2009年03月09日

顧客第2ではなく信用第2だった件

お客様第一は嘘つきのはじまり』と方言し、何よりも大事な「命」を守る「安全第一」を上位に据えて、その次に『顧客第2』としていました。

でも、今日から「顧客」を「信用」に置き換えます。

なぜなら、「顧客」とは提供者側のコトバですものね。

視点を顧客側に移してみた時にしっくりくるのは「信用」なんじゃないかと思い至った次第。

これ、先日掲載した『与信管理』との使い分けがビミョーなんですが、「与信」とはあくまでも債権管理の話しであって、企業が顧客や取引先、社員からどう見られているか・見られたいかという「精神的な債務管理」という視点で価値基準を明文化していく時には、うまく区分できるはずです。


・安全第一
・信用第二


三番目は、考え中です。


これらを束ねて「『ステークホルダー』との信頼関係」すなわちブランドが構築できた暁には、その企業は社会にとって必要な存在として、『レーゾンデートル』が認められた状態と言えるのではないでしょうか?



posted by 課長007 at 08:47 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - 顧客第2ではなく信用第2だった件
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
gooリサーチモニターに登録!



キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。