるキャラを持つ生き物
- 1Q84というタイトルからバブルを想起してしまうバカと暇人がウェブには多いということです
- 日本的経営の三種の神器を支えたものは新聞の宅配制度だったのではないか?
- ネット上で「マスゴミ」とかって発信する人々が何を言いたいのかよくわからない件
generated by 関連エントリーリストジェネレータ



今ウェブは退化中ですが、何か? クリック無間地獄に落ちた人々 (講談社BIZ)
今ウェブは退化中ですが、何か? クリック無間地獄に落ちた人々 (講談社BIZ)中川 淳一郎

おすすめ平均
stars前作を読んでいれば要らない
starsこの本の視点を持っておくことは必要
starsそんな結論では、だれも救われない
stars自分視点 と コピペ だけでまとめた本
stars前作のようなインパクトはないけど面白い読み物

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■目次
はじめに ネットのすごさは分かるけど、ネットに疲れてしまったすべての人へ
第1章 今日も誰かがボコボコに叩かれている
滝川クリステルと青木裕子の炎上騒動/「原爆をもう一回落とす前に国へ帰れ、クソったれジャップ!」/「爆笑問題・太田vs殺害予告男」テレビ対決のてんまつ…
第2章 いつまでも罵倒を続ける暇人と、常に可能性を説くネット教信者
ネットの「自民優勢」予想はなぜ大はずれしたのか/あまりにも多かった選挙特番へのバカ投稿/衝撃的な梅田氏の「残念」発言…
第3章 ネットは芸能人とバカなファンのパラダイス
堪忍袋の緒が切れたガリガリガリクソン/美人代議士のオッパイ丸出しDVDは4万円…
第4章 ネットの通説はウソばかり――「夢」と「煽り」に騙されるな
「妹にオナニーを見られた時の反応」スレッド/クラウドコンピューティング=「グーグルを使え」ってこと?…
第5章 本当に大切な人も仕事も人生も、ネットにはない
あまりに不気味なオフ会/ネットを熱く語る人はラーメン評論家と同じ…
■内容紹介
●内容紹介
みんなが持ち上げるTwitterなんて、本当はただの「暇つぶし駄文垂れ流しツール」じゃん!
辻希美、イチロー、島田紳助、新山千春、ダルビッシュ紗栄子……たちを叩いて面白いのか?
「デジタルネイティブ」なんて、単に「約束できない奴ら」「本を読まない奴ら」だろ?
…… など、『ウェブはバカと暇人のもの』著者が、ありあまるウェブ上の抱腹絶倒バカ事例を紹介・分析し、流行と通説に「NO!」を突きつけ、今回は「ネット万能論=ネット教」とその信者たちをガツンとぶっ叩く。ネットへの「夢」と「可能性」をバッサリ批判しつつ疾走する、怒りと笑いの最強ウェブ論!
■著者からのメッセージ
「私は断言する。ネットほど不気味で、不自由で、窮屈で、疲れる場所はない、と。
それは、ネット万能論を信奉する『ネット教信者』と暇人のせいだ。
やたらと新しい言葉を生み出し、『世界を変える!』『革命だ!』と煽る人々、Twitterというオモチャが大好きな『かまってちゃん』たち、太っているというだけの人を『豚野郎』と叩く連中、何にでも文句をつけるクレーマーども……。彼らの本当の姿を暴き、「ネットへの期待と幻想=ネット教」を終わらせるために、私はこの本を書いた。
ネットはとんでもなく便利な道具。ただそれだけだ。
本当に大切な人も、人生も、思い出も、ネットには存在しない」
ブログもSNSもあなたの人生を何も変えない。ブロガーイベントも企業の業績を上げない。
「オバマ大統領がTwitterを使っていた」なんてウソだったじゃん!
ウェブの「集合知」なんて一部の頭の良い人の世界で、ユーザーの大多数は芸能人のブログにどうでもいいコメントをつける人たちだ。もうネットへの「期待」を語るのはやめよう。もっと現実とリアルな世界を見よう! ――と、軽妙かつアグレッシブな語り口で「今ここにある真実」を語る一冊。
■内容(「BOOK」データベースより)
ブログもSNSも何もあなたを変えない。ブロガーイベントも企業の業績を上げない。ウェブの集合知なんて、一部の頭の良い人たちだけの話だ。もうネットへの「期待」と「夢」を語るのはやめよう。もっと現実とリアルな世界を見ようぜ!炎上上等!かかってこい。
■著者について
●著者について
中川淳一郎(なかがわ・じゅんいちろう)
ニュースサイト編集者、PRプランナー。
1973 年、東京都生まれ。97年、一橋大学商学部卒業後、博報堂入社。コーポレートコミュニケーション局で企業のPRを担当し、2001年退社。しばらく無職で過ごした後、ライターや雑誌『テレビブロス』編集者などを経て、06年からニュースサイトの編集者になる。編集や執筆の他、企業向けにネットでの情報発信に関するコンサルティングやプランニング、講義も行っている。09年、ネット漬け生活の結果得た知識を基に書いた著書『ウェブはバカと暇人のもの』(光文社新書)が、世間の「ネット礼賛論」を正面から批判したとして反響を呼ぶ。
■著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
中川 淳一郎
ニュースサイト編集者、PRプランナー。1973年、東京都生まれ。97年、一橋大学商学部卒業後、博報堂入社。コーポレートコミュニケーション局で企業のPRを担当し、2001年退社。しばらく無職で過ごした後、ライターや雑誌『テレビブロス』編集者などを経て、06年からニュースサイトの編集者になる。編集や執筆の他、企業向けにネットでの情報発信に関するコンサルティングやプランニング、講義も行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

posted by 課長007 at 14:01 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - 「バカと暇人」ってのは「バカな暇人」でも「暇なバカ」でもない件について
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/153760003
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
gooリサーチモニターに登録!



キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録