2005年12月13日

マイクロ・マネジメント(極小管理)の戒め

以前記した『ManagementとAdministration』(活用と管理)や『管理!管理!と騒ぐなかれ』に続く第三弾!?として、だいぶ前に閲覧した賢人のコラムと書籍をご紹介。

AllAbout『上司が“ダメな部下”を創り出している』

あなたは本当に部下に信頼されていますか? - CIO Online

Micromanagement - Wikipedia, the free encyclopedia


「部下など育成できるはずがなく、育成されているのは上司だ!」
とのたまい、嬉々として上司いじめ(upward)にいそしむ小生の思考は正しいということか???(爆)


よい上司ほど部下をダメにする
よい上司ほど部下をダメにするジャン=フランソワ マンゾーニ ジャン=ルイ バルスー Jean‐Francois Manzoni

おすすめ平均
stars部下の育成に行き詰まりを感じている方、一読を
starsタイトルにひかれたが…
stars折り合いの悪い上司をもった方のために
starsそれぞれの立場から客観的に考えることができます

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



P.S.スティーブ・ジョブズ/徒然健康日誌さんを発見!!
〜〜〜億万長者になった今でもスティーブ・ジョブズは細かいこと、つまりマイクロマネージメントをするそうです。普通なら社長ならそこまでやらんだろーというでしょうが、そのマイクロマネージメントが今のアップルのDNAを形作り、完全なものとしたといっても過言ではないかと思います。
たとえ、そのマイクロマネージメントが、理にかなっていなくなくても、相手を説得させる話術というかプレゼン力、そして結果としてそれが概ね間違っていなかったことが、スティーブ・ジョブズのスゴさだと思います。〜〜〜



ここまでいけば誉められるんですね。(爆)


スティーブ・ジョブズ-偶像復活スティーブ・ジョブズ-偶像復活
ジェフリー・S・ヤング ウィリアム・L・サイモン 井口 耕二

東洋経済新報社 2005-11-05
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


スティーブ・ジョブズの再臨―世界を求めた男の失脚、挫折、そして復活
スティーブ・ジョブズの再臨―世界を求めた男の失脚、挫折、そして復活アラン デウッチマン Alan Deutschman 大谷 和利

毎日コミュニケーションズ 2001-02
売り上げランキング : 11,629

おすすめ平均 star
starシリコンバレーの人物関係が明らかに!!
star大谷氏の翻訳に感謝!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



P.S.できれば穏やかに暮らしたい - あの上司はなぜあなたに干渉したがるのかを発見!

〜〜〜
筆者はマイクロマネジメントの代表的な例を5つを挙げています。
1.部下の話を聞かず、自分のことしか考えない。
2.時間の使い方をあれこれ指図する。
3.自分の仕事のやり方を押し付ける。
4.部下の権限を奪い、すべて自分で決めようとする。
5.無意味な監視と報告で、部下を縛り付ける。
〜〜〜

1〜4はただの横暴と言えなくもありませんが、5はまさしく“マイクロ”な感じがしますね。
自戒自戒自戒自戒自戒自戒自戒自戒自戒自戒


あの上司はなぜあなたに干渉したがるのか―口出し人間、押しつけ上司とのつき合い方あの上司はなぜあなたに干渉したがるのか―口出し人間、押しつけ上司とのつき合い方
ハリー・E. チェンバーズ Harry E. Chambers 真喜志 順子

日本文芸社 2005-07
売り上げランキング : 281,070

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



P.S.堀江貴文の転職相談Blog:4/30(土): 従業員、アルバイトを含め4人とともに...

廃盤必須記事だと思うので、全文引用させていただきます。m(_ _)m

〜〜〜〜

0_Question.gif
4/30(土): 従業員、アルバイトを含め4人とともに頑張っています。
が、当店は個人の実力主義でなっていましたが、3ヶ月ほど新規事業の方へ行って社長(もう1人いる。)に後を任せて帰ってきたら・・・最悪最悪!!!
皆、自分が居ないと会社は成り立たないって思い出して、有頂天?になっているじゃないですか!
社員に事情を1人1人聞いていくと、私がいない間、任せた社長が何かあったら社員に責任転換し、成功は自分のおかげだろって・・報告、連絡、相談はその社長で全て止まった状態だったらしく、皆さんおかんむりで、統制するのに半年かかりました。
トホホ・・・・任せる人間間違えてしまって大変でした。
でもそんな人間って全て知っていないと不安らしく、知ってたら言ってはいけない事でも調子に乗って喋るし大変な日々を送っております。
最近教訓っていうか、原理って何か分からなくなってきました。
アドバイスを下さい。初心にかえって考えたいです。

0_Answer.gif
マイクロマネージメントが必要な局面とそうでない局面があるようですが、
一から事業を立ち上げている社長やマネージャーはマイクロマネージメント
(細かいことにまでいちいち口を出しまくるマネージメント)でもいいようですが、
後からマネージャーになった人は、ほとんど任せた系のマネージメントのほうがうまくいくようですね。
口を出さずに我慢するタイプのほうがいいようです。
後は兄貴分肌でも、冷徹数字しかみないタイプでもどっちでもうまくいくとおもいます。

〜〜〜〜

実体験に根ざした(?)率直なご意見、さすがです!!


「僕は死なない」
「僕は死なない」堀江 貴文

おすすめ平均
stars広島買っちゃえ!
stars堀江の本質
stars「球界参入」を普通の事のように思わせてくれる不思議な本
stars既成の体制に新たな風を吹き込む時代の風雲児ホリエモンこと堀江 貴文のメッセージ
starsチャレンジ精神が最後に芽生える本だと思います

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


posted by 課長007 at 11:42 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - マイクロ・マネジメント(極小管理)の戒め
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11423290
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
gooリサーチモニターに登録!



キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録