2009年02月08日

内定取り消し=経営破綻という与信管理を学生側が身につけなければならない時代

日本綜合地所の内定取り消し:補償金100万円で解決 42万円から増額 − 毎日jp(毎日新聞) 2009年2月3日
 マンション分譲などを手がける「日本綜合地所」(本社・東京都港区)が大学生53人の内定を取り消した問題で、学生3人が加入し交渉をしていた全国一般東京東部労組(岸本町雄委員長)は2日、同社と協定書を締結し問題が解決したことを明らかにした。

 労組によると、協定書で会社側は「精神的負担を含め多大な迷惑をかけることとなり、誠に申し訳ない」と学生に改めて謝罪した。その上で、補償金100万円と解決金の支払いで合意した。補償金は当初42万円が提示されたが、交渉で100万円まで増額され、組合員以外の学生にも同額が支払われた。


3日後に、こうなりました。

asahi.com(朝日新聞社):内定取り消しの日本綜合地所が破綻、学生の心中は複雑 - 就活関連ニュース - 就活朝日 - 就職・転職 2009年2月6日
 日本綜合地所から内定を取り消された男子学生(23)は5日、大学内で友人から破綻(はたん)のニュースを知らされた。「やっぱり。そうなってもおかしくないとは思っていた」

 昨年12月の会社側の説明会では社長が直接頭を下げて謝罪をしたが、「自分たちの言い訳ばかり」で誠意は感じられなかった。今でも同社が扱う物件は好きだし、魅力も感じている。だが、「正直、こういう体質の企業には生き残ってほしくないと思った」。

 会社側は内定を取り消した学生全員に補償金100万円を支払い終えたとしている。「内定を取り消されずにこの時期になって破綻して放り出されるよりは、補償金も払ってもらえてまだマシだったと思うしかない」

 この男子学生は現在も就職活動を続けているが、進路は大学に残る可能性も含めて検討中だ。



ほんの1年前には『部下手当て』で話題になっていたんですけどね。




これからの時代、学生の就職活動にも『与信管理』という視点が必須になるのでしょうかね...


与信管理とは - リスクモンスター株式会社
与信とは文字通り「信用を供与すること」です。信用取引においては将来販売代金を現金にて回収できるかどうかは確実ではなく、常に回収できないかもしれないという不確実性をもっています。それゆえに、与信は管理を必要とし、与信管理を通じて販売代金の回収の確実性を高めていくことは企業経営の重要な課題なのです。
ここで与信管理とは、

1. 経営管理システムのなかの重要なサブシステムの一つである
2. 販売管理と財務管理をつなぐ管理システムである
3. 与信管理は債権管理と得意先管理を併せ持たなければならない
4. 牽制抑制する社内ルールであり、自律的な活動である
5. 管理する組織や制度の継続的対応および整備である
6. 全社員にリスクマインドを理解させ、浸透させる継続的な啓蒙、教育

の特徴を含んでおり、与信管理をするプロセスは、以下のようになります。



こんなサイトもオープンしたようです。

企業の給与情報・採用情報・財務情報を検索 - 企業情報サイト[COPO]
企業の基本情報からそこで働く社員の本音までわかる、企業情報サイトです。
契約パートナーからの提供や有価証券報告書、インディビジョン独自の統計データを基に様々な情報をわかりやすくまとめました。
就職活動などに是非ご活用ください。



【関連エントリー】
- 吾唯足るを知る
- 取引したい企業・会社
- 転職したくない会社
- 06年版労働経済白書から新たなビジネスは生まれるか?
- “安心”は普遍の絶対優位キーワード?
- 達成すると喪失する
- 就職したい会社ランキング
- アントレプレナーとは
- 社員旅行2.0
- 組織が健全ならコーチングなんていらない?
- 法人と個人
- 社会人の基礎力とは
- 働くニホン
- 「人事」と書いて「ひとごと」と読む
- 失敗とは
- 世界を救う部下手当とは
- 学生と社会人の違い
- マネジャーが癒されるたった一つの方法
- ニッポンの「課長」が危ない!?
- リーマンブロガーにチャンスが訪れやすい3つの理由
- NIPPON VISION ナガオカケンメイ
- 子どもに質問しよう。
- 私服じゃないのよビジネスカジュアルは
- 価格競争力維持のために労働生産性を下げる愚策
- 労働経済白書 ニュースのことば
- 優秀と有能、ときどき高学歴就職難民
- 企業の目的とは存在意義を発揮し続けることだと確信した
- リクルーティングもマーケティングも、ロイヤリティよりエンゲージメントでブランドエクイティ増大
- 学生症候群とは夏休みの宿題を最終日まで残しておくこと
- 少子化の根本原因は「忙しい」?
- 今の日本の「貧困」は、言葉のイメージからは遠くないかい? Blog Action Day 08 - Poverty(貧困)
- フリーター ニュースのことば
- 「危機」という字は「危険」と「機会」の2字から成っている
- 雇用対策は、労働生産性や食料自給率などの国際競争力向上に寄与する施策を
generated by 関連エントリーリストジェネレータ



会社は毎日つぶれている (日経プレミアシリーズ)
会社は毎日つぶれている (日経プレミアシリーズ)西村 英俊


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■目次
社長は会社を、ブッシュは合衆国をつぶす
なぜ、人員整理を一番先にしようとするのか
弱い部分を取り除くのは社長の仕事
相手は世界、国内視線では勝てっこない
意思決定を遅くする水田稲作文化
社長は会社で一番の危険人物だ
辛抱、辛抱、相手の言葉でわかるまで
持っていますか?自分の時間と自分の言葉
とっさの判断で会社の浮沈が決まる
騒がれる前にまず自ら発表を
社長の一斉号令が会社を傾ける
法律の上位にある倫理とモラル
社長は嫌なことから先にやろう
辞め時を間違ってはいけません
使いきっていますか、社外取締役
そして今日も会社はつぶれている
■内容(「BOOK」データベースより)
会社経営は常在戦場、毎日毎日が非常時だ。どんなに斬新なビジネスモデルも少しずつ陳腐化し、トップの小さな油断は、会社の膨大なリスクとなってはね返ってくる。六千億円もの不良資産を抱えた大手商社を再建した著者が語る、双日初代社長としての心構えと矜持。
■著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
西村 英俊
1942年福岡市生まれ。九州大卒、65年日商(日商岩井の前身)入社、取締役、常務を経て2002年6月から社長。日商岩井とニチメンが04年4月に持ち株会社を設立して経営統合した双日の共同最高経営責任者(CEO)に就任。05年6月新経営計画がまとまり、目処をつけた上で経営責任を取り辞任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

タグ:与信 雇用
posted by 課長007 at 15:19 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - 内定取り消し=経営破綻という与信管理を学生側が身につけなければならない時代
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
gooリサーチモニターに登録!



キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録