2009年04月13日

Googleだって普通の会社なんだ?

創業10年を経たタイミングで世界同時不況が起き、広告収入の拡大に一息つくのは致し方ない。

日本法人・グーグル株式会社の社長交代も、新しい10年を作り出していく第一歩なのだろう。

でも、そんなタイミングで人員削減やれば、有能な人材から順に流出していって、あらゆるオペレーションに支障をきたすことは明白。

匿名のリーマン・ブロガーごときに評論されてしまうのも気の毒だが、企業ミッションに直結するところで障害を起こしてしまったようなので、こりゃ見過ごせないなと備忘ログ。

検索結果の文字化け

こりゃさすがにマズイだろう。

この障害のインパクトからすれば、被リンク購入のPPP問題や、やたらと落ちるようになったGmail問題など、いわゆるネットこじき周辺の問題なんて米ツブほどのインパクトしかない。

世界中の情報を整理して表示させる

この、Googleの崇高な企業ミッションをないがしろにしてしまったのだ。

ネットこじきと変わらないような「くれくれ株主」がどうのこうの言おうとも、拡大・成長に一息入れるのは構わない。

進化さえしていればいいのだ。

次なるジャンプのためにエネルギーを蓄える踊り場の時期が必要なことは、景気循環というライフサイクルの歴史が教えてくれているではないか。


google 文字化け - Google ブログ検索
google 文字化け - Google ブログ検索


「最も革新的な企業」,トップ3は変わらずApple,Google,トヨタ:ITpro 2009/04/10
 米Business Week誌が米国時間2009年4月9日に発表した「世界で最も革新的な企業(World's Most Innovative Companies)」ランキングは,米Apple,米Google,トヨタ自動車の3社が,昨年に引き続きトップ3の座を堅持した。4位は米 Microsoft,5位は任天堂で,いずれも昨年から順位を上げた。



Google Japan Blog: 検索結果表示、復旧のおしらせ 2009年4 月9日
Posted by 徳生健太郎 ( 製品開発本部長 )

先ほどお知らせした一部のユーザーの方々におきていた検索結果が文字化けしていた問題が解決し、正常に表示されるようになりましたので、ここにお知らせします。

日本時間 4 月 9 日夕方ごろから 23 時半頃までの間、日本を含める数カ国のユーザーの方々の一部において、日本語を含める数言語での検索結果が文字化けしていました。原因はエンジニアの人為的ミスです。影響のあったユーザーの皆様には大変ご迷惑をおかけしました。再発しないよう十分注意するとともに、ここで深くお詫び申し上げます。

なお、調査の結果、この問題はGoogle ツールバーとは関係ないことが判明しました。

また、この件について報告してくださったユーザーやネットコミュニティの皆様にも感謝いたします。どうもありがとうございました。

時刻 0:20



Twitter、「Googleと買収交渉」のうわさにコメント - ITmedia News 2009年04月06日
 しかし同氏は、「われわれの目標は、収益を上げられる独立した企業を作り上げることであり、まだ始まったばかりだ」とし、他社による買収を否定している。



Google Japan Blog: Gmail 復旧についてのご報告(2) 2009年2月26日
Posted by Gmail チーム

2 月 24 日に発生した Gmail の不具合の原因が解明され、既に修正が行われましたのでお知らせします。

Gmail では世界中に設置された複数のデータセンターで分散してサービスが提供されています。不具合が発生した当日、ヨーロッパのあるデータセンターで定期メンテナンスが行われていました。通常、定期メンテナンスが行われている間は他のデータセンターに処理が引き継がれるため、Gmail としてサービスが中断することはありません。

しかしながら、今回、システムの処理速度を向上する動作の不具合が、定期メンテナンスに支障をきたし、サービスの中断を招きました。影響範囲につきましては、Gmail のみとなっており、カレンダーなどその他の機能に関してはご利用頂ける状況でした。また、この障害によるデータの損失はありません。

今回の不具合で、多くの Gmail ユーザーの皆さまにご迷惑をおかけしたことを深くお詫びいたします。同様の不具合が二度と発生しないようにサービスの改善を継続していきます。
今後とも Gmail をよろしくお願いいたします。

時刻 13:30



ブログとTwitterで世界中に広まった「GoogleのPay Per Post問題」の今後:MarkeZine(マーケジン) 2009/02/27
クチコミについての議論が再燃

 ブロガーに報酬を与えて記事を書かせるプロモーション手法は、ブログが一般化し、「メディア」として認知されたことを受けて登場した。通常、その対価は非常に安価である。

 今回、プログラムに参加したブロガーの記事には、クチコミマーケティングのプログラムに参加していることを示す一文が含まれていた。プログラムを運営するサイバー・バズは、今回のプログラムはPay Per Postには該当しないというコメントを発表した。

 しかし、サービス概要を記した同社のFAQが、問題が表面化したのちに修正されていたことが、修正前のページを保存していたGoogleのキャッシュデータから明らかになるという、皮肉な事態に。これまでも何かと論議の的になってきたPay Per Postについて、関係者は再び自問自答を迫られることになった。



グーグル日本のページランク低下の件を語るならこれくらい理解しておこうよ 〜Web担/日経BP/MarkeZine連動コラム | Web担当者Forum 2009年2月27日
連動コラム、今回のお題は「グーグル日本が自社サービスの宣伝にブロガープロモーションを利用したことを、日本のブロガーさんが指摘して、それを米グーグルのマット・カッツが知って、google.co.jpドメイン名のページランクが5に引き下げられて、日本のグーグルがあわてて謝罪(でも一般の人には意味不明)した」という件について。



口コミと広告の差はどこにある?:CNET Japan オンラインパネルディスカッション - CNET Japan
 ブロガーに対価を支払って記事を書かせる「ペイパーポスト」をはじめとした口コミマーケティングが話題になっています。「WOMマーケティング協議会」という組織を設立し、口コミマーケティング市場の健全な育成と情報共有を進めようという動きもあります。同協会の設立準備会は2月末に研究会を実施し、ガイドライン策定の前段階として、「口コミと広告の境界は何か?」について議論する場を設けました。



グーグル社長が交代、ソニー出身の辻野氏が就任:日経ビジネスオンライン 2008年12月9日
 グーグルは2008年12月9日、代表取締役社長交代の人事を発表した。2003年4月1日から社長を務めてきた村上憲郎氏に代わり、2009年1月1日より執行役員製品企画本部長の辻野晃一郎氏が社長に昇格。村上氏は名誉会長に就任する。

 辻野氏は1957年福岡県北九州市生まれの51歳。1984年にソニーに入社し、VAIO PC事業創業期の事業責任者を務めたほか、ホームビデオ、パーソナルオーディオなどのカンパニープレジデントを歴任。2007年にグーグルに入社し、執行役員製品企画本部長に就任していた。






【関連エントリー】
- Googleが顕在化させてくれたPayPerPost論争に、も少し「情報リテラシー」の観点を盛り込んで欲しい件
- このサイトはコンピュータに損害を与える可能性があります。
- IT業界とネット業界は違うモノなんですよ
- YouTubeの画面がワイドになると儲かるの?
- Googleは創業10年を経てどこに行くのか?
- Google Map ストリートビューと三丁目の夕日
- Google vs Amazon Webトラフィック調査で激突!?
- web3.0とは を梅雨空の下でジメジメと一覧してみる
- マイクロソフト×ヤフー、日本だけ合併しちゃうとかどう?
- Googleブックカバー
- Google@カンブリア宮殿
- Googleがグループウェアになる
- グーグルの野望?
- Google@アップルストア銀座のサマリ
- ○ペイジランク ×ページランク
- SEOという名のポピュリズム
- 検索力とは
- Googleの考え方
- グーグルを追い越せ!
- Dell と Google、ついに提携を発表
- 3大検索エンジンの利用者の特徴
- Googleが発見した10の事実
- グーグル(株)のブログ
generated by 関連エントリーリストジェネレータ



進化するグーグル (青春新書INTELLIGENCE)
進化するグーグル (青春新書INTELLIGENCE)林 信行

青春出版社 2009-01-07
売り上げランキング : 36277

おすすめ平均 star
starグーグルの技術そのものが21世紀的であることは言うまでもなく,さらに私はグーグルという会社そのものが21世紀的であると考える。
star知らない人には丁度いい

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■目次
第1章 月探索まで手を広げる“ネットの覇者”
第2章 “技術者の理想郷”はいかにして生まれたか
第3章 世界でもっとも楽しい職場
第4章 “ひとり勝ち”の真の理由
第5章 グーグルが創り出す“新しい日常”
第6章 日本で苦戦するグーグルの巻き返し策
付章 戦略的サービス展開、8つの方向性
■内容紹介
リアルな日常が一変する「情報革命」の本当の衝撃とは!グーグルによって社会はどう変わったのか、そしてこれからどう変わって行くのか。YouTube、GoogleEarth、ストリートビュー、斬新なサービスが生まれてくる秘密に迫る!
■内容(「BOOK」データベースより)
通信が変わる、社会が変わる、人間の関係性が変わる―リアルな日常が一変する「情報革命」の本当の衝撃とは!“ネットの神”がいよいよ本格的に動き出した。
■著者について
ITジャーナリスト兼コンサルタント。グーグル社やアップル社の企業動向の分析をはじめ、ブロードバンド化やブログ、SNSといった新トレンドにも早くから目をつけ多くの記事を手がけてきた。
■著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
林 信行
ITジャーナリスト兼コンサルタント。’70年代からパソコンに興味を持ち、’90年代から本格的な取材と執筆活動を開始。グーグル社については、同社が初来日した時から取材を続けている。グーグル社やアップル社の企業動向の分析をはじめ、ブロードバンド化やブログ、SNSといった新トレンドにも早くから目をつけ多くの記事を手がけてきた。最近ではグローバル化への対応を迫られる日本企業に、グーグルやアップル、シリコンバレーの起業家の考え方やノウハウを伝えることをミッションの1つとしている。マイクロソフト社Webサイトでの連載「Apple’s Eye」で有名(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)



posted by 課長007 at 08:58 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - Googleだって普通の会社なんだ?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
gooリサーチモニターに登録!



キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。