2009年06月23日

仕事とはゴミの山から宝物をみつけるようなもの

ゴミっていうのは大いに語弊がありますが、


先人たちが捨てていった、あるいは気づかずに腐らせてしまったものが、現代に生きる我々のメシのタネとなっているのではないでしょうか?

もちろん、先人たちがサボっていたわけではありません。

彼らもその時々の環境や状態に応じて、宝さがしをしていたはずです。


また、人によってはゴミが肥やしになってできあがった新しい作物の山に当たることもあるでしょう。

でも、探す対象がゴミか新品かは大したことではなさそうです。

探している宝物が何なのか?

そして、探し当てた宝物をどうするのか?

独りでむふぅむふぅと楽しむのか?

あるいは誰かとキャッキャ言って分かち合うのか?


何はともあれ、所詮宝さがしなんだから長期の計画なんて立てられないし、ましてや具体的な目標なんてことになったら宝さがしじゃなくなってしまうし。

かと言って、週休2日とかゴールデン・ウィークとか年末年始休暇とか、ルーティン的で労務っぽいものは宝さがしには似合わない。


とりあえず、

「オシゴトは何されてるんですか?」

と聞かれたら、

「宝さがしです。」

と答えるようにしよう。





主に夜のお店でね。(爆)


■「管理職はいらない!」三部作
1.社長なんて名誉職でいいし、1年・2年で交代だ
2.日本課長の会理事長の立場を離れて言う
3.仕事とはゴミの山から宝物をみつけるようなもの


【関連エントリー】
- イノベーションの本当の敵は、抵抗勢力ではなく停滞勢力
- 「ESなくしてCSなし」を具現化する従業員参加型マーケティングの好例【親子のやる気ラボ】
- 人材育成とは、見える化・わかる化・できる化の3ステップ
- 昨日と明日のあいだには今日が連なる未来がある
- 人間は何のために生まれてくるのか?
- 誰か「終身名誉課長」を雇ってくれないか?(笑)
- マーケターの仕事とは
- 企業の目的とは存在意義を発揮し続けることだと確信した
- リーマンブロガーズの掟11カ条
- 学生と社会人の違い
- 社員力とは、市場競争力の源泉なり
- 働くということ
- 日本課長の会
- 仕事とは
- 一流のプレイヤーは一流のコーチになれない?
- リーダー?マネージャー?それとも...
generated by 関連エントリーリストジェネレータ



冒険論―たくさんの宝者を探しに
冒険論―たくさんの宝者を探しに味村 彰久

文芸社 2008-06
売り上げランキング : 1079947

おすすめ平均 star
star現代を生き抜く

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■目次
現在の労働経済の状況(誰がフリーターを作り、なぜフリーターが作られ、なぜフリーターが増えていくのか?)
いざ冒険へ
冒険による個の成長(「遊び」心を持つ
「夢」を作る
「比較」できる対象を見つけに行く
「英語」は環境。なぜなら英語は学問ではなくただの言葉ですから
「勉強」は自発性の上に成り立つ
「世界」に入り込む ほか)
■著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
味村 彰久
1987年、東京都生まれ。冒険経済作家。18歳の時に「冒険哲学書」を作ることを決め、高校卒業後、19歳から366日を海外で過ごす。家庭教師や塾の講師、スイミングインストラクター、サッカーのコーチ、雑用など15ものアルバイトを経験し、21歳で著書『冒険論』を発表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

タグ:仕事
posted by 課長007 at 21:56 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - 仕事とはゴミの山から宝物をみつけるようなもの
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/122091134
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
gooリサーチモニターに登録!



キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録