2009年02月10日

不景気のおかげでリーマンのメタボ人口が減るんじゃないか?

mixiに開設した『リーマン・ブロガーズ』コミュニティは、残念ながら参加者が規定に足らず、知らない間に閉鎖されておりました。_| ̄|○

そんな哀しいお知らせに添えて、侘しいニュースを掲載しておきます。

J-CASTニュース : 不況下のリーマンランチ事情 自分で作る「弁当男子」増殖中 2009/2/ 8
この不況のあおりを受けて、ランチはお弁当というサラリーマンが増えている。オフィスに弁当を持参する独身サラリーマンは「弁当男子」と呼ばれ、現在、増殖中だとか。料理を作ることが好きだという男性が増えたのも一因だ。弁当箱の売り上げも好調だそうだ。



奥様やお子様にかけるお金は維持されるが、お父ちゃんのお小遣いは真っ先にカット。

これが“オス”の定めなのでしょう。





前年同月割れを繰り返す百貨店業界も、化粧品売り場は堅調だそうで...


総合/倹約に勝つ 花王・資生堂 「価値」しっかり、売上高堅調 - FujiSankei Business i./Bloomberg GLOBAL FINANCE
 赤字転落、大幅減産、要員削減…企業業績の急落を伝えるニュースが連日流れる中で、底力を発揮する企業がある。花王と資生堂という日用品と化粧品の国内最大手2社が29日、2008年4〜12月期決算を発表。両社とも09年3月期は減収減益見通しだが、需要は底堅く推移しており、他業種に比べると落ち込み幅は軽微といえる。節約志向が高まる個人消費だが、ニーズをとらえた商品は売れるという内需の底堅さを示したともいえそうだ。



苦しい思いしてダイエットせずとも、ランチ抜きならバッチリ痩せられますよ。と。


正月太りを解消してすっきりダイエット!:日経ビジネスオンライン
 年末年始に増えてしまった体重を落とすべく、ダイエットを意識しているビジネスパーソンは少なくないはず。毎年この時期には、「○○を食べて一気に痩せよう!」といったダイエットが流行するが、「発掘!あるある大事典II」のデータ捏造問題が発覚してからというもの、この手のダイエットはほとんど見かけなくなった。



【関連エントリー】
- 未来予測:親会社がセブン&アイに買収される日
- 「人食い・共食い」カニバリゼーション(cannibalization)とは
- マーケティングと同様に“量より質”
- ESが下がるとCS も下がるぜ
- メタボリックなヘビースモーカー
- 欲望産業2.0?
- 何年ぶりだろう?
- 何かはやっているが、動きそのものが本気にはなっていない
- 成熟社会ってこんなものか?
- 築地とは
- カップ麺とおにぎりはセットで食え
- 関西はトッピング文化?
- もったいないからリデュース・リサイクル・リユース
- 「守る」が価値...08年上期・日経MJヒット商品番付
- 文化がなければ街じゃない
- Macのアイスコーヒーは確かに美味い
- マック?マクド?で菓子パン
- マーケティング・コンサルタントの思考プロセスを解剖する
- アメリカの金融危機でスターバックスが破綻?!
- 不景気・不況期に威力を発揮するのはシンプルさ?
- 東京駅の駅ナカ「GRANSTA」のインフレぶりが気になる件
- JALの社長は年収960万円で都バス通勤
generated by 関連エントリーリストジェネレータ



↓タマにはDVDでも見てみるか...いや、やはり節約だな。( θ_Jθ)

R246 STORY ユースケ・サンタマリア 監督作品 「弁当夫婦」 [DVD]
R246 STORY ユースケ・サンタマリア 監督作品 「弁当夫婦」 [DVD]ユースケ・サンタマリア, 永作博美, ユースケ・サンタマリア

ポニーキャニオン 2009-04-15
売り上げランキング : 4040


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■内容紹介
同棲し、長く一緒にいることで全ての日常が当たり前になっている、とある男女。幸せのような、マンネリのような…。女は毎日腕を振るってお弁当をつくり、二人はランチを一緒に食べることを日課していた。
◆永作博美とユースケ・サンタマリアが好演! 気丈な女と繊細でナイーブな男の一風変わった愛の物語。
[内容解説]
朝も早くから、腕をふるって弁当を作る女(永作博美)。後から起きて、あまり会話を交わさない男(ユースケ・サンタマリア)。2人はともに37歳。長年、同棲生活を続けていることで、一緒にいることが、ごくごくあたりまえになっていた。お互いに結婚を望んでもいるが、完全にタイミングを逸している状態だ。「じゃ、後ほど」と言いながら、女は男より早く出勤する。
女はR246沿いのビルにあるギャラリーに勤務し、男はそこから見える路上で移動式カフェ“金魚屋コーヒー”を経営している。
昼休み。近くの公園のベンチで、いつものように女は男が来るのを待ち、男がやってくると一緒にお手製の弁当を食べる。そして、「じゃ、後ほど」と言いながら、女は男より早く職場に戻る。毎日、同じことの繰り返し。慣れとともに、以前より少なくなっていく、日々のコミュニケーション。
ある日の午前、女が“金魚屋カフェ”にやってきた。「ちょっと話をしよう」と言いながら…。
[特殊内容/特典]
【映像特典】メイキング・インタビュー・「6人の監督公開初日のドキュメンタリー」
[スタッフキャスト]
キャスト
永作博美
ユースケ・サンタマリア
スタッフ
監督: ユースケ・サンタマリア
脚本: ユースケ・サンタマリア/岡田 俊平
エンディングテーマ曲: 『慰安旅行』(KAKUBARHYTHM2008)/SAKEROCK
プロデューサー: 豊田健雄
廣瀬雄
(C)2008「R246 STORY」フィルムパートナーズ
■内容(「Oricon」データベースより)
個性溢れる6人のクリエイターが各々独自のストーリーを創作していく企画「R246 STORY」をDVD化。同棲し、長く一緒にいることで全ての日常が当たり前になっている、とある男女。女は毎日腕を振るってお弁当をつくり、二人はランチを一緒に食べることを日課していたが…。

posted by 課長007 at 19:55 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - 不景気のおかげでリーマンのメタボ人口が減るんじゃないか?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
gooリサーチモニターに登録!



キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録