2009年02月12日

Googleが顕在化させてくれたPayPerPost論争に、も少し「情報リテラシー」の観点を盛り込んで欲しい件

ちょいとGoogleさん、『創業10年』を経た途端に、『このサイトはコンピュータに損害を与える可能性があります。』が起きたと思ったら、社長交代のあった日本法人でも欧米系には珍しい『謝罪表明』があったり、事故が続いてますね。

GoogleのPayPerPost騒動の議論に思うこと : tokuriki.com
今話題になっているGoogle JapanのPayPerPostキャンペーン活用騒動について自分の意見をメモしておきたいと思います。
(毎度のことですが長文注意です)

〜中略〜

 ちなみに、この議論に対する私自身の立ち位置をあらかじめ開示しておくと。
 個人的には過去に「これからは、やらせブログは規制の対象に?」という記事で言及しているように、いわゆるPayPerPost系サービスについて良い印象を持っていないのは事実です。



さすが tokuriki.com は、まとまっててわかりやすい。

 ちなみに、この議論に対する課長007の立ち位置をあらかじめ開示しておくと、

「報酬を得たらちゃんと納税しろよ」といった程度の印象です。^^;

っと、それじゃあまりにもアレなので、本件のような事象に対して感じている問題意識は、

読者サイドの情報リテラシー教育=何らかの報酬が発生している記事かどうかを類推するスキル育成というのが本質的な課題と捉えてます。

例えば、リテラシーの低い人がこの論争を見てちょっと拡大解釈してしまえば、「金貰って書いてるライター稼業(書いたら謝礼貰えちゃった人を含む)」や「アフィリエイター」はすべて魔女狩りの対象になるでしょう。

また、広告・PR業界には『ペイドパブ』なんてものがあるし、常日頃からマス媒体の関係者と懇意にしておいて『リーク』するなんてことも常態化してますから、もし公正取引委員会がやたらと潔癖症で性悪説な思想を持つ官僚の集団だったら、吊し上げ食らう人は何十万人!てなことになるかもしれません…。

まぁ、そこまではないにしても、

「金を払ってるとか貰ってるとか」といった情報提供者・発信者側のモラルとかマナーとかルールなんてものは、言ってしまえば宗教観のようなものなんでしょうから、「んなもんを統制しようとすることに労力を割くなんてことは田舎の官僚にでもやらせとけ。」みたいな感じです。

昨日の記事、『人は意外に合理的だが、実はそれほど理性的ではない』に引っ掛けるなら、

ネット上で『アドセンス狩り』とかやってる暇な人とか、『ネット乞食』とかって品のないこと言っちゃう人たちともども、

ネット住民ってヤツはムダに理性的だが割と合理的ではない

みたいな感じでしょうか?


って、↓いまさら『お犬様』かよ?




追記:

最近仕事してきてる。|六本木で働いていた元社長のアメブロ
■[話題]グーグル、プロモーションで謝罪--抵触したサーチガイドラインとは

まあ、たしかにGoogleほどの大手が、この手のプロモーションをやるのは、大人気ない気もするけど、そんなに犯罪者みたいな扱いしなくともいいだろうに。それだけGoogleは大きくなりすぎて、世間の嫉妬をかっているのだと思うけど、だからといってモラル的には微妙だけど、違法でもないものをこういう書き方をすると、また当局が狙う標的にをつくるようなもので。


↑なんか近い…


social web rambling PayPerPost(やらせブログ記事)利用でGoogle Japanにお灸
2/10午後2時、Google Japanは馬場康次(シニアマーケティングマネージャー)名で、「Google のサーチに関するガイドラインに違反することが判明し、このプロモーションに関しては中止しました」と平謝り。

最初のポストから30時間でケリが着いたのはさすがに早かった。しかしGoogle Japanサイトのページランクは9から5に急降下。どうやらMattの怒りの鉄槌は身内にも容赦なく下るらしい。くわばら。


↑『ペイジランク』でお願いします。^^;



【関連エントリー】
- 日本・国民の三大義務−1−
- 情報セキュリティとは?
- クロスメディアの前にメディアリテラシー?
- Web2.0で創る『みんながちょっとづつ頭がよくなる世界』
- 【Web2.0】『知の集積』のはずが『無知の連鎖』
- 仕事とは
- 知は、現場にある
- マーケティングの目的とは
- 正直者は“MGM”で着実に稼いでおけ
- ミクシィ 儲ける で検索した結果
- 洞察力と予測精度
- おバカは品格ブームへのアンチテーゼなのか?
- 働くニホン
- ビジョンがシンクロする時
- メガブランドの次にくるもの?
- リーマンブロガーズの掟11カ条
- ネットがオトナのメディアになっていく
- iPhone 3G 論争という名のクチコミマーケティング
- ネットワークビジネスとは
- なぜIT業界のエンジニアはタコツボから抜け出せないのか?
- コンプライアンス不況を助長するのは、「情報リテラシー」と「ITリテラシー」が区別できない人?
- はてな取締役であるという立場を離れて言う
- IT・ネット・ケータイがあぶり出した人
- ネット・ケータイ依存を助長するR25のような中堅メディアが興味深い
- なぜ、newsingのブランドカラーは“赤”なのか?
- ネット上で「マスゴミ」とかって発信する人々が何を言いたいのかよくわからない件
- クチコミマーケティングを会議室で傍観する人々
- 『「高齢者はパソコンが苦手」はウソ』はウソ?
- 家でやろう
- このサイトはコンピュータに損害を与える可能性があります。
- 品格とは、どれだけピュアでい続けられるか
generated by 関連エントリーリストジェネレータ



品格バカが多すぎる (ヴィレッジブックス新書)
品格バカが多すぎる (ヴィレッジブックス新書)島村 洋子

ヴィレッジブックス 2008-12-26
売り上げランキング : 67098

おすすめ平均 star
star新書のテーマとしてはちょっと
starスカッとしてなるほど0!の気持ち良さ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■目次
1 やりすぎバカ―「品格をもちたい」と思うばかり、イタイことになってます(必死の形相でアンチエイジングするのはおよしなさい―若作りは往生際が悪い
謙そんしすぎは、威張っているよりタチが悪い―金持ちに、庶民の気持ちはわからない。美人に、ブスの気持ちはわからない ほか)
2 かんちがいバカ―その品格、なんか間違ってませんか?(ブランド物を身につけても、品は簡単に身につかず―ロバはブランド物を着ても馬にはなれない
高級ファッションで、中身も高級に…とはいかないのが現実なり―デザイナーズ・ブランドだってしょせん吊るしです ほか)
3 ゆるすぎバカ―こんなこともわからないなら、品格語る資格なし!(「領収書を切っておごる男は出世しない」の法則―え、それも経費?セコくてケチは信用できない
他人の不幸話は誰だって耳をふさぐ―自己主張より客観性 ほか)
4 ひねくれバカ―それで品格あるつもり?品格は自分で作るもの(「みんなも言ってた」って、文句を言いたいのは結局自分でしょ?―誰かの名前を出してトラブルに巻きこむ人には要注意
せっかく親切なのに、恩着せがましい人―したほうもされたほうも、さらっといけば品よくおさまる ほか)
■内容(「BOOK」データベースより)
他人の品格をとやかく言うのは、はっきり言って下品です。努力して身につくものではないのだから、悪あがきはやめればいい。身近なおバカぶりを軽快に切ってみれば、自分なりの「品格」を探すヒントが見えてくる。
■著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
島村 洋子
1964年大阪市生まれ。1985年に「独楽」で第6回コバルト・ノベル大賞を受賞し作家デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

posted by 課長007 at 22:02 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - Googleが顕在化させてくれたPayPerPost論争に、も少し「情報リテラシー」の観点を盛り込んで欲しい件
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
gooリサーチモニターに登録!



キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録