2009年03月05日

日経[号外]5日 英中銀、0.5%利下げ 量的緩和も表明

せっかく中川(酒)酩酊大臣や小沢代表が円安誘導してくれてるっていうのに…


英中銀、0.5%利下げ 量的緩和も表明
 【ロンドン=吉田ありさ】英国の中央銀行、イングランド銀行は5日、政策金利を0.5%引き下げ年0.5%とすることを決め、即日実施すると発表した。
 同時に英国債の購入を通じて市場に大量の資金を供給する「量的緩和」策の導入を表明した。第1弾は750億ポンド(約10兆円)。






【関連エントリー】
- 経済性に関しては意外に合理的だが、社会性に関しては実はそれほど理性的ではないということ
- 日経[号外]5日 英が追加利下げ、初の1% 欧州中銀は据え置き
- 日経[号外]15日 欧州中銀、0.5%の利下げ
- 日経[号外]8日 英中銀利下げ、過去最低の1.5%に
- 日経[号外]19日 日銀、0.2%利下げ CPを買い取り、国債購入も増額
- 日経[号外]1217 米FF金利、年0―0.25%に 日米政策金利が逆転
- 日経[号外]4日 欧州中銀、政策金利を0.75%引き下げ
- デフレ!デフレ!って、価格軸しか競争戦略がないということ?
- 日経[号外]26日 中国が大幅利下げ 下げ幅1.08%
- 日経[号外]6日 欧州中銀0.5%利下げ、政策金利年3.25%に
- 日経[号外]日銀、0.2%利下げ 景気を下支え
- 日経[号外]8日 米欧6中銀、緊急協調利下げ
- 日経[号外]3日その2 欧州中銀が利上げ 政策金利、年4.25%に
- 日経[号外]17日2 米公定歩合、0.25%引き下げ・FRB緊急決定
- 日経[号外]22日その4?
- 金融グローバリゼーション〜国際金融センターを目指す東京のこれから
- 日経[号外]11日 日銀、金融政策の現状維持決定
- 日経[号外]23日 日銀、利上げ見送りを決定
- 日本銀行創業の地
- 日経[号外]利上げ決定
- 日経[号外]利上げ見送り
- バブルがキテる
generated by 関連エントリーリストジェネレータ



マンガ 史上最強の投機家ソロス――“イングランド銀行を潰した男”の哲学 (PanRolling Library)
マンガ 史上最強の投機家ソロス――“イングランド銀行を潰した男”の哲学 (PanRolling Library)黒谷 薫

パンローリング 2008-08-06
売り上げランキング : 51047


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■目次
イングランド銀行
マネーゲーム
サバイバル
ロンドンのユダヤ人
ニューヨークのトレーダー
混沌
ゴールデンチーム
別離と再生
魔法使いと弟子
開かれた社会を求めて
ブラックウェンズデー
公聴会
トレンドとリスク
■内容紹介
バフェットの42年間で4100倍を上回る30年間で5351倍の収益!
サブプライム危機で1,200億円を稼ぎ毎年400億円を寄付する慈善家“ジョージ・ソロス”。
世界で最も著名な投機家であり、ヘッジファンドマネジャーである。
1969年、ジム・ロジャーズとともに設立したヘッジファンドは、現在の「クォンタムファンド」となり、同年12月31日からの10年間で3365%の成績を叩き出した。
同期間、アメリカ経済は低迷しており、株価指数(S&P500)はたった47%の上昇率でしかなかった(ロバート・スレイター著『ソロス―世界経済を動かす謎の投機家』早川書房刊より)。
二人のすばらしい力量に、金融界は驚嘆した。
しかし「ソロス」の名が世界的に有名になったのは、1992年9月16日のポンド危機「ブラックウェンズデー」である。
ポンドの大暴落を予見し、大きく空売りを仕掛けたのだ。
このときソロスが得た利益は10~20億ドルともいわれ、イングランド銀行は破綻に追い込まれた。
「イングランド銀行を破産させた男」として、その名は一夜にして世界中にとどろくことになる。
伝説は今なお続く。2007年のサブプライム問題でも12億ドル超の利益を出したと言われ、彼の言動は世界中に多大な影響力を持ち続けているのだ。
一方、ソロスは慈善家としての一面もよく知られている。
例えば、アフリカの黒人生徒に奨学金を援助したほか、社会主義時代の東欧に大量の情報機器を送り、現地の民主化運動を支援した。
1994年から2000年までに寄付した金額は25億ドルを超える。
「ヨーロッパでもっとも影響力のある一市民」と呼ばれている。
この「史上最強の投機家」にして「史上最大の慈善家」は一体どのようにして生み出されたのだろうか。
ハンガリーに生まれ、第二次大戦でナチスの迫害をうけながらも生き延びた少年時代から、カール・ポパーに多大な影響を受けた大学時代、挫折を味わった初めての就職、そして投機家として名を馳せる現在に至るまで――。
本書は大投機家ソロスの波乱に満ちた人生を追い、その投資哲学と姿勢を描き出したものである。
※本書はパンローリングより刊行された『マンガ ジョージ・ソロス』を文庫収録にあたり、加筆・再編集および改題したものです。
■内容(「BOOK」データベースより)
イングランド銀行を破綻させ、世界で最も有名な投機家となったジョージ・ソロス。彼が運用したヘッジファンドの成績は30年間で実に5351倍、スタート時に100万円投資していれば53億円になる計算だ。これは20世紀最高の投資家、ウォーレン・バフェットの42年間で4100倍を上回る。現役を引退した今も伝説は続き、「サブプライム危機」で揺れた2007年には12億ドル超を稼ぎ出した。本書は40年近く傑出した成功を続ける「ヘッジファンドの帝王」の半生を描いたものである。



タグ:景気 金利
posted by 課長007 at 22:42 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - 日経[号外]5日 英中銀、0.5%利下げ 量的緩和も表明
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
gooリサーチモニターに登録!



キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。