2009年07月09日

御社の社員がプロぢゃない理由 プロとアマチュアの違い

お前らプロなんだから結果出せ

この給料泥棒が


先進国、経済大国と呼ばれるようになった我が国にも、まだまだこういうこと言う社長がいることが残念なんですよね?>将棋を観るプロさん


あと、

お宅らプロなんだから早くなんとかしてよ

とか、

金取ってんだろ?

といったことをおっしゃるクライアントもいます。


ほんと、残念な組織ですね。

ネガティブコメントのトップダウンは浸透しやすいってのは真理だと思います。

プロってのは、個人の技能とキャラクターによって、有料でお客さんを呼べる人のことですよ。

例えばこのブログの閲覧が、月額1円の会員限定だとして、一人でも会員がいるなら、課長007はプロのブロガーってことです。w

なので、アフィリエイトはアマチュアの手段であって、プロとは呼べません。


というこで、


社長、
御社の社員が本当にプロなら、彼らは御社にいませんよ。
プロじゃないから御社の組織でやっていけるんです。
社長もプロなら、さっさと会社辞めなさい。


クライアントさん、
プロの業者が御社の依頼など受けるわけがないじゃないですか。
アマチュアだから、見積りとか提案とかややこしいことに時間を割き、挙げ句の果てに後払いなどという条件で仕事しているんですよ。

プロには前払いが基本です。
しかも、「業界最安値!」とか「価格破壊!」なんてこと言うプロはいませんよ。


サッカーに例えるならこんな感じ
・点の取れないフォワードはクピ
・点を取られるディフェンダーやゴールキーパーはクピ
・そのどちらかができないミッドフィルダーはクピ
・勝てない監督はクピ
・客の呼べないフロントはクピ


ただね、社員も業者も、お金もらうかもらわないかにかかわらず、プロフェッショナリズム=責任感は大事ですよ。

確かに、これがない人を採用してはいけませんし、業者として選定してもいけません。

仕事が終わらなくなってしまいますから。


万が一、「責任感って何?」って人が我が国にいるのなら、

とりあえず、

プロだろ?

なんて無責任なこと言う人を、反面教師にしておくといいでしょう。

でもね、普段は無責任な振りしてるクセに、イザって時に責任とれる人もいたりしますから、無責任に表面だけで判断しない方がいいですよorz


サークルみたいな会社|渋谷ではたらく社長のアメブロ
1.サークル

仲間内が趣味で集まっていて、みんなが楽しいことが大事。

能力が低い選手も起用してあげる。

2.部活

甲子園優勝などの明確な目標を掲げているため、

組織の目的がはっきりしていて、勝つために能力の高い人を起用。

3.プロ野球

勝つためは大前提で、野球を職業としていて、
対価をもらっているだけのプロとしての結果が求められる。


当然会社で仕事をしている人も(3.プロ)であるべきです。



残念です。


【関連エントリー】
- 「男の子牧場」という婚活(婚カツ)・少子化対策ソーシャルメディア萌ゆ
- アメブロのアクセスログ解析ツールに表示されるPVに一喜一憂するようなマーケターにはなりたくない
- 社長に必要な学問は経済学でも経営学でもなく哲学らしい件
- 広告代理店がメディアを持つということ
- 六本木に住んでた元タレントのアメブロ
generated by 関連エントリーリストジェネレータ



プロフェッショナルたちの脳活用法 (生活人新書)
プロフェッショナルたちの脳活用法 (生活人新書)茂木 健一郎

おすすめ平均
starsこれはすごいです!
stars脳活用法?
stars日本が誇るプロフェッショナル達の名言集
stars賢人からの思考の知恵を頂きました
starsプロフェッショナルの理由

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■目次
第1章 ひらめきの極意―プロに学ぶアイデア発想法(アイデアはどこから湧いてくるのか?
感覚遮断―アイデアを生み出す場所を持て ほか)
第2章 プレッシャー克服法―プロに学ぶ難関突破の秘訣(プレッシャーは克服できる
モード切り替え―集中モードに入る決まりごとを持て ほか)
第3章 やる気を高める―プロに学ぶモチベーションアップ法(やる気を持てない現在の日本人
ミラーニューロン―あこがれの人を持て ほか)
第4章 創造性を豊かにする―プロに学ぶ仕事を楽しむ方法(仕事を楽しめれば創造性が増す
ネオフィリア―自分の中の“子ども”を探せ ほか)
第5章 制約との付き合い方―プロに学ぶ現代生活における思考法(生きにくい世の中
強化学習―大きな成功を得るには小さな成功を積み重ねよ ほか)
■内容(「BOOK」データベースより)
NHK『プロフェッショナル仕事の流儀』の100回記念スペシャル番組の出版化。番組キャスターの脳科学者・茂木健一郎が、これまで番組で出会った100 人に及ぶ“プロ中のプロ”たちの仕事への取り組み方や日常の過ごし方を、最新の脳科学によって読み解き、誰にでもすぐに始められる“脳活用法”として伝授。
■著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
茂木 健一郎
1962年東京都生まれ。理学博士。現在、ソニーコンピュータサイエンス研究所シニアリサーチャー、東京工業大学大学院連携教授。「クオリア(感覚質)」を手がかりに、脳と心の謎に挑む脳科学者。『プロフェッショナル仕事の流儀』の番組キャスターを住吉美紀アナウンサーとともに務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)



posted by 課長007 at 08:33 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - 御社の社員がプロぢゃない理由 プロとアマチュアの違い
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
gooリサーチモニターに登録!



キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。