2006年03月15日

社長にしたい人−1−

雑誌『プレジデント2006年4.3号』を拝見して、“仕えてみたいCEO像”について考えてみた。

プレジデント2006年4.3号

ホントは『社長になっていただきたい方』が礼儀なのでしょうが、いわゆる『上司にしたい人ランキング』と同様のキャッチ・タイトルとご容赦ください。

「おまえがやれ!」あるいは「やるつもりでマネジメントしろ!」との叱責は重々承知の上で...


1位 鈴木敏文氏・セブン&アイHD会長

以前書いた記事で突拍子もないお願いしてしまっております。m(_ _)m
プレジデント掲載の『鈴木敏文「2600万人データから掴んだ」顧客心理』を拝見しただけでも、多くの感銘を受けました。

「日本がアメリカのような“格差社会”になるかといえば、ありえません。」

「実態を知らない“論語読みの論語知らず”」

「活きたデータを見る限り、国内消費はほとんど伸びていません。」

「既存の経済学のパラダイムではなく、心理学で考えるべきなのです。」

「数字は、自分なりに立てた仮説を検証する道具でしかない。何の検証もせずに、数字がすべてを語っていると思うのは大間違いです。」

「皮膚感覚だけでいっているのです。それが多くの場合、当たっているのです。」

「一番望ましいのは増収グッド(上向き矢印)増益グッド(上向き矢印)ですが、減収バッド(下向き矢印)増益グッド(上向き矢印)も企業経営の一つの生きる道であると認識すべきです。」

「今伸びているネット販売は、まさしく現代版のご用聞きです。」

「新たな需要は店の中ではなく、外にある。」*踊る?カチンコ

「売り手の都合で考えたら不可能であったり、かなり困難で面倒であったりしても、買い手の立場で考えたら当たり前の“あるべき姿”を実践する。」

「自分の中にもある顧客心理を掘り起こして、“あったらうれしい”と思えるような商品を開発する。」

「ヒット商品の開発に奇策はありません。」

「変化の激しい時代に求められるのは、未来の可能性が見えたとき(*先見力)、未来から省みて、現在や過去を問い直し(*分析力?)、今何をすべきかを考えて壁を突破(*決断力?)する“ブレークスルー思考”です。」

「セブンイレブンの創業以来の歴史はブレークスルー思考の軌跡であったことがそれを物語るでしょう」


*印:課長007注釈



第2位 御手洗富士夫氏・キャノン(株)代表取締役社長
新型テレビの発売延期、吉と出ることを祈念しております。


第3位 ゴーンさんでもなく...捜索中...


社長にしたい人−番外編−


セブン‐イレブンの「16歳からの経営学」―鈴木敏文が教える「ほんとう」の仕事
セブン‐イレブンの「16歳からの経営学」―鈴木敏文が教える「ほんとう」の仕事勝見 明

宝島社 2005-10
売り上げランキング :

おすすめ平均 star
star人間を洞察するということ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


鈴木敏文の「統計心理学」―「仮説」と「検証」で顧客のこころを掴む
鈴木敏文の「統計心理学」―「仮説」と「検証」で顧客のこころを掴む勝見 明

おすすめ平均
stars今の時代を切り抜けていくために必要な視点を与えてくれる
stars仮説と検証
stars本書だけ読んでも・・・
stars優れた人はいるのですね。
stars物事の本質を見抜く、仮説検証型のアプローチ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


鈴木敏文の「本当のようなウソを見抜く!」-セブンーイレブン流「脱常識の仕事術」
鈴木敏文の「本当のようなウソを見抜く!」-セブンーイレブン流「脱常識の仕事術」勝見 明

おすすめ平均
stars素晴らしい!のひとこと
stars分析と挑戦なくして進歩なし
stars常識とは?と考えさせられる現代のビジネス心理学本
stars大変高いレベルの哲学を分かりやすく読めました!!
stars切り口の鋭さが光ります

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




posted by 課長007 at 06:50 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - 社長にしたい人−1−
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
gooリサーチモニターに登録!



キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。