2009年10月23日

常に誰かに見られていると感じることができる人を「社会人」と呼ぶ

神様でも仏様でもお天道様でも何でもいい。

寝ても覚めても、食べていても飲んでいても、オシッコしててもウンチしてても、我々は常に誰かに見られている。

いや、

別に監視されているわけではないから、見守られていると言った方がよいか。

その見守られているものの対象は、自我である。

それは、行動や行為とか箸の上げ下ろしとか、目に見える表面的なものではない。

内面的で本質的な自我=アイデンティティを、誰かが、何かが、モノ言わずにひっそりと、ただただ見守ってくれているのだ。

そしてその、目に見えない誰かや何かのことを、「社会」だとしよう。

自分は「社会」から見守られていると、そう感じることのできる感性とか品性とか、マインドとかスキルを備えた人のことを「社会人」と呼ぼう。

学校を卒業するから、就職するから「社会人」なのではなく、働いて稼いでいるから「社会人」なのでもない。

となると、社会というか集団というか群れの中で、自我を認識できた瞬間から「社会人」だから、コドモにだってできるし、オトナになってもできない人はいるということだ。


さて、わたしは「社会人」足り得ているだろうか。。。?


就活している学生だけでなく、人材採用担当者として選考している人も、CSRやCI:コーポレート・アイデンティティに悩める経営者も、一度考えてみては?


以上、昨日に続き、日経BP朝イチメールのコラムから想起した粒谷起でした。


【関連エントリー】
- 「高卒の時代」大学を、本当に学びたいことのある大人が学ぶ場所に変えていくべし #senkyo
- 仕事とはゴミの山から宝物をみつけるようなもの
- そんなにほめられたいですか?そうですか、ほめられサロンへようこそ
- 内定取り消し=経営破綻という与信管理を学生側が身につけなければならない時代
- フリーター ニュースのことば
- 優秀と有能、ときどき高学歴就職難民
- 私服じゃないのよビジネスカジュアルは
- リーマンブロガーズの掟11カ条
- 学生と社会人の違い
- ミドルの学びを支援する
- 社会人の基礎力とは
- マネジメントとは
- オーナーシップとリーダーシップ
generated by 関連エントリーリストジェネレータ



アイデンティティのデザイン―CI、ロゴ、マークのデザインとルール
アイデンティティのデザイン―CI、ロゴ、マークのデザインとルール
ピエブックス 2009-07
売り上げランキング : 208973


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■内容(「BOOK」データベースより)
CI(Corporate Identity)が会社の“顔”として様々な媒体で企業の特質、全体像を伝えるように、ロゴ、マークは視覚伝達手段として今後ますます重要な役割を果たすようになっています。本書ではこれらの“アイデンティティ”の設計の狙いと、各媒体への展開例を豊富な事例を交えて紹介します。永続的な使用を目的に緻密に計算されたデザイン例を通じてさまざまな分野のロゴ、マーク、ピクトデザインとレイアウトのヒントが得られる1冊です。

タグ:社会人 CI CSR
posted by 課長007 at 08:14 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - 常に誰かに見られていると感じることができる人を「社会人」と呼ぶ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/130969940
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
gooリサーチモニターに登録!



キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録