2009年09月09日

チーム・マイナス25%問題は、「二酸化炭素を吸い込んで同じ量の酸素を吐き出す機械」を作れば大儲けのチャンスってことで #co2 #innovation

温暖化ガス25%削減、経産相「極めて難しい」 環境相「高く評価」
 二階俊博経済産業相は8日の閣議後の記者会見で、民主党の鳩山由紀夫代表が国内の温暖化ガス排出量を2020年までに1990年比25%削減する方針を表明したことについて、「実現は極めて難しい」との見方を示した。その上で、「実現に向けた手順を示し、国民の理解を得る必要がある」と注文を付けた。

 一方、斉藤鉄夫環境相は8日の閣議後の記者会見で、鳩山氏の発言について「積極的な取り組みの姿勢ということで高く評価したい」と述べた。



民主党・鳩山政権がどうのこうのというより、省益のぶつかり合いなわけですが、





我が国政府のスタンスが国際社会で評価されることってしばらくなかった気がしますので、とりあえず喜んでおきましょう。


鳩山「温室ガス25%減」 ← これ、本当にどうしようか: 切込隊長BLOG(ブログ) Lead‐off man's Blog
問題はありつつもどうやってこれを実現していくのか、きちんと考えなければならないなと思うわけです。



はい。

まず、「イノベーション」とか「エコ」とか「地球にやさしい」って広告コピーに入れてる企業は死ぬ気でがんばりやがれ!ってことで。

Twitter / 課長007
二酸化炭素でも酸素でもなんでもいいが、人間が空気をコントロールできるようになれば、海洋も宇宙も、一気に開拓の可能性が広がるな #co2


その上で↑こういうことになったら、先進国から新興国まで世界中で爆発的なヒット商品になること間違いなし。

発明した企業や人は、大儲けじゃないですか!?


「温暖化ガス90年比25%減」は実現できるのか? - スラッシュドット・ジャパン
予定通りといえば予定通りではあるが、この目標には以前から経済界などより「失業者が77〜120万人増」「一世帯当たりの出費が(年間)33〜91万円増」と非現実的な数値であるとして批判がなされていた。そのため選挙後も撤回を求める声が強かったようだが、決定は変わらなかったようだ。

一応は「すべての主要国の参加による意欲的な目標の合意が、我が国の約束の前提だ」として、他の国が追随しない場合の予防線を張っているとの見方がされているが、今後どうなっていくのだろうか? 温暖化で災害発生も困るが、120万人失業した挙句氷期に突入、という結末だけは勘弁願いたい。



鳩山・民主代表:温室ガス25%減明言 環境関連株が上昇 鉄鋼業界は下落−−東証 - 毎日jp(毎日新聞)
 鳩山発言について市場では「国際公約となれば、エコ関連の産業を刺激し、リーダーシップを外国人投資家は評価する」(大手証券)との見方がある一方、「25%削減を押しつけると業績への影響は大きい。マイナス部分を埋め合わせる手だてが必要」(西村由美・大和証券SMBC金融証券研究所投資戦略部次長)と評価が分かれている。



ま、株式市場が10年後を予測する力を持っていたら、100年に一度の危機も政権交代も起きていないわけですが、

「二酸化炭素を吸い込んで同じ量の酸素を吐き出す機械」

これ作れそうな会社ってどこなんでしょう?


エコシティー構想、再燃か?:日経ビジネスオンライン
 大企業の参入も増えている。例えば米IBM(IBM)は、アムステルダムやスウェーデンの首都ストックホルム、シンガポールなど、様々なエコシティー関連プロジェクトに関わっている。

 IBMのグローバル政府戦略部門を率いるリズワン・ハーリク氏は、「世界中で、政府がイノベーション推進の旗振り役となっている。民間企業は(エコシティーへの投資から)完全に撤退しているわけではないが、こうしたプロジェクトから継続して収益を獲得できるかどうか、検討を続けている」と言う。

 米コンサルティング大手アクセンチュア(ACN)は、CO2排出量削減に取り組む専門部署「スマートテック」部門を新設した。同部門の主席ストラテジスト、サイモン・ガイルズ氏は、現在の環境は、慎重な民間投資家にとって決して悪くないと語る。「プロジェクトの具体的内容が明確で、適切に管理されていれば、投資は集まるはずだ」。



経団連の皆さん、かつての野党のように反対ばかりしてアクションを放棄してると、脳ミソまでデフレになっちゃいますよ。


【関連エントリー】
- 第六次産業とは1×2×3=6以上の価値を生み出す第一次産業の成長戦略?
- 「欲しい」と「必要だ」の間には、「チェンジ」と「チャンス」のタネがある
- イノベーションの本当の敵は、抵抗勢力ではなく停滞勢力
- 「イノベーション」とか「ソリューション」ってそんなに簡単に実現できるものですか?
- 経済性に関しては意外に合理的だが、社会性に関しては実はそれほど理性的ではないということ
- デフレ!デフレ!って、価格軸しか競争戦略がないということ?
- 松下からパナソニックへの社名変更は、電器産業から電機メーカーへの脱皮策?
- 未来がないのはITエンジニアではなく、IT・SI業界の経営者たちだった件
- オーナー社長じゃないとイノベーションは起きない?
- イノベーションを推進できる職場
- これからの東京
generated by 関連エントリーリストジェネレータ



未来をつくる資本主義 世界の難問をビジネスは解決できるか [DIPシリーズ]
未来をつくる資本主義 世界の難問をビジネスは解決できるか [DIPシリーズ]石原薫

おすすめ平均
starsなかなか 微妙な問題を抱えている本であることも確かだ。
stars腑におちました。
stars企業、経済についての新しい視点を気づかせてくれる
stars現場主義
stars現在の日本人の発想からは決して出てこない内容だからこそ・・・

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■目次
プロローグ
第1部 世界を俯瞰する(企業責任からビジネスチャンスへ
不調和な世界
持続的価値ポートフォリオ)
第2部 環境保護を超えて(創造的破壊と持続可能性
下向きの大躍進
ピラミッドの底辺を目指して)
第3部 土着化する(帯域幅の広い企業へ
ネイティブ力を身につける
持続可能なグローバル企業へ)
エピローグ
■内容紹介
気候変動、エネルギー問題、人口増加、テロリズム……
深刻化する世界の難問はビジネスが解決する!
真の「持続可能なグローバル企業」とは、世界の貧困国のクオリティ・オブ・ライフを高め、後世のために地球の生体系の健全性を守るビジネスを創造し、なおかつ利益を上げる企業である。
21世紀に求められるのは、多くの犠牲を払い少数に富をもたらした産業革命の資本主義ではなく、経済ピラミッドの底辺に想像を絶する莫大なビジネスチャンスをつくり、既存企業の地位を奪う、新しいダイナミックなグローバル資本主義である。
人類を持続可能な社会へ導くのは、この世の中で企業しかない!
●「持続可能性」とは、どういうことなのか?
●テロリズムの根源は、「持続不可能な発展」である
●我々は「環境保護」が「企業の利益」につながらないと誤解していた
●「環境保護」を超えた企業戦略とは?
●既存技術を破壊し、明日の技術を育てる有望な場所を探す
●40億人ものBOP(経済ピラミッドの底辺)市場に目を向ければ、まったく気づかなかったビジネスチャンスが見えてくる
各界をリードする著名人が挙って推薦!
アル・ゴア (『不都合な真実』著者、元アメリカ合衆国副大統領)
C・K・プラハラード (『ネクスト・マーケット』『コア・コンピタンス経営』著者)
ムハマド・ユヌス (グラミン銀行創業者、2006年ノーベル平和賞受賞)
クレイトン・クリステンセン (『イノベーションのジレンマ』著者、ハーバード・ビジネススクール経営学教授)
ピーター・センゲ (『最強組織の法則』『出現する未来』著者)
■内容(「BOOK」データベースより)
われわれは、未来のために何を残せるのか?環境破壊、エネルギー問題、貧困、人口増加、テロリズム…世界の不都合を解決する。クリステンセン、プラハラード、ユヌス、センゲ…各界のリーダーが挙って賞賛する話題作。
■レビュー
★ 英治出版DIPシリーズ
高度文明社会と環境汚染、グローバル経済と地域経済、富裕と貧困、民主化と抑圧、平和と紛争、善と悪、私とあなた、誰かと誰か……
この地球上のすべての物事は、互いに複雑に絡み合い、支え合い、影響し合う、「相互依存 (Interdependence)」の上に成り立っています。
近代以来の工業社会がさまざまな問題に直面している今日、私たち自身が「何に依存しているか (What we depend on?)」、「何に影響を及ぼしているか (What we impact on?)」を自らに問いかけ、考え、行動することが、求められています。
こうした考えのもと英治出版は、資源・エネルギー、貧困、経済開発、自然環境、国際紛争など、グローバルな視点と取り組みが要される諸問題について、良書の発行を通じて広く問題提起と情報提供を行い、明日への「対話」を促します。
■著者について
◆著者:スチュアート・L・ハート (Stuart L. Hart)
持続可能な開発と環境保護に関するビジネス戦略研究の世界的権威。
コーネル大学ジョンソンスクール、サミュエル・C・ジョンソンSustainable Global Enterprise寄附研究部門教授および経営学教授。ミシガン大学デビッドソン研究所およびオランダのティルブルフ大学の上級研究員でもある。
現職以前は、戦略経営学を教える傍ら、ノースカロライナ大学ケナンフラグラー・ビジネススクールにCSE(Center for Sustainable Enterprise)を、ミシガン大学にCEMP(Corporate Environmental Management Program)を創設する。クライアント企業は、デュポン、ヒューレット・パッカード、プロクター&ギャンブル、シェルなど多岐にわたる。
ハーバード・ビジネス・レビュー誌の最優秀論文に贈られるマッキンゼー賞を受賞した1997年の「環境保護のむこうに:『持続可能性』のための経営戦略」(Beyond Greening: Strategies for a Sustainable World)で、持続可能な企業経営に向けた動きに先鞭をつける。さらに2002年にC・K・プラハラードと著した先達的な共同論文「ピラミッドの底辺に眠る富」(The Fortune at the Bottom of the Pyramid)で、開発途上地域の貧困層40億人のニーズに応え、同時に利益を上げるビジネスの可能性を最初に示す。
◆訳者:石原薫 (いしはら・かおる)
メーカー、ブランドコンサルタント会社、デザインコンサルタント会社勤務を経て翻訳に携わる。
おもな訳書に、『Google 最強のブランド戦略』(ソフトバンククリエイティブ)、『シュガーマンのマーケティング30の法則』、『世界一の「売る!」技術』『私に売れないモノはない!』(以上、フォレスト出版)、『スタイル』(ブックマン社)、『偉大な、アマチュア科学者たち』(主婦の友社)、『金のつくり方は億万長者に聞け!』(扶桑社)、『ハーバード・ビジネス・エッセンシャルズ(2)人事力』『同(6)創造力』(以上、講談社)がある。
■著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ハート,スチュアート・L.
持続可能な開発と環境保護に関するビジネス戦略研究の世界的権威。コーネル大学ジョンソンスクール、サミュエル・C・ジョンソンSustainable Global Enterprise寄附研究部門教授および経営学教授。ミシガン大学デビッドソン研究所およびオランダのティルブルク大学の上級研究員でもある。現職以前は、戦略経営学を教える傍ら、ノースカロライナ大学ケナンフラグラー・ビジネススクールにCSEを、ミシガン大学にCEMPを創設する。ハーバード・ビジネス・レビュー誌の最優秀論文に贈られるマッキンゼー賞を受賞した1997年の「環境保護のむこうに:『持続可能性』のための経営戦略」で、持続可能な企業経営に向けた動きに先鞭をつける。さらに2002年にC・K・プラハラードと著した先達的な共同論文「ピラミッドの底辺に眠る富」で、開発途上地域の貧困層40億人のニーズに応え、同時に利益を上げるビジネスの可能性を最初に示す
石原 薫
メーカー、ブランドコンサルタント会社、デザインコンサルタント会社勤務を経て翻訳に携わる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

posted by 課長007 at 17:15 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - チーム・マイナス25%問題は、「二酸化炭素を吸い込んで同じ量の酸素を吐き出す機械」を作れば大儲けのチャンスってことで #co2 #innovation
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/127665420
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
gooリサーチモニターに登録!



キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録