2009年02月25日

今時、満員の展示会があるなんて

ネット&モバイル通販ソリューションフェア2009
@東京・池袋サンシャインシティで、今日・明日の2日開催。

ネット&モバイル通販ソリューションフェア2009 @東京・池袋サンシャインシティ


ネット&モバイル通販ソリューションフェア2009 @東京・池袋サンシャインシティ

まあ、不況トレンドでテーマ自体がドンピシャってのもあるし、基調講演がユニクロさんのパネルってのもあるとは思うけど、有明や幕張の閑散振りになれてしまった人間としては、結構インパクトありましたね。

来年の出展でも稟議してみるか





通販市場、10年に5兆円近くに ネット通販がけん引 民間予測−ニュース:日経WOMAN
 調査会社の富士経済(東京・中央)はコンテンツ商品やサービスを除く物品の通信販売の市場規模に関する調査の結果をまとめた。それによると通販市場は 2008年見込みの4兆5238億円に対して10年は4兆9444億円と5兆円に近づき、08年比では9.3%増になると予測した。インターネットが普及し、家具や音楽CDなどこれまで実店舗で購入していた商品をオンラインで買う動きが進んでいることから、同社では今後もパソコンや携帯電話を使った通販が市場の拡大に大きく貢献するとみている。

 購入形態別にみると、パソコンを使ったインターネット通販は10年に08年比で15.4%増の 2兆5097億円に、携帯電話からモバイルサイトに接続する通販は同28.9%増の4080億円になると予測。一方、カタログやダイレクトメールからの通販は、10年に08年比1.6%減の1兆5209億円と想定している。ネット通販の普及に伴い、カタログ販売を主体としていた業者もコスト面で有利なネット通販にシフトする動きが続くとしている。(12:01) [12月26日/NIKKEI NET]




08年12月の主要通販サイト、「楽天市場」は総利用時間が3カ月連続増加:日経ビジネスオンライン

 ネットレイティングスは1月27日、2008年12月におけるインターネット利用動向に関する調査結果を発表した。それによると、家庭/職場パソコンから主な通販サイトの総利用時間は、「楽天市場」が8億2177万2000時間(前月比5%増)で3カ月連続して増え、「Amazon.co.jp」が3億 1865万6000時間(同7%増)だった。「Yahoo!ショッピング」は2億8992万7000時間で前月に比べ36%増加した。



【関連エントリー】
- 「インターネット白書2006」記者発表会
- マーフィの法則?
- 駅ナカショップ
- with Mobile 2006参加中
- BtoBマーケティング
- Biz Innovation 2006
- 第2回WebマーケティングROI Day
- ロングテール時代のWebマーケティング術
- BtoBのCRM・SFA導入の落し穴
- アントレプレナーとは
- [イベント]第1回 ダイレクトマーケティングEXPO
- おとなが流行る理由とは?
- 洞察力と予測精度
- SFAはいらない?営業マネジャーがやる事やらない事
- 広告メディア、マーケティングサービスの祭典
- ネットワークビジネスとは
- peachjohnの下着広告はさすがに目のやり場に困る
- みのりが秋にやってくる
- マーケターの仕事とは
- メーカー・製造業がEC・ネット通販で成功するには
- デフレ!デフレ!って、価格軸しか競争戦略がないということ?
- 日経MJ 2008年ヒット商品番付 逆風下「お買い得」全盛
- 2008ランキングあれこれ−その1 あのビリー・ブランクス曹長は何してる?
- 2009年はノンラインな顧客参加型マーケティングを実践する
- ポイントとマイレージ ニュースのことば
- EC・ネット通販を敵とみなすような、負け組小売業が知らなければならないこと
generated by 関連エントリーリストジェネレータ



「通販」だけがなぜ伸びる (光文社新書)
「通販」だけがなぜ伸びる (光文社新書)鈴木 隆祐

おすすめ平均
stars少し偏りがありましょうか
stars鼻息荒い通販業界の様子伺える
stars通販業界もなかなかつらい
stars気楽な読み物だが、もう少し突っ込んでほしい
stars渾身のリポート

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■目次
序章 テレビ通販の雄
第1章 総合カタログ通販の現場
第2章 専門アパレル通販の現場
第3章 単分野通販の現場
第4章 テレビ・ラジオショッピングの現場
第5章 通販を支えるシステム
第6章 個人e商店の現場
第7章 百貨店通販の現場
終章 消費者にとっての通販
■内容(「BOOK」データベースより)
バブル以降一〇年以上の長期にわたる平成デフレ不況下で、唯一堅調なのが通販業界だ。本書は、通販業界がなぜ今それほどに躍進し続けるのか、伸びを可能にするビジネスモデルは何かを、綿密な企業取材によってあぶり出した渾身のリポートである。
■著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
鈴木 隆祐
1966年長野県軽井沢町生まれ。法政大学文学部日本文学科在学中より、月刊誌、週刊誌、ムック、CD‐ROMの編集、制作、著述を手がける。現在は、“ 学問の網”にかかりにくい小売や流通の現場に関心を払いつつ、分野にとらわれない執筆活動を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

posted by 課長007 at 13:29 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - 今時、満員の展示会があるなんて
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
gooリサーチモニターに登録!



キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。