2009年02月18日

CMO Conference 2009 Spring 2009-03-04(水)10:20@@六本木アカデミーヒルズ

課長007が行ける行けないに関わらず、勝手にピックアップしたイベント・セミナー情報をロギング。


CMO Conferece 2009/Spring
マーケティング・アカウンタビリティの実現
― CMO(マーケティング最高責任者)が実現する、社内革新・収益増加の戦略 ―

CMO Conference実行委員会では、来る2009年3月4日(水)、六本木アカデミーヒルズ49 タワーホールにてCMO/Marketingノウハウ共有の為の専門イベント「CMO Conference 2009/Spring」を開催いたします。
 90年代以降、インターネットの普及などにより、我々の社会活動の場に大きな広がりと変革がもたらされました。
それによりマーケティングの領域は加速度的に拡大し、当該部門の業務活動はこれまでの広告/広報活動中心の情報発信からデータを、どのように分析し、企業価値/ブランドの向上、販売促進のための「情報」として活用するかという情報戦略的なマーケティングへパラダイムの変革を遂げています。
 その他にもマーケティング活動を左右する要因は多岐にわたっており、経済状況/社会情勢など外部要素による消費者意識の変化など企業内外に散在する膨大なデータをナレッジとして蓄積/分析し、複雑に絡み合う複数の要因により起こされる事象の因果関係をどのように求め、いかに有効な「情報」としてマーケティング活動に活かすかが企業成長の鍵となっております。加え情報分析のインテリジェンスをどう高めるかが企業活動において重要となっております。
 そして、それらの多岐多様にわたる業務を横断的に統括するCMO(Chief Marketing Officer/最高マーケティング責任者)の役割が大きな注目を集めております。
 CMO/Marketingのイベントとして2006年に立ち上げました「CMO Conference」では、『CMO(マーケティング最高責任者)が実現する、社内革新・収益増加の戦略』をイベントの命題としております。そして4回目を迎える今回は『マーケティングアカウンタビリティの実現!』をテーマに先進企業での成功事例紹介、有識者による戦略ノウハウのご講演を通じ、的確な企業のマーケティング活動ために、上級マーケッターが今、何をすべきかをご紹介してまいります。
是非、皆様のご来場お待ちしております。

会期 2009年3月4日(水)10:20-17:30
会場 六本木アカデミーヒルズ49 タワーホール
主催 CMO Conference 実行委員会/株式会社IDGジャパン
来場対象者
CMO、CEO、CIO、COO、CFO、経営企画・経営戦略役員、広報、宣伝、IR、マーケティング関係役員および管理者、営業・企画担当役員、グローバル戦略担当役員および管理者、CSR担当役員、政府・自治体の企画戦略担当者など、管理職(担当)以上のポジションの方々
参加費 お一人様 25,000円(税込)/軽食付

詳細 CMO Conferece 2009/Spring

プログラム

開幕挨拶
Global Innovators, LLC 代表社員 参議院議員 松田 岩夫 氏

開幕基調講演
業容変革期におけるブランドマーケティングの実践
米国ポラロイド社 上席副社長/アジア・太平洋地域担当ゼネラルマネジャー
日本ポラロイド株式会社 代表取締役 伊藤 裕太 氏

[A12] スポンサー講演
インテリジェンスプラットフォームとしてのGoogleソリューションの活用
グーグル株式会社 マーケティング本部
執行役員マーケティング本部長 岩村 水樹 氏
*軽食をご用意しております。

[A13] 特別講演
マーケティング・アカウンタビリティの実現に向けた戦略と戦術
〜マーケティング施策の進捗と成果の見える化〜
株式会社アイ・ティ・アール
代表取締役/プリンシパル・アナリスト 内山 悟志 氏

[A14] スポンサー講演
いまマーケティングに求められる業務プロセスの構築
オムニチュア株式会社
代表 尾辻 マーカス 氏

[A15] 特別講演
マーケティング工学とマーケティングROI
慶應義塾大学 大学院 経営管理研究科 ビジネススクール
教授 Ph.D. 井上 哲浩 氏

[A16] パネルディスカッション
マーケティングアカウンタビリティの日本の現状と今後
<モデレーター>
CMOワールドワイド株式会社 代表取締役 加茂 純
<パネリスト>
日本コカ・コーラ株式会社
コミュニケーションプランニング&メディア統括部長 ベッシャー・アルセニ 氏
ネスレコンフェクショナリー株式会社 マーケティング統括部
統括部長 石橋 昌文 氏
日本電気株式会社 モバイルターミナル企画本部長 木村 裕一 氏






ヤフー、中核人材、相次ぎ退社─―百度の社長に検索トップ移籍 ビジネス-最新ニュース:IT-PLUS
 ネット検索で中国最大手、世界でも3位の百度(バイドゥ・ドット・コム)の日本法人が1日、ヤフーの検索事業部長だった井上俊一氏(39)が同日付で社長に就任したと発表した。百度には井上氏の下で「サーファー部長」を務めた関裕司氏がおり、元最高マーケティング責任者(CMO)の大羅淳司氏もソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)世界最大手マイスペースの日本語版運営会社社長に転出済み。日本のヤフーを支えた人材が相次いで流出している。

 井上氏は2004年にエキサイト最高技術責任者(CTO)から移籍。検索エンジン更新に積極的に参画し、日本語機能向上に中心的な役割を果たした。ヤフーが日本のネット検索でグーグルを抑えてトップを維持しているのも、同氏の貢献が大きいといわれる。[2008年8月4日/日経産業新聞]



企業変革の立役者たれ CMOの5つの役割:日経ビジネスオンライン 2008年12月24日
ブランドの重要性が認識されるにつれ、CMO(最高マーケティング責任者)が変わった。
企業の中にある縦割り組織が、強いブランド作りの足かせになっている。
トップに、ブランドの重要性をいかに理解させるか。
CMOが変革の担い手となれば、会社は変わる。



【関連エントリー】
- マーケターの存在価値が問われる
- TOCを営業プロセスにあてはめると
- CMOとは?
- ベネフィットとは?
- お客様第一なんて嘘つきは信用するな!
- セオドア・レビット(Theodore Levitt)
- 「レクサス」ってまだ“ブランド”じゃないよね?
- 次期CEOの選び方
- マーケティングの目的とは
- ポジショニングできていない時に販売チャネルを開拓する方法
- TOC流、生産管理のマーケティングとは
- CMO会議 企業を成長させるマーケティング戦略リーダー
- マーケターの仕事とは
- 成功するCMOの条件は「ESなくしてCSなし」を実践できること?
- 2009年はノンラインな顧客参加型マーケティングを実践する
- 遠くの親類より近くの他人となって、顧客のマインドシェアを高める
- 社長に必要な学問は経済学でも経営学でもなく哲学らしい件
generated by 関連エントリーリストジェネレータ



世界最強CMOのマーケティング 実学教室
世界最強CMOのマーケティング 実学教室ブラッドフォード・C・カーク

ダイヤモンド社 2006-08-25
売り上げランキング : 231898

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
CMO マーケティング最高責任者―グローバル市場に挑む戦略リーダーの役割 マーケティングROI マーケティングゲーム―世界的優良企業に学ぶ勝つための原則 (Best solution) 顧客投資マネジメント 顧客価値の可視化によるファイナンスとマーケティングの融合 (ウォートン経営戦略シリーズ) 利益を創出する統合マーケティング・マネジメント

■目次
1 マーケターに求められる3つの資質
2 消費者インサイトは、こうしてつかめ―マーケティングリサーチ
3 人を引きつける広告術をマスターする―広告クリエイティブ戦略
4 視聴率は額面どおりに受け取るな―媒体購入戦略
5 話題性と娯楽性、そしてタイミング―製品パブリシティ戦略
6 パワーリテーラーから目を離すな―小売流通戦略
7 成功する新製品を生み出す秘訣―新製品開発戦略
8 数字を味方につけろ―ブランド財務戦略
9 世界を目指すなら、ノンコア事業から撤退せよ―グローバル・マーケティング戦略
10 イノベーションこそ、企業の存在理由だ―マーケティングの未来
■ 商品の説明
世界最強CMOのマーケティング美学教室
英蘭ユニリーバ、米20世紀フォックスなどでマーケッターとして手腕を発揮してきたCMO(チーフ・マーケティング・オフィサー)が記すマーケティングの教科書。マーケティングリサーチの手法、広告術、広報戦略、流通戦略などを実践的に解説する。
マーケティングリサーチには、消費者インサイト(深層心理)の発見のために行う場合と、意思決定の根拠として使うために行う場合がある。マーケッターは目的や予算、時間的条件に応じて、行動調査、インタビュー、アンケートなどを組み合わせる。グループインタビューのような定性調査を行う時は、ベストの布陣で臨むことが重要。多くのインサイトはインタビュールームの裏側で得られるからだ。
広告は消費財マーケティング業務の正念場だとする。マーケッターは製品のカテゴリー、ブランドコンセプト、ブランドパーソナリティーを定義し、ブランドポジショニングを定めたうえで広告代理店と一緒にクリエーティブ戦略を構築する。自分の仕事を担当する人材の質、量を含め、すべての面で最高の環境を手に入れられるよう、自分自身とブランドを積極的に代理店に売り込むことも必要だと指摘する。
マーケティング現場で得たノウハウやテクニックの要素が詰まっている。
(日経ビジネス 2006/10/02 Copyrightc2001 日経BP企画..All rights reserved.)
■内容(「BOOK」データベースより)
ユニリーバ、ヘレンカーチス、20世紀フォックス、アンドリュー・ジャーゲンズなどで、長年世界の一流消費財企業でマーケティング責任者として手腕を振るってきたCMO(チーフ・マーケティング・オフィサー)が、米国マーケティングの最前線を勝ち抜いてきた知恵と、これまで明かされることのなかったテクニックを公開する。
■内容(「MARC」データベースより)
大事なのは戦略を立てることではない。いかにして実行するかだ! 辣腕CMOが、米国マーケティングの最前線を勝ち抜いてきた知恵と、これまで明かされることのなかった叩き上げのテクニックを公開する。
■著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
カーク,ブラッドフォード・C.
長年、ユニリーバ、ヘレンカーチス、20世紀フォックスなどの世界の一流消費財企業で第一線のマーケターとして手腕を振るった後、花王の米国子会社であるアンドリュー・ジャーゲンズのCMO(チーフ・マーケティング・オフィサー)を務めた。現在は、サロンヘアケアブランド、マーク・アンソニーの副社長として活躍中
田中 洋
法政大学大学院経営学研究科長・経営学部教授。(株)電通マーケティングディレクターなどを経て、1998年から現職。2003~04年度コロンビア大学大学院ビジネススクール客員研究員。法政大学経営学部と社会人ビジネススクール(夜間)で消費行動論を講じると同時に、多くの企業でマーケティングのアドバイザーと研修講師を務めている
山本 暎子
翻訳家。成蹊大学文学部英米文学科卒業。NECにて海外販売職として、北米市場向け通信機器の輸出販売事業に従事。その後、主に駐日大使館員やビジネスパースンに教える日本語教師を経て、チャールズ・イー・タトル出版、日本放送出版協会などで、英文書籍やノンフィクションを中心とした翻訳書の編集に携わる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)



posted by 課長007 at 20:25 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | イベント・セミナー情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - CMO Conference 2009 Spring 2009-03-04(水)10:20@@六本木アカデミーヒルズ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
gooリサーチモニターに登録!



キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。