2009年01月28日

もし世界が、R50な100人のオッサンだらけなオフ会だったら

・真冬なのに蒸し暑い
・結構ビール党(ビン)
・揚げ物よりお新香
・なぜか皆、よく声が通る
・思ったほど喫煙者がいない
・案の定、会社のメールは印刷してから手書きコメントを秘書が代打ち
・実は、ご自慢だったご子息が派遣切り・雇い止め?
・どっちかっつうと政治ネタはキライ
・だからなのかロジック好き
・でも雷族


なんか、シニア・ターゲティングのヒントと実例がてんこ盛りだったわけですが…


どうやら、そう遠くない将来、彼らを前にしてプレゼンしなければいけないようです。


ま、

自分より一回り上の世代で、1,000億円企業の社長OBで相談役とかがウヨウヨいようと、所詮うちのオヤジよりは年下である。

ははっ


昔は“ジジイ殺し”とか言われたんだけどなぁー


こんなサイト見つけました。※007、パクられた?(笑)

シニア向けコミュニティサイト【STAGE ステージ】「50歳未満お断り」
50歳未満お断り!のシニア向けコミュニティサイト。旅行、食、エンターテイメントなどの充実したコンテンツとともに、シニアのブログも多数開設され、コミュニティも盛り上がっています。



【関連エントリー】
- マーケティングとは?
- 穴八幡宮・一陽来復
- 表参道ヒルズ
- プレゼンテーション力強化!?
- BCP/BCM・コンプライアンス
- 情緒不安定の負けず嫌い
- ケータイ依存してますか?
- プロとアマチュア
- 中年下流
- 行列のできる会社作り
- 夏祭りにみるコミュニティ形成の課題
- ミドルの学びを支援する
- 元同僚を引っ張るということ
- なぜ休日に銀座でゴルフするのか
- なぜ課長が世界を救うのか?
- リーマンブロガーズの掟11カ条
- モラルというかプライドというか
- 酒井譲さんがオランダのプレゼンテーションを上手に見せてくれたので、あたらしい戦略の理解が深まった件
- 実体経済というかオッサン市場は
- いいクルマが好きだ。男ですから。
- カノッサ「秋の特別講習」を受講して、R40なバブル世代を自覚した件
- 失われた30年で、古きよき日本が甦る?
- 新築マンション購入時に“世田谷区”のような郊外ブランドを信じてはいけない
- 桑名正博といえば、課長007的には「夜の海」なんだが
- 元気な会社とは?
- アラフォーとは、ただ単に年齢の幅を示しているだけなのか?
- 人間は何のために生まれてくるのか?
- R25.jpもリニューアルだったようだが落ちてる件
- ネット・ケータイ依存を助長するR25のような中堅メディアが興味深い
- アラフォーとは何ぞや?って人が多いぞ!2008流行語大賞
- 『「高齢者はパソコンが苦手」はウソ』はウソ?
- 人材育成とは、見える化・わかる化・できる化の3ステップ
generated by 関連エントリーリストジェネレータ



世界がもし100人の村だったら 完結編
世界がもし100人の村だったら 完結編池田 香代子 マガジンハウス

おすすめ平均
starsベストセラーの底力
stars『100村』に社会起業家登場、しまりのある「完結編」でした
stars良質の教科書
stars希望がみえた
starsはじまり

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■目次
世界がもし100人の村だったら 完結編 <本編>2015年までに世界はどうよくするのか? 「国連ミレニアム開発目標」8つの目標2025年までに世界を変える――ジェフリー・サックス(NY)インタビュー
A Story of Tuoi at Hanoi in Vietnam 文/池田香代子 協力/国連人口基金
世界を変える人びとCHANGEMAKER10 渡邊奈々(NY在住写真家)
Good News 世界はもう変わり始めている
■内容紹介
「100村」が発刊されて7年。この間、世界の動向も地球温暖化、新興国の台頭など、よりグローバルかつ多極的な様相が顕著になってきた。本書は、国連の 2015年をターゲットにした「開発目標」(全地球レベルのさまざまな改革計画)を含んだ、未来にむけた「100村」完結編。本文デザインはイラストでなくテーマにふさわしい世界の写真を添え、イメージを大幅刷新。
本編の内容も「進む都市化」「若者の失業」「地球温暖化」「二酸化炭素」「再生可能エネルギー」「災害」など、新規項目で構成。未来予測も随所に加え、「2015年までに世界はなにをなすべきか」解説。また「世界を変える人びと」「グッド・ニュース」など、希望に満ちた持続的社会のための活動を報告するコラムも充実。 シリーズ160万部の「100村」はついに完結! 「現代の民話」から、希望ある未来にむけたノンフィクションになった!
■内容(「BOOK」データベースより)
160万部のミリオンセラー、ついに完結!写真50点により、よりリアルな全面改訂版。
■著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
池田 香代子
1948年東京生まれ。ドイツ文学翻訳家。口承文芸研究家。再話をてがけた『世界がもし100人の村だったら』がミリオンセラーとなってから、NGOや難民申請者の支援活動を。世界平和アピール七人委員会メンバー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)



posted by 課長007 at 23:14 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - もし世界が、R50な100人のオッサンだらけなオフ会だったら
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
gooリサーチモニターに登録!



キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。