2009年03月21日

広告不況を救ってくれるのはトイレ広告?

一つ前の記事の続編です。

デジタルサイネージは広告不況を救ってくれるのか?
で、このデジタルサイネージってヤツは、既存のアナログ広告からの置き換えがメインになりそうなので、広告不況を救ってくれるのは、実は『トイレ広告』だったりするんじゃないかと考える次第。


発端はこちら↓

この媒体も交通広告? 2008年09月04日
JR東日本:大人の休日倶楽部

吉永小百合に見つめられて用を足すってのは非常にビミョーでアレですね。

でも、怪しいイタズラ書きであったり、風俗系や闇金融系のチラシが放置された『割れ窓』状態のトイレより、利用者の快適性は確実に高まるんじゃないでしょうか?

それに、「一歩前へ」とか「いつも清潔にお使いいただきありがとうございます。」みたいな啓蒙系の張り紙より、広告媒体として堂々と活用した方が潔いんじゃないかと

特に個室なら、結構な時間注視してもらえるはずだし


その後、ブクマしたのがこちら↓

羽田空港のトイレはキレイだから広告媒体になる: mediologic.com/weblog
 November 27, 2008
■羽田空港、空港内のトイレでデジタル広告を配信、12月から - ライフ - 日経トレンディネット

デジタルサイネージはトイレから拡がったりして。

実際、目の前にあれば見てしまいますからね。

鉄道各社も、高速道路も、トイレがもっとキレイになったら広告媒体として有効???


さらにこんなニュース

トイレを広告媒体としてどうつかうか: mediologic.com/weblog February 01, 2009
■中日新聞:渋谷区、求ム命名者 公衆トイレで広告流して:社会(CHUNICHI Web)

これ、INAXとかPanasonic とかトイレ機器を販売している会社にとって、路面に“ショールーム”を手に入れるめちゃくちゃいいチャンスじゃん!!



女子トイレ=化粧室は結構イケてる広告が出せそうな場所ですね。

男子トイレだったり、いきなりの公衆トイレだったり、『ラジバンダリ』とかではアレなんでしょうけど。
あっ、男性向けには『たばこ部屋広告』ですかね?


デジタルサイネージは既存のプリントメディア/アナログメディアの代替手段がメインでしょうが、トイレ広告は、これまでに活用されてこなかった新たな広告メディアとしての地位を確立してくれて、困窮する広告業界のパイを広げてくれんじゃないのかなと。


いざ!世界に誇る(?)日本のトイレ事情

話題のスキージャンプトイレがギズでも祭りに! 海外から観光客まで押し寄せそう… : Gizmodo Japan(ギズモード・ジャパン), ガジェット情報満載ブログ 2009.03.19
まず、ジョージアといえば、コカコーラのブランドですけど、そもそも分かんないのは、あの世界のコカコーラが、なにゆえ日本のトイレの中という、とてもじゃないですけど、薫り高きコーヒーの宣伝には似つかわしくない場所を、わざわざ選んでいるのか? 狭い日本、スキー場のトイレくらいからしか、もう広告が飛び立てるエリアはないんでしょうか…的なツッコミがきてますね。う〜ん、確かにトイレでコーヒー飲めって言われてもね〜。まぁ、コーヒーの利尿効果でトイレは近くなりそうですけど。

↑いきなり、ネタですみません。


JR東日本、トイレの鏡を利用した「化粧室鏡面広告」を展開:MarkeZine(マーケジン) 2009/03/19
 山手線の新宿・池袋・秋葉原・有楽町駅の4駅にある女性用化粧室で展開している「化粧室鏡面広告」は、シート広告を化粧室の鏡に貼り付けるスタイル。今回の広告主は女性向けデザインノートPCを展開しているヒューレット・パッカード。そのためこれらの広告は、家電量販店が隣接した駅で4月13日まで展開される。

↑メディアによって、主語が変わるんですね。↓


日本HPが女子トイレを占拠?--JR4駅で女性向けキャンペーンを実施:モバイルチャンネル - CNET Japan 2009/03/17
 日本ヒューレット・パッカードは3月17日、駅の女性化粧室を利用したPCプロモーション「ダブルハピネス・キャンペーン」を発表した。

 これは女性をターゲットに据えたキャンペーンで、東京都内のJR4駅の化粧室鏡面に、ミニノートPC「HP Mini 1000 Vivienne Tam Edition」および、そのデザインモチーフである「芍薬(しゃくやく)」をあしらった装飾を施すというもの。そこからホームページの特設モバイルサイト(http://www.hp.com/jp/m)や店頭への誘導を図るという。

 キャンペーンが実施されるのは、JRの秋葉原駅、池袋駅、新宿駅、有楽町駅。各駅2カ所のトイレにキャンペーン用の装飾がされる。実施期間は同日から4月13日まで。

 同社では、女性用化粧室における鏡面広告により、女性ユーザーに対してHPブランドの認知度を向上させることが目的としている。

 特設モバイルサイトでは、アンケートに答えると、オリジナル待ち受け画面コンテンツやデコレーションメール素材などが入手可能。さらに店頭で商品を見た上でモバイルアンケートに回答すると、先着100名にオリジナルUSBメモリがプレゼントされるといったキャンペーンも実施する。

↑何とかして男子トイレでもやって欲しいですなぁ


渋谷区公衆トイレ命名権に応募25件 締め切り直前に集まる (1/2ページ) - MSN産経ニュース 2009.2.19
 東京都渋谷区が、全国初の取り組みとして区内14カ所の公衆トイレで行っていた命名権(ネーミングライツ)の募集が13日に締め切られ、最終的に応募が25件に上ったことがわかった。一時は募集がない状態が続いていたが、締め切り前日の12日に「応募ゼロ」と報じた産経新聞などを見た企業関係者から問い合わせが相次ぎ、締め切り直前に応募が集まった。

 今後は選定委員会を開いて契約企業を決定し、4月には、企業名や商品名などが付けられた公衆トイレがお目見えする。

↑どんな企業が協賛したのか、楽しみですね。


トイレにて「紙尽きて ひとり」 TOTOが第4回トイレ川柳結果発表:Garbagenews.com 2008年10月20日
【TOTO(5332)】は10月16日、トイレに関する川柳を応募した「第4回 トイレ川柳」の入選作品を発表した。最優秀賞はトイレ混雑時の緊迫感を効果音だけでたくみに表現した「コンコンコン トントントントン ドンドンドン!」だった(【発表ページ】)。

↑[トイレ]でググると、1位・TOTO、2位・Wikipedia(便所)、3位・INAXでしたぞ。^^;


ケータイから近くにある綺麗なトイレを探せる『DIAROOGLE』 - 100SHIKI 〜 世界のアイデアを日替わりで 〜 2008-08-17
外国や見知らぬ土地にいったときに困るのがやっぱりトイレである。

急を要するけれどもやっぱり綺麗なトイレが・・・という人にはDIAROOGLEがおすすめだ。

このサイトではケータイから近くにある綺麗なトイレを探すことができる。残念ながらGPS対応、といった具合にハイテクではないが、ユーザーが投稿してくれた写真や説明などから快適なトイレを探し出すことができるだろう。

日本にも似たようなサイトがあるが、米国バージョンであるこのサイトを知っておくと何かと便利だ。旅行前に是非どうぞ。

↑「似たようなサイト」どこですか?


1位は「洋式トイレ」--いいアイデアが浮かぶ場所ベスト20:マーケティング - CNET Japan 2008/07/14
 アイデアが浮かぶ瞬間、どんな場所にいるだろうか。goo ランキングが7月14日に発表した「いいアイディアが浮かぶと思う場所ランキング」では、「洋式トイレ」が1位になった。気軽に入れる、手頃な狭さ、などが人気の理由だろうか。

 2位「ベッドの中」、3位「バスルーム」など体をリラックスさせる場所も上位に入った。水辺も人気で、8位「河川敷」、9位「川沿いの遊歩道」がベスト10入りしている。
いいアイディアが浮かぶと思う場所ランキング

↑わたしの場合は「通勤電車の車中」でしょうか。


携帯操作目的だけにトイレ利用、3割近くに――アイシェア調べ - japan.internet.com Webマーケティング 2008年6月16日
トイレ内での携帯操作で最も多い答えは「メール」で87.4%、2位の「ニュース確認」は25.2%と、その差60ポイント以上の大きな差をつけた。またトイレ内で「通話」をすると答えた人が21.4%いることも分かった。

「どこでも使える」ことが携帯電話の利点ではあるが、ここまでトイレ内での携帯利用が多いのは何故なのか。自由に意見を求めたところ、その理由として「隠れるため」「勤務中の利用が禁止だから」「仕事の勤務中にメールチェックできる場所はトイレの中くらいなので」などが目立った。



デジタルサイネージの「触れる」特徴を活かすには、ケータイ(ジオメディア)などでもアクセスできるようにして、クロスメディア展開するのがよさそうですね。


【関連エントリー】
- デジタルサイネージは広告不況を救ってくれるのか?
- Webマーケティングとは
- ブ厚い「eruca.」と薄っペラな「とらばーゆ」(地域版)
- 「欲しい」と「必要だ」の間には、「チェンジ」と「チャンス」のタネがある
- テレビのネット活用というクロスメディア企画
- 次の景気拡大期には、どんなメガブランドが出てくるのか
- 品川の最先端にある喫煙所
- 毎日新聞社が存続できる理由
- 『「高齢者はパソコンが苦手」はウソ』はウソ?
- ドコモのマイライフアシストサービスはソーシャルメディアなのか?
- YouTubeの画面がワイドになると儲かるの?
- ネット・ケータイ依存を助長するR25のような中堅メディアが興味深い
- メディアとしてのWebサイトに足りない情報はこれだったんだ!?
- ファッションビルの喫煙所
- この媒体も交通広告?
- マネジャーが癒されるたった一つの方法
- 先進国とは
- クロスメディアの前にメディアリテラシー?
- いきすぎたクロスメディアマーケティング?!「携帯命」
- クロスメディア・マーケティング
generated by 関連エントリーリストジェネレータ



↓トイレを活用するとお金持ちになれるそうです???ならTOTO/INAXはエライこっちゃ。(笑)
なぜトイレの蓋をするだけで9割の人はお金持になれるのか
なぜトイレの蓋をするだけで9割の人はお金持になれるのか田村 孝

あっぷる出版社 2007-04
売り上げランキング : 29484


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■目次
1章 トイレの蓋をするだけでなぜお金持になれるのか
2章 お金持の9割が寝る前の3分間にしている事
3章 お金に絶対困らないバフェット流投資術
4章 私はトイレの蓋をしただけで株価2倍ゲット!
5章 実際にあった驚きの効果あれこれ!
6章 お金持だけが知っている「金運アップの法則」
■内容(「BOOK」データベースより)
実際にあった驚きの効果あれこれ。
■著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
田村 孝
1964年北海道砂川市出身。開運相談のアドバイス東京で開運コンサルタントとして活動中。株式投資歴20年(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

posted by 課長007 at 19:57 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - 広告不況を救ってくれるのはトイレ広告?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
gooリサーチモニターに登録!



キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録