2009年06月28日

官製談合 ニュースのことば

梅雨っぽくジメジメ記事ですごめんなさい。

まだサイトに掲載されてませんので昨日の受信メールそのまんま(総裁にしてください)です。

《官製談合》
役所が建設工事などの仕事を業者に頼むにあたり、役所側が業者を決めたり、いくらでやれば仕事が取れるのかをもらしたりすること。法律で禁じられています。
役所が仕事を頼むときは、いくつかの業者に値段を競わせ、一番安くできるなど最も良い条件を出した業者を選ぶのが一般的なルールです。
官製談合は、もっと安くできるはずの値段をつり上げるため、税金のむだづかいになります。
国土交通省の幹部が役所で使う車の管理を頼む業者を決めるにあたり官製談合があったとして、公取委は23日、同省に改善するよう求めました。
★キッズ朝日・日刊TOP



これはもう、役所だけの問題としてモグラたたきしていても仕方がないでしょう。

立法・行政・司法の誠実な実行を担保するには、対象を限定した国家反逆罪のような抑止力が必要なのかも。

▼金権政治
▼官製談合
▼冤罪

これらの罪を犯したら、手にした便益を吐き出させることは当然として、公職追放や年金の剥奪、ある意味で『制限行為能力者』として扱うなど、一生をかけて贖罪させるぐらいの罰則を用意。


「それでは公僕のなり手がいなくなってしまう。」

大いに結構なことじゃないですか。

▼国会議員の定数削減
▼国家公務員の人員削減と地方分権
▼裁判員制度の拡大による住民自治の浸透

そして公僕には、志を持った誠実な人材だけが集まってくる。


では、誰がこの罪を立証し、裁きを下すのか?

まず前段階は、通常の司法手続きを踏めばよいですね。

その過程で国家反逆罪の疑いが明らかになれば、特別設置の法廷を開設し、事件化するか否かを国民投票にかける。

審理については、基本的に容疑者が無実を訴える形式にして、公開討論によって事実や背景を炙り出す。

そしてもう一度国民投票によって、シロかクロかを判定する。

最後に、国民の象徴たる天皇の認証をもって刑は確定するが、天皇はクロをシロに覆す権限を持つ。


はてさて、これだけの手間を国家国民と天皇に負わせてなお、それでもまだこの罪に抵触しそうな行為がなされるでしょうか?


「ネット世論と実際の支持率予想とのギャップ」と「ニコニコ的民主主義」: 切込隊長BLOG(ブログ) Lead‐off man's Blog
 ネット社会においては、最近は使われなくなった言葉「ネット右翼」でも代弁されるように民族右派的な発言が多く、かつ、経済的には規制に反対のリバータリアン的な立場を取るものが支持を集めやすい。で、民主党執行部の左派的な言動は民主党の親米「ポチ」と比べてもネットからの支持を得にくく、結果として総体として「ネットは自民支持が多数」という結果になるのだろう。この前まで、腰を悪くしていて寝てた同期とその辺のことは本に書こうとは思っておるけれども、結構実証できるレベルにまで来たんじゃないか、というのが率直な印象。

きっと、キ○○イとか言われてしまう..








【関連エントリー】
- 公設秘書 ニュースのことば
- 確定申告 ニュースのことば
- ダーウィン ニュースのことば
- ポイントとマイレージ ニュースのことば
- 消防白書 ニュースのことば
- 3億円事件 ニュースのことば
- 神戸ルミナリエ ニュースのことば
- ミシュランガイド ニュースのことば
- 最高裁長官 ニュースのことば
- フリーター ニュースのことば
- ゆるキャラ ニュースのことば
- インフレ ニュースのことば
- 労働経済白書 ニュースのことば
- ニュースのことば[芥川賞・直木賞]
- 地域ブランディング
generated by 関連エントリーリストジェネレータ



リスク〈上〉―神々への反逆 (日経ビジネス人文庫)
リスク〈上〉―神々への反逆 (日経ビジネス人文庫)Peter L. Bernstein 青山 護

おすすめ平均
stars不確かな未来をより確実にするための、科学的アプローチ。偶然を必然にするために。
starsリスクの概念というより歴史
stars「偶然」を如何に手懐けるかに関する思想史的批評!!
stars(上)は統計学の本(下)はリスクマネジメントの本
stars統計学の参考書としても有効

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■目次
一二〇〇年以前 始まり(ギリシャの風とサイコロの役割
1、2、3と同じくらい簡単)
一二〇〇~一七〇〇年 数々の注目すべき事実(ルネッサンスの賭博師
フレンチ・コネクション
驚くべき人物の驚くべき考え)
一七〇〇~一九〇〇年 限りなき計測(人間の本質についての考察
事実上の確実性を求めて
非合理の超法則 ほか)
■出版社/著者からの内容紹介
人類は神々に逆らってリスクの謎に挑み、やがて科学やビジネスのあり方を一変させた! 賭博師からノーベル賞学者まで、歴史上の天才・異才たちが繰り広げるリスク探求の物語を壮大なスケールで描いたベストセラー。
■内容(「BOOK」データベースより)
人類は神々に逆らってリスクの謎に挑み、やがて科学やビジネスのあり方を一変させてきた…。一賭博師からノーベル賞学者まで、リスクに闘いを挑んだ歴史上の天才・異才たちの驚くべきドラマを壮大なスケールで再現した全米ベストセラー、待望の文庫化。
■内容(「MARC」データベースより)
古代ギリシャの人々の思考様式、パチョーリ・パスカルらのパズル解明、ルネッサンス・宗教改革による思考の自由化、保険の仕組みの考案など、「リスク」の謎に挑み、未来を変えようとした天才たちのドラマを紹介。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。
■著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
バーンスタイン,ピーター
1940年ハーバード大学卒業。在学中、レオンチェフなどの教えを受け、ハイルブローナーと最優等を競う。ニューヨーク連銀、ニューヨーク共同銀行などを経て投資顧問会社バーンスタイン・マコーレーに勤務、65年同社代表。73年ピーター・L・バーンスタイン社を起こし、コンサルティング活動を続ける。世界各地で講演経験を持ち、著作も多数ある
青山 護
1975年横浜国立大学経営学部卒業、82年東京大学大学院経済学研究科博士課程修了。横浜国立大学教授。99年没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)



タグ:不祥事
posted by 課長007 at 16:39 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - 官製談合 ニュースのことば
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
gooリサーチモニターに登録!



キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。