2009年02月06日

品格とは、どれだけピュアでい続けられるか

ということではないか?

「知ったかぶり」

これが一番醜い?

気をつけねば


【関連エントリー】
- 日本・国民の三大義務−2−
- 地味な“変化”でも“進化”できるのか?
- シンプルだけどチープじゃない
- メッセージの伝え方
- おバカは品格ブームへのアンチテーゼなのか?
- 働くニホン
- メガブランドの次にくるもの?
- やさしくしよう 無印良品
- 毎日新聞は新聞協会の会長職とか辞任させられるんだろうな
- iPhoneだけでなくスマートフォンに足りない(?)ガラパゴスな“おもてなし”機能
- 不景気・不況期に威力を発揮するのはシンプルさ?
- 失われた30年で、古きよき日本が甦る?
- “普通”であることより“独自”であることを大事にする文化・風土
- 家でやろう
generated by 関連エントリーリストジェネレータ



「頭のいい人」はシンプルに生きる―「快適生活」の方法
「頭のいい人」はシンプルに生きる―「快適生活」の方法渡部 昇一

おすすめ平均
stars著者の言葉に迷いがない。良書です
starsシンプルに生きたい
starsタイトルに惑わされないでね
stars自分らしく生きることを目指そう
stars勉強になった本

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■目次
1 「いい人生」を生きるための約束事
2 簡単にできる「心の鍛え方」
3 無駄なエネルギーは使わない
4 「自分は自分」と賢く割り切る
5 もっと「動ける人」になる
6 生きるのが断然ラクになる「現実」とのつき合い方
7 人生で成功する人の「いい習慣」
■内容紹介
本書は、小社より刊行した単行本『どう生きるか自分の人生!』を再編集の上、改題したものです。
■内容(「BOOK」データベースより)
あなたは、いまの生き方で、五年後、十年後、自信をもって「この人生でよかった!」と言い切れるだろうか。心から満足できるだろうか。あなたはいつも、「いい意味で自分本位」に考え、行動しているだろうか。「自分のために生きる」のは、決して利己的なことではない。徹底的に自分のために生きてこそ、他人への思いやりも生まれる。これは、自分の運命の糸は自分であやつり、自分の生き方を大事にしている人が口にしない「常識」なのだ。この本には、自分を大切にし、これからの人生を「快適に生きる」ための、少し過激すぎるほどの処方箋が書かれている。
■内容(「MARC」データベースより)
あなたは、いまの生き方で、5年後、10年後、自信をもって「この人生でよかった!」と言い切れるだろうか。自分を大切にし、これからの人生を「快適に生きる」ための処方箋を収録する。
■著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ダイアー,ウエイン・W.
1940年に生まれる。心理学博士。マズローの「自己実現」の心理学をさらに発展させた、「個人」の生き方重視の意識革命を提唱、新個人主義の旗手として世界的に評価され、ベストセラーとなった。世界各国で大ベストセラーとなった『自分のための人生』『小さな自分で一生を終わるな!』『自分の中に奇跡を起こす!』『「いいこと」が次々起こる心の魔法』『ダイアー博士のスピリチュアル・ライフ』など多くの名著を生み出し、常に注目を集めている
渡部 昇一
上智大学名誉教授。深い学識と鋭い評論で知られる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

タグ:品格
posted by 課長007 at 08:44 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - 品格とは、どれだけピュアでい続けられるか
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
gooリサーチモニターに登録!



キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録