2009年03月20日

下請かけこみ寺

下請かけこみ寺

単なる天下り団体として、無能な爺さんたちの暇潰し企画に留まることなく、大企業・中堅企業にとって、どこまで怖い存在になれるかがキモでしょうね。

ほんとは、公正取引委員会を増強して「特権的・支配的・優越的地位の濫用」に厳正対処した方が効率も効果も上がるのでしょうけど。

「コンプライアンスだ」「内部統制だ」、挙げ句の果てに「CSRだ」 「社会貢献だ」なんてことを声高に叫んでる企業は大抵の場合、「社会的責任」という「特権的地位」と裏返しの意識が根付いてますから、要注意ですよ。


全取協会ホームページ 下請かけこみ寺事業
「下請かけこみ寺」事業は国の委託事業です。
取引に関する中小企業の皆様のどんなお悩みにも相談員が親身になってお話をお聴きします。
裁判外紛争解決手続(ADR)も整備しています。
困ったときは、ご相談ください。ご相談いただいた方の秘密は厳守します。

下請かけこみ寺

「下請法」の対象外だからって、「優越的地位の濫用」に該当したらアウト!ってことで。

優越的地位の濫用 - Wikipedia
優越的地位の濫用(ゆうえつてきちいのらんよう)は、取引上、優越的地位にある業者が、取引先に対して不当に不利益を与える行為。 私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律(独占禁止法)の第19条(不公正な取引方法の禁止)及び一般指定第14号(優越的地位の濫用)に抵触する。 公正取引委員会は、当該行為の差止め、契約条項の削除その他当該行為を排除するために必要な措置を命ずることができる(排除措置命令)。 下請取引で問題が発生することが多く、独占禁止法の補完法である下請代金支払遅延等防止法(下請法)で詳細が規定されている。

 公正取引委員会告示では、以下のように優越的地位の濫用を定めている。

自己の取引上の地位が相手方に優越していることを利用して、正常な商慣習に照らして不当に、次の各号のいずれかに掲げる行為をすること。


いわゆる下請法とは

下請代金支払遅延等防止法 - Wikipedia
下請代金支払遅延等防止法(したうけだいきんしはらいちえんとうぼうしほう)は、下請け代金の支払いを適切に確保することにより、下請け業者の利益を保護することで、公正な取引を確保するための日本の法律をいう。独占禁止法の1つを構成する。

下請代金の支払遅延等を防止することによつて、親事業者の下請事業者に対する取引を公正ならしめるとともに、下請事業者の利益を保護し、もつて国民経済の健全な発達に寄与することを目的としている。なお建設工事の請負においては適用されず、建設業法のさだめるところによる(法第2条第4項)。



「下請けいじめ」深刻に:日経ビジネスオンライン
 景気が急速に悪化する中で、「下請けいじめ」問題が深刻化している。中小企業庁のまとめでは2008年4月から2009年1月末までの相談件数は累計 2776件と、昨年度の相談件数の9倍以上に膨らんだ。政府は矢継ぎ早の対策に動いているが、「買いたたき」や「代金の支払い遅延」などを取り締まる下請代金支払遅延等防止法(下請法)の限界が鮮明だ。

活況呈する「下請かけこみ寺」

 「下請かけこみ寺本部」。東京都中央区、地下鉄茅場町駅に近い全国中小企業取引振興協会の入り口にはこんな看板が掲げられている。中小企業庁からの業務委託を受け、室内で働くのは10人のスタッフ。全国の下請け業者や47都道府県の相談窓口からの電話に対応したり、弁護士を紹介したりしている。同本部の田中利夫・主席研究員は「景気悪化の影響が明確に出てきた。遠方から相談のためにわざわざ来られる方も多い」と話す。


国をまたいでしまうと面倒ですね。




【関連エントリー】
- 顧客とも従業員とも、人と人との幸せをエンゲージメントする会社
- 社長に必要な学問は経済学でも経営学でもなく哲学らしい件
- コンプライアンス不況を助長するのは、「情報リテラシー」と「ITリテラシー」が区別できない人?ス
- 管理偏重の一端?
- 課長が疲弊する不機嫌な職場
- ホテルは公器だ
- コンプライアンス不況と内部統制バブル
- 企業の目的とは
- 法人と個人
- BCP/BCM・コンプライアンス
- 情報セキュリティ2.0?
generated by 関連エントリーリストジェネレータ



これだけは知っておきたい!独禁法―景表法、下請法、海外競争法もこれで納得!
これだけは知っておきたい!独禁法―景表法、下請法、海外競争法もこれで納得!村田 恭介

日本経済新聞出版社 2008-10
売り上げランキング : 181649


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■目次
第1章 独禁法理解度チェック
第2章 独禁法の基礎知識
第3章 独禁法の三本柱
第4章 独禁法を深く知る
第5章 グローバル化する独禁法
第6章 下請法と景品表示法
第7章 独禁法違反にならないための10の心得
資料編 独占禁止法 不公正な取引方法
■内容(「BOOK」データベースより)
独禁法はコンプライアンスには外せない!経営者から新入社員まで、忙しいビジネス人に贈る「独禁法」「景表法」「下請法」「海外競争法」の早わかりテキストの決定版。
■著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
村田 恭介
弁護士、きっかわ事務所パートナー弁護士。1984年関西学院大学法学部卒業、神戸市就職。1995年弁護士登録、2000年みらい法律事務所設立。 2001年神戸大学大学院法学研究科後期博士課程修了、法学博士(独占禁止法)。2004年弁護士法人キャスト入所。2008年きっかわ法律事務所入所 (本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)



posted by 課長007 at 13:48 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - 下請かけこみ寺
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
gooリサーチモニターに登録!



キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。