2009年02月23日

日経[号外23日] SFCGが再生法申請、負債3000億円

まともに小口金融やってくれる起業家ってのは、現れないものでしょうか


SFCGが再生法申請、負債3000億円
 東証1部上場の商工ローン大手、SFCG(旧商工ファンド)は23日、東京地裁に民事再生法の適用を申請した。負債総額は約3000億円とみられる。1978年に創業し中小企業向け融資を手掛けたが、強引な債権回収方法が社会問題となり信用力が低下。融資先企業の経営悪化や金融危機の影響による資金調達難で経営が行き詰まった。

 同社は1978年に創業。中小企業向けの小口融資で業績を伸ばしたが、債務者への強引な取り立てに批判が集まり、大島健伸社長(当時)が国会から参考人招致されるなど社会問題化した。

 2002年に社名をSFCGに変更して信頼回復を目指したが、その後も利息制限法の上限を超える「過払い金」の返還や返済を巡るトラブルが相次いでいた。 (07:14)



だれも言わない“ニッポン版サブプライム問題” 〜中小企業、金策パニック:日経ビジネスオンライン 2008年11月20日
世界経済失速、米国発金融不安…。リスクに揺れる日本経済。
だがその足元では、もう1つの火種がくすぶり続けている。
それは、完全施行まで約1年半と迫った改正貸金業法。
多重債務者の救済を促す一方で、中小企業向け資金を凍りつかせた。
じわり広がる信用収縮が、今後の景気後退リスクとなる可能性も。
現場で何が起きているのか。



asahi.com(朝日新聞社):貸し渋り・貸しはがし急増 過去最多の相談件数 金融庁 - ビジネス 2009年2月23日
 金融庁が08年10〜12月に受け付けた貸し渋りや貸しはがしの相談件数は418件で、7〜9月より2倍近く増えて四半期で過去最多となった。08年通年でも814件と前年の6倍に急増している。年度末に向けてさらに増える可能性もあるとみて、中小企業への積極的な融資を金融機関に呼びかける方針だ。

 金融庁はサブプライムローン問題に端を発した経済危機を受けて、中小企業経営者らから貸し渋りなどの相談を受け付ける「金融円滑化ホットライン」を08年4月に設置。経済危機の深刻化に伴って相談件数は増加し、10〜12月には213件となった。

 ホットラインとは別に、金融庁の総合窓口である「金融サービス利用者相談室」にも、10〜12月に205件の相談が寄せられた。二つを合わせた件数は、貸し渋りが大きな問題となった02年10〜12月の357件を上回っている。



【関連エントリー】
- なぜクレジットカード会社の郵便物は開けにくいのか
- アメリカの金融危機でスターバックスが破綻?!
generated by 関連エントリーリストジェネレータ



過払い金を取り戻せ!!~キミにも簡単にできる、返しすぎた借金の奪還術 実録ドキュメント付き~ (SHUEISHA PB SERIES)
過払い金を取り戻せ!!~キミにも簡単にできる、返しすぎた借金の奪還術 実録ドキュメント付き~ (SHUEISHA PB SERIES)明石 昇二郎

集英社 2009-02-23
売り上げランキング : 57555


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■目次
第一章 「クレジットカード」編
第二章 「消費者金融」編
第三章 「過払い金奪還」番外編
第四章 戦いを終えて
■内容紹介
返しすぎた借金の取り戻し方、教えます!
グレーゾーン金利撤廃で、カード会社や消費者金融に返済し過ぎた金を取り戻せることに。
それを知った著者自らがこの「貧者の埋蔵金」=「過払い金」600万円を取り返した実録ドキュメント!



タグ:金融 景気 失敗
posted by 課長007 at 07:36 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - 日経[号外23日] SFCGが再生法申請、負債3000億円
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
gooリサーチモニターに登録!



キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。