2010年04月28日

こんなに近い、日本とフランス。

ものすごくご無沙汰の広告コピー・ログですね。

こんなに近い、日本とフランス。


山手線車内で『AIRFRANCE』の広告が目に止まったんですが、その下にあった『ノルマンディー印象派フェスティバル』のタイアップみたい。

フランス観光開発機構公式サイトへようこそ


以前、『横浜美術館』ぐらいは覗いたことぐらいはあるけれど、芸術への興味なんて高尚なものではなく、

ただ単に、ヨーロッパの広告、好きなんです。

※あとでちゃんとした画像貼る


CINEMA TOPICS ONLINE|2010年度『こんなに近い、日本とフランス。』フランス広報大使に知花くららさん、小山薫堂さん、諏訪敦彦さんが就任!
フランス観光開発機構、エールフランス航空ならびにパートナー各位は4月8日、都内で2010年度『こんなに近い、日本とフランス。』キャンペーンの記者発表、およびレセプションを開催した。

今年のメインテーマは印象派。日本でも人気の高いこの芸術潮流の発祥の地ノルマンディー地方では今年大規模な「ノルマンディー印象派フェスティバル」が開催される。モネの絵と浮世絵を組み合わせたキャンペーンヴィジュアルも披露され、今後新聞の記事広告やインターネットなど様々な媒体で展開するキャンペーン概要が紹介された。日本国内のハイライトとしては4月中旬から5月初旬にかけて展開する首都圏の列車内広告があり、山手線、東京メトロなど主要交通網の殆どがカバーされる。またフランス関連のイベント会場やフレンチレストランなどでキャンペーンサイト(PC、モバイル)告知カード10万枚を配布予定。同サイトではフランス旅行が2組4名(春・秋各1組)にあたるクイズも実施する。



朝日新聞社広告局ウェブサイト –広告事例データベース [エールフランス航空]
エールフランス航空
2009年11月17日付 朝刊  全5段  エールフランス航空



広告コピー・ログとは
クリエイティブ・スキル向上のため、テレビや街角で見かけた広告コピーをログってみて、脳ミソ鍛えるプロジェクト。


【関連エントリー】
- 酒井譲さんがオランダのプレゼンテーションを上手に見せてくれたので、あたらしい戦略の理解が深まった件
- ルネサンス2.0
- 素晴らしきかなFIFAワールドカップ!
generated by 関連エントリーリストジェネレータ



フライ・フライヤー・フライ―ヨーロッパスタイルのクラブ・グラフィックス
フライ・フライヤー・フライ―ヨーロッパスタイルのクラブ・グラフィックスルイス ボウ

グラフィック社 2006-09
売り上げランキング : 851374

おすすめ平均 star
starかなり偏っているような…
starうーん。。。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■目次
WHERE’S THE PARTY?
DESIGN…NO RULES!
GIVING IT PROPS!
LOGOS+TYPES
POSTERS
FREAK
SEX
RETRO
FLYERS FLEYERS FLYERS
■内容(「MARC」データベースより)
フライヤーに求められるのは、メッセージがわかりやすく、ビジュアルがオーディエンスに直に訴えかけるものであることだ。ヨーロッパを中心に、個性的なフライヤーのデザインを集めたもの。
■著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ボウ,ルイス
グラフィックデザイナー。ファッション写真家。バルセロナのモンサ・パブリケーションズでアート・ディレクターも務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

posted by 課長007 at 16:48 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 広告コピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - こんなに近い、日本とフランス。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
gooリサーチモニターに登録!



キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録