2009年09月05日

東京オリンピックを招致できるか否かは、電通がテキ屋になりきれるかどうかにかかっている

時節柄、お金かけられないのはわかるけど、ならばいっそ全国のテキ屋を集めてお祭りとかやってくれればイイのに。w

東京オリンピック・パラリンピック招致委員会 「東京応援少女」 : 広告会議
「2016年東京でのオリンピック開催を応援しよう!」ということで、応援ブログを繋いでいくブログパーツ「東京応援少女」が公開。マップでは参加ブログが一覧で見ることができます。オリンピック行ってみたいー。


紹介されているサイト『東京応援少女』で発行されているブログパーツを貼っておこう。



このドメイン、"tokyo2016.or.jp"をwhoisしてみると、こんな情報が

検索結果: TOKYO2016.OR.JP
Contact Information: [担当者情報]
a. [JPNICハンドル] HM10845JP
b. [氏名] 森川 創
c. [Last, First] Morikawa, Hajime
d. [電子メイル] morikawa@infovision.co.jp
f. [組織名] 株式会社インフォビジョン
g. [Organization] InfoVision Inc.
k. [部署]
l. [Division]
m. [肩書]
n. [Title]
o. [電話番号]
p. [FAX番号]
y. [通知アドレス]


ふむふむ

株式会社インフォビジョン | 会社案内
主要取引先
米国マイクロソフト・コーポレーション
Business Software Alliance(BSA)
マイクロソフト株式会社
株式会社電通スポーツパートナーズ
パイオニア株式会社
グローバルナレッジネットワーク株式会社
ニフティ株式会社
アップデートテクノロジー株式会社
他 (順不同) 以上

念のためウェブ魚拓 (cache) 株式会社インフォビジョン | 会社案内

ふーん





番外編:2016年東京オリンピック誘致プロモーションビデオ | 広告大臣
今更ながら、2016年の東京オリンピックのプロモーションビデオです。
このビデオ、実は2008年の北京オリンピック直前にすでにローンチされていたようなんです。



東京オリンピックを世界にアピールする“大変な仕事”:日経ビジネスオンライン
東京オリンピック・パラリンピック招致委員会
エグゼクティブディレクター 加治慶光



YouTube - Tokyo 2016 promotional video



【関連エントリー】
- テキ屋のいない祭りほど無粋なものはない
- プロデューサーとは付加価値を産み出す人
- 広告不況を救ってくれるのはトイレ広告?
- 経済性に関しては意外に合理的だが、社会性に関しては実はそれほど理性的ではないということ
- 2016年オリンピックの東京招致に賛成するネットユーザーって誰?
- 加速する一方の東京一極集中を後退させることが内需振興という政策の第一歩
- 日本でオリンピックを!
- 再開発とは何を開発するのか
- 夏祭りにみるコミュニティ形成の課題
- 究極のサービスを狙え
- オリンピックの経済効果
generated by 関連エントリーリストジェネレータ



オリンピックの身代金
オリンピックの身代金
おすすめ平均
stars戦後と現代のはざまにこんな時代もあった
stars懐古主義に疑問を持つ
stars面白かったよ
starsとにかく地味。
stars戦後から復興する日本を背景に、東京と地方の格差をスパイスに極上のサスペンスが始まる

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■内容紹介
昭和39年夏、オリンピック開催に沸きかえる東京で警察を狙った爆発事件が発生した。しかし、そのことが国民に伝わることはなかった。これは一人の若者が国に挑んだ反逆の狼煙だった。著者渾身のサスペンス大作!
■内容(「BOOK」データベースより)
昭和39年夏。10月に開催されるオリンピックに向け、世界に冠たる大都市に変貌を遂げつつある首都・東京。この戦後最大のイベントの成功を望まない国民は誰一人としていない。そんな気運が高まるなか、警察を狙った爆破事件が発生。同時に「東京オリンピックを妨害する」という脅迫状が当局に届けられた!しかし、この事件は国民に知らされることがなかった。警視庁の刑事たちが極秘裏に事件を追うと、一人の東大生の存在が捜査線上に浮かぶ…。「昭和」が最も熱を帯びていた時代を、圧倒的スケールと緻密な描写で描ききる、エンタテインメント巨編。
■著者について
1959年岐阜県生まれ。97年『ウランバーナの森』で作家デビュー。2002年『邪魔』で第4回大藪春彦賞を、04年『空中ブランコ』で第131回直木賞を、07年『家日和』で第20回柴田錬三郎賞を受賞。その他の著書に『サウスバウンド』など。
■著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
奥田 英朗
1959年岐阜県生まれ。97年『ウランバーナの森』で作家デビュー。2002年『邪魔』で第4回大藪春彦賞を、04年『空中ブランコ』で第131回直木賞を、07年『家日和』で第20回柴田錬三郎賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)



posted by 課長007 at 16:32 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - 東京オリンピックを招致できるか否かは、電通がテキ屋になりきれるかどうかにかかっている
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
gooリサーチモニターに登録!



キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。