2009年09月05日

俺は浮気はしない たぶんしないと思う しないんじゃないかな ま、ちょと覚悟はしておけ♪ #docomo #softbank

有言不実行』がモットーですけど何か?( θ_Jθ)

ソフトバンク「のりかえキャンペーン」

こんな顔じゃ、浮気したくないもの

音が出ます → のりかえキャンペーン | SoftBank



[N] ソフトバンク「のりかえ顔メーカー」を試したらひどいことになった!
でも不思議や不思議、ツイッターのアイコンにしてみたら、なぜか女性からはかわいいと評判がいいのですねー。

男性からはおかしいとかキモイという意見が続出したので、分からないものですね。



俺はアイコンは変えない

たぶん変えないと思う

変えないんじゃないかな

ま、ちょと覚悟はしておけ♪

※ただし、ガラパゴス・ケータイと遜色ない機能を持ったスマートフォンは欲しいと思っている


【関連エントリー】
- そろそろガラパゴス・ケータイをモバイルと呼ぶことをやめないか?
- なぜiPhoneは日本で売れないのか?
- ドコモの辞書にはトレードマークがある
- ガラパゴスケータイが創造する思いがけない価値
- ドコモのマイライフアシストサービスはソーシャルメディアなのか?
- なぜ、P-01Aにシャンパンゴールドがない?
- イー・モバイル「EMOBILE Touch Diamond Reception」に参加させていただきありがとうございました
- iPhoneだけでなくスマートフォンに足りない(?)ガラパゴスな“おもてなし”機能
- iPhone 3G 論争という名のクチコミマーケティング
- iphoneは欲しくならないけどPSPphoneなら欲しくなるかも
- 副都心線はドコモの電波がバリ3な件
- ドコモ2.1? コアビジネスの基盤強化とは
- あれだけMac買ったのに...(泣)
- ケータイ依存してますか?
- [コピー]DoCoMo2.0
- なぜドコモは
- だから私はドコモです(しかもP)
- 生涯ドコモなのかなぁ
- MNPとマイライン戦争
- NTTドコモ、KDDI・Google連合に対抗
- ドコモ炎上!?他山の石
- 高機能化しても電池がもたない(泣)
generated by 関連エントリーリストジェネレータ



docomo au SoftBank 各キャリアからのアクセスアップ! モバイルSEO完全計画
docomo au SoftBank 各キャリアからのアクセスアップ! モバイルSEO完全計画
おすすめ平均
stars図が多くてわかりやすかったです
stars基本的なことは押さえている
starsモバイルSEO関連では今のところベスト
stars素人が書いた素人のための本

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■目次
PART 1 モバイルインターネットの普及
1 携帯電話からのインターネット利用の増加
2 モバイルインターネットの世界
3 モバイル検索の普及
4 モバイルインターネットの特性
5 モバイルSEOをしよう
PART 2 モバイル検索の種類
1 多種多様なモバイル検索
2 モバイルSEOは5つの検索サイトで
3 docomo公式:iMenu検索
4 au公式;auone(EZweb)検索
5 SoftBank公式:Yahoo!ケータイ検索
6 Yahoo!モバイル
7 Googleモバイル
PART 3 パソコン検索とモバイル検索の違い
1 検索される状況の違い
2 パソコンとモバイルの検索キーワードの違い
3 IPアドレス、ユーザーエージェントによるアクセス制限
4 携帯端末からのパソコンサイトへのアクセス
5 会員限定のクローズドサイトの場合
6 セッションIDを含むURL
7 モバイル検索ではリンク評価の重要度が低い
8 モバイルサイトは1ページあたりの情報量が少ない
9 HTML記述が統一されていないモバイル環境
10 モバイル向けHTML規格について
PART 4 モバイル検索の現状
1 モバイル検索の検索精度はまだ低い
2 サイトごとに異なる対応が必要
3 サイト名で検索して1位表示されますか?
PART 5 よりよいモバイルサイトの作り方
1 よりよいモバイルサイトとは?
2 SEOのテクニックは明確になっていない
3 ホームページを整理しよう
4 ページのテーマとなるキーワードを決める
5 ページタイトルに気を配ろう
6 METAタグを使う
7 リンクの貼り方、貼られ方
8 テキスト中にキーワードを埋め込む
9 頻繁な更新を心がける
10 SEOの基本はコンテンツの質を上げること
11 「スパム認定」されないように気を付けよう
12 スパムの実例
13 ブログの活用の仕方と注意点
PART 6 モバイルサイトへの誘導を強化しよう
1 検索エンジンにモバイルサイトであることを認識させる
2 キャリアごとにデータを振り分けよう
3 パソコンサイトからの誘導を行おう
4 モバイル向けのサイトマップを記述する
5 URLを静的にする
6 Yahoo!カテゴリに登録する
7 独自ドメインを取得しよう
PART 7 アクセス解析でSEOの検証を行おう
1 アクセス解析の重要性を理解しよう
2 アクセス解析で何が分かるのか
3 アクセス解析をするには?
4 パソコン用サイトのアクセス解析との違いを理解しよう
5 携帯電話機種情報の解析
6 携帯電話とIPアドレス
7 携帯電話と検索エンジンのクローラー
8 ユニークユーザー数をカウントする仕組み
9 ユーザーの行動を解析する
■内容(「BOOK」データベースより)
現在ニーズが高まっている、モバイル(携帯電話)サイトにおけるアクセス向上のためのテクニックについて解説。検索エンジンが正しく自分のサイトを評価してくれるための工夫を中心に、様々な考え方、手法を紹介。
■著者について
本書「はじめに」より
本書は、現在ニーズが高まっている、モバイル(携帯電話)サイトにおけるアクセス向上のためのテクニックについて解説した本です。
ほとんどの人が携帯電話を所有し、パソコンを使わずに携帯電話だけでインターネットにアクセスする人も数多くいる昨今、ウェブ上でサービスを展開する上でモバイルサイトを公開することは、非常に重要なことになってきました。そしてそういったモバイルサイトの数が増加する中で、自分のサイトにアクセスを集めるには、ただ公開するだけではなく、ユーザーがきてくれるための工夫をサイトに施さなければなりません。サイト間のユーザーの奪い合いは、かつてパソコン向けサイトがそうであったように、その熾烈さを増しています。
モバイルサイトの文化は、パソコンと同じインターネットの技術を利用しているものの、まったく異なるものです。特に日本では、世界中を見ても他に類のない、独自な進化を遂げています。したがってモバイルサイトでは、モバイルサイト向けに特化した対策が必要となるのです。
ここ1、2年の間にGoogleやYahoo!などの、パソコン用ウェブ検索で大きなシェアを持つ検索エンジンが携帯電話(モバイル)検索に参入し、キャリアとの提携が行われたことで、さらにその状況は大きく変化しました。そこで本書では、検索エンジンが正しく自分のサイトを評価してくれるための工夫を中心に、様々な考え方、手法を紹介しています。
ウェブサイトを公開する上で、もっとも大切なのはコンテンツの内容です。一方で、膨大なコンテンツがインターネット上で公開されている現在、ウェブサイトはただ公開すればユーザーがアクセスしてくれるものではなくなってしまいました。モバイル検索対策 (SEO)施して、ユーザーにアクセスのきっかけを与えることで、検索エンジンやユーザーにコンテンツの内容を正しく評価してもらってはじめて、賑わいのあるサイトになります。本書が、皆さんのサイトに賑わいを与えるうえでお役に立てることを願っています。
■著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
石崎 洋輔
1982年北海道生まれ。学生時代よりネットショップ集客支援、SP会社での広告制作を経験し、SEM/SEOを専業とするベンチャー企業に入社。モバイルSEO事業の立ち上げをゼロから行った後、2007年4月に株式会社はてなに入社。主にサービスの収益化のため、広告開発、営業、SEO、アクセス解析などを担当
水野 貴明
1973年東京生まれ、横浜育ち。エンジニア兼技術系ライター。大学では有機化学、大学院では分子生物学を学ぶも、大学卒業後システム会社に就職。その後インターネットの普及により、機会を得て執筆活動を開始する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)



posted by 課長007 at 18:28 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - 俺は浮気はしない たぶんしないと思う しないんじゃないかな ま、ちょと覚悟はしておけ♪ #docomo #softbank
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
gooリサーチモニターに登録!



キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。