2009年01月29日

日経[号外29日]FRB、長期国債買い入れの用意

打ち手はいろいろあるもんなんだ


FRB、長期国債買い入れの用意
【ワシントン=米山雄介】米連邦準備理事会(FRB)は28日開いた米連邦公開市場委員会(FOMC)で、市場への資金供給量を増やす「信用緩和」の一環として、長期国債の買い入れを前向きに検討する方針を決めた。フェデラルファンド(FF)金利の誘導目標は現行の年0.0―0.25%で据え置き。事実上のゼロ金利政策を当面、継続する方針をあらためて示した。






【関連エントリー】
- 消費全般の不況ではなく、ローン商材不況なんじゃないか?
- 遠くの親類より近くの他人となって、顧客のマインドシェアを高める
- 雇用対策は、労働生産性や食料自給率などの国際競争力向上に寄与する施策を
- 不景気だ!不況だ!と言っても、好調な企業は好調なわけで
- 昨日と明日のあいだには今日が連なる未来がある
- マス広告の破綻振りが顕著な年末年始
- 「危機」という字は「危険」と「機会」の2字から成っている
- 加速する一方の東京一極集中を後退させることが内需振興という政策の第一歩
- 旅行・観光業界が相当お困りな様子
- デフレ!デフレ!って、価格軸しか競争戦略がないということ?
- 世界共通言語は“貨幣”が担う
- 郵政民営化の次は、農協民営化が総選挙の争点になる?
- 失われた30年で、古きよき日本が甦る?
- コンプライアンス不況を助長するのは、「情報リテラシー」と「ITリテラシー」が区別できない人?
- フリーター ニュースのことば
- バラエティーよりバラエティーな朝まで生テレビのキャスティング
- 不景気・不況期に威力を発揮するのはシンプルさ?
- 金融危機の解決法 by 冨山和彦氏
- リーマン・ブラザーズ死すともリーマン・ブロガーズは死なず?
- リスクマネジメントとは正しい数字をトレンドとして見ておくということ 
- アメリカの金融危機でスターバックスが破綻?!
- インフレ ニュースのことば
- 日本でオリンピックを!
- 価格競争力維持のために労働生産性を下げる愚策
- ベンチャー企業の経営危機データベース
- 金融崩壊?
- 日本銀行創業の地
- 景気回復?格差社会?
- いざなぎ景気を超えたリストラ景気
- 06年版労働経済白書から新たなビジネスは生まれるか?
- ただ変えるのではなく足すんですな?
generated by 関連エントリーリストジェネレータ



日本人が知らない恐るべき真実 〜マネーがわかれば世界がわかる〜(晋遊舎新書 001) (晋遊舎新書)
日本人が知らない恐るべき真実 〜マネーがわかれば世界がわかる〜(晋遊舎新書 001) (晋遊舎新書)安部 芳裕

おすすめ平均
stars素晴らしい内容・・・世界中で読んで欲しい本
stars金融資本に翻弄される世界からの脱却への道筋を指し示す希望の書!
stars今後の行動指針となる本
stars義務教育で教えるべき内容
starsお金の流れが社会を描く

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■目次
はじめに
第1章 日本国破産今そこにある危機
* 日本は既に財政破綻している!?
* 国債を買い支える金融機関
* 日本は官制経済国家
* どうしてこんなことに−財政史からみる財政破綻の原因−
* 国家破産の方程式
* IMFは日本を救えるか!?
* 出口なし!
* 驚くほど簡単な財政破綻回避策−発想を転換しよう−
第2章 グローバリゼーションはユートピアを実現するか?
* 広がる経済格差
* 植民地支配の歴史
* 第二の植民地政策−債務という鎖による支配−
* マネーゲームの功罪
* ODAは途上国のためのものか?
* グローバリゼーション推進者の正体
* 国際通貨基金(IMF)
* 世界銀行
* 世界貿易機関(WTO)
* 世界を「売り物」にする多国籍企業−企業という名の精神病質者−
第3章 国際金融資本に支配される世界
* 国際金融資本に支配される世界
* 迫害から生まれた金融システム
* 世界最大の金融財閥ロスチャイルド一族
* 世界最強の通貨「ドル」の力
* 外国資本が所有する米国中央銀行FRB
*“無”から創造されるお金
第4章 お金の秘密
* お金の秘密
* お金の歴史
* お金のシステムがもたらす問題
* 利子の問題点
* 強制される経済成長
* 広がる経済格差
* 効率化という名の「どん底に向けての競争」
* 移動する資本
* 銀行を通した地方から中央へのお金の転移
第5章 もうひとつのお金は可能だ
* もうひとつの「お金」は可能だ!
* 日本は土地本位制
* 日本の景気対策が効かない理由
* もうひとつのお金“地域通貨”
* 忘れられた経済学者シルビオ・ゲゼル
* 自由貨幣理論
* ヴェルグルの労働証明書
* 財担保通貨「コンスタンツ」
* 労働証明書=地域通貨=政府貨幣=減価公債?
* お金を民主化する
* 交易には財担保通貨を
* インフレにはならないのか?
* 消費の拡大による環境破壊は起きないのか?
* 法律は誰のためのもの
* 新しい貨幣システムを実現しよう!
* 補完通貨としての地域通貨
* 陽経済と陰経済
* あとがきにかえて−もうひとつのお金がつくる、もうひとつの世界−
■内容紹介
迫り来る世界経済の崩壊をどう乗り越えるべきか!?
◎あなたが知らない“恐るべき真実”がここにある。
・日本の財政は既に破綻している
・グローバリゼーションの行きつく先は地獄
・むさぼるだけのギャンブル投機マネーはいずれ崩壊する
・無から創造されるお金=ロスチャイルドの詐術
・もうひとつのお金は世界を救う
■内容(「BOOK」データベースより)
『金融のしくみは全部ロスチャイルドが作った』(徳間書店)の著者・安部芳裕の原点である話題のブログを遂に待望の書籍化。迫り来る世界経済の崩壊をどう乗り越えるべきか。
■著者について
●安部芳裕(あべ よしひろ)
環境問題の根幹にあるのは経済システムの問題だとの認識からオルタナティブ(代替的)なお金である地域通貨に希望を見出す。1999年に地域通貨グループ「レインボーリング」を立ち上げる。講演や体験型ワークショップを全国の自治体・商店街・商工会・大学・NPO・NGOなどで数多く行ない、その実践もサポート。
著書には『だれでもわかる地域通貨入門』『なるほど地域通貨ナビ』『ボクらの街のボクらのお金』『金融のしくみは全部ロスチャイルドが作った』などがある。
2007年4月からネット上で「反ロスチャイルド同盟」を立ち上げる。豊富な資料を揃え、マス・メディアが伝えない情報を発信している。
■著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
安部 芳裕
環境問題の根幹にあるのは経済システムの問題だとの認識からオルタナティブなお金である地域通貨に希望を見出す。1999年に地域通貨グループ「レインボーリング」を立ち上げる。講演や体験型ワークショップを全国の自治体・商店街・商工会・大学・NPO・NGOなどで数多く行ない、その実践もサポート。 2007年4月からネット上で「反ロスチャイルド同盟」を立ち上げる。豊富な資料を揃え、マス・メディアが伝えない情報を発信している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)



posted by 課長007 at 07:01 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - 日経[号外29日]FRB、長期国債買い入れの用意
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
gooリサーチモニターに登録!



キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。