2006年01月18日

広告批評:「見えない連鎖」(AC公共広告機構/エイズ予防財団)

朝の通勤車中で、エイズへの再認識を促す「見えない連鎖」(AC公共広告機構/エイズ予防財団)という広告を見てロギング。

解説はぜひ「AC公共広告機構のCM/かりんのひとりごと」さんの記事でご確認ください。

AIDS.jpg



エイズの感染原因の多くが「無知な男女の性行為」ということであれば、秀逸なコピー・ライティングだと思う。

ターゲット層は「無知」言い換えるなら「バカ」なのであろうから、そんな層に認知・記憶させるメッセージやそのデリバリー手段の企画はそう易々と生まれなかっただろうなとも『想像』してしまう。

この「想像(イメージ)する」とか「想いや考えをめぐらす」という習慣の有無が、リスク・マネジメントの第一歩だと思うし、「バカ」と小生の差別化ポイントになるならよいのだが...(爆)


P.S.
小生こそ、このトピックを写メ投稿しようとしたが途中で送信してしまった「バカ」でした。m(_ _)m


posted by 課長007 at 08:16 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - 広告批評:「見えない連鎖」(AC公共広告機構/エイズ予防財団)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
gooリサーチモニターに登録!



キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。