2005年12月26日

絶対評価と相対評価

経営しかりマーケティングしかり、『顧客の視点』を踏まえつつ『自身の絶対評価』と『競合起業との相対評価』によって分析と戦略構築を行いますが...

3Cとは、顧客(Customer)、自社(Company)、競合(Competitor)のことを差します。

ただ『顧客の志向』や『競合起業との相対評価』と比べて、怪しいデータになりがちなのが『自身の絶対評価』だったりするんじゃないのかなと。

と思いつつ、そこは無理して定量化できずとも、『社是・社訓』や『ビジョン』など定性的だけれども価値観の共有に必要な『認めて欲しい姿』や『なりたい姿』が掲げられていればよしとしていいんじゃないでしょうか?トラッカーさん?ウェルチさん?






posted by 課長007 at 19:51 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - 絶対評価と相対評価
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
gooリサーチモニターに登録!



キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。