2009年09月02日

#adtechtokyo アドテック東京 2009

▼会場で無料配布、『サイバーエージェント社提供』のミネラルウォーター
【アドテック東京 2009】会場で無料配布、炎上マーケティングで有名な?サイバーエージェント社提供のミネラルウォーター

ITを使った広告・マーケティングに関する業界人の集いを業界人参加型で運営する。

ということで、

広告・マーケティング業界にあこがれてる人に向けたお祭りとしてなら定着しそうですね。

ただ、都心のホテルで開催し続けるのは厳しそうですけど。。。w


ただ、20分ほど会場覗いてお水もらっただけのオッサンが偉そうなこと言ってやがるだけなので、賢明な皆さんはきちんとしたレビューで真偽をご確認くださいな。
開催は明日までですから。

ad:tech Tokyo 2009 - The Event For Digital Marketing!
マーケティングとITテクノロジーに特化した世界最大級のカンファレンス“ad:tech”では
国内だけでなく、海外からも参加者を招き、グローバルな視点でマーケティングの未来を模索します。
“ad:tech Tokyo”は、世界のマーケティング事例や最新の技術・サービスを学ぶと共に、
日本の持つ素晴らしい手法や技術を世界に向けてアピールする場にもなります。
新しい時代の広告・コミュニケーション手法の開発が様々な形で議論をかわし、
“ad:tech Tokyo”を通じて日本と世界のマーケティング従事者が意見や知識、技術を交換をしながら
新たな可能性を広げていくこと_それが“ad:tech Tokyo”です。



▼会場の『ザ・プリンス パークタワー東京
【アドテック東京 2009】会場のザ・プリンス パークタワー東京


ad:tech Tokyo 開幕、「XBox の“Natal”を広告にも」―Microsoft Advertising の Howe 氏がキーノート講演 - japan.internet.com Webマーケティング
Howe 氏が振り返るところによると、Web 広告の黎明期には10分に1回は広告サーバーが障害を起こすような状況であったという。それから10年あまりが経過した現在は、「技術がついてきた」状況にある。Web マーケティングのテクノロジーは常に進化してきたのだ。

Howe 氏の描く未来の広告は、「すべてのコンテンツがデジタル」、「新たなスクリーン&デバイス」、「より少ない広告、より豊かな経験」、「ソフトウェアによって開放されるクリエイティブ」の4つがポイントとなる。



THE SECOND TIMES : 【レポート】日本初開催! 「ad:tech Tokyo 2009」
インターネットマーケティングの最新事例やテクノロジーを紹介する国際的なカンファレンスイベント「ad tech(アドテック)」が、本日9月2日(水)よりザ・プリンスパークタワー東京B2Fにて開幕した(9月3日まで)。同イベントはこれまでシカゴやロンドン、上海などの海外の11都市で開催されてきたが、日本で開催されるのは今回が初めてのこと。、毎回ネットマーケティングに関する最新の動向を巡って注目を集めるイベントで、今回も日本だけでなく世界各国の企業が多数参加している。



ad:tech2009に関するまとめ - NAVER まとめ
2009年9月2日(水)・3日(木)の2日間にわたって開催。マーケティングとITテクノロジーに特化した世界最大級のカンファレンス“ad:tech”関連のサイトリンク集



「買う気」の法則 広告崩壊時代のマーケティング戦略 (アスキー新書)
「買う気」の法則 広告崩壊時代のマーケティング戦略 (アスキー新書)
おすすめ平均
stars広告とは何か以上に広告「代理店」とは何かを突きつけられて泣いた。
stars結局、費用対効果は曖昧のまま
stars広告は 作品じゃないよっ!
stars広告関係者は必読だと思う
stars良薬はいつも苦し:「覚悟」ある広告人として

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■目次
第1章 額縁広告から戦う広告へ
第2章 「安い!」は最強のコピーなのか
第3章 マスメディアの自縛と自爆
第4章 「買う気」を高める新法則
第5章 「買う気」を呼び起こすパワーと能力
第6章 次世代のマーケティング人材
■内容(「BOOK」データベースより)
モノが売れない=買わない時代に消費者を動かす、目からウロコのマーケティング戦略とは?「人」と「商品」の関係から、カテゴリーに応じた四つの戦略オプションを分析し、新しいマーケティングモデルを提唱した画期的な書。
■著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
山本 直人
1964年、東京都生まれ。マーケティング/人材育成プランナー。青山学院大学講師。慶應義塾大学法学部卒業。博報堂に入社後、広告制作、研究開発、人事局での若手育成などを経て、2004年に退職、独立(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)



posted by 課長007 at 13:40 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - #adtechtokyo アドテック東京 2009
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
gooリサーチモニターに登録!



キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。