2009年06月18日

日経[号外]18日 臓器提供者の年齢制限撤廃 衆院、移植法改正案を可決

運用がキモですね。がんばってください。


臓器提供、15歳未満も可能に 移植法A案が衆院通過
 衆院は18日の本会議で、脳死後の臓器提供の年齢制限を撤廃し、本人の意思表示がなくても家族の同意で提供を可能とする臓器移植法改正案(A案)を賛成多数で可決した。自民、民主など各党は党議拘束をかけずに各議員の判断で投票し、賛成263票、反対167票、欠席・棄権は48人だった。同案の可決により、その他の3案は採決されずに廃案となった。

 1997年に成立した現行法は脳死後の臓器提供について、15歳以上で本人による提供の意思表示がある場合に限っている。衆院を通過したA案は臓器移植を推進するため、提供者の年齢制限を撤廃し、本人が事前に拒否を表明していなければ家族の同意で提供可能とした。これまで国内ではできなかった小児の臓器移植に道を開くとともに、15歳以上の臓器提供例も増える可能性がある。(16:29)







タグ:医薬
posted by 課長007 at 16:43 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - 日経[号外]18日 臓器提供者の年齢制限撤廃 衆院、移植法改正案を可決
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
gooリサーチモニターに登録!



キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。