2009年01月27日

消費全般の不況ではなく、ローン商材不況なんじゃないか?

どうも、「100年に一度の危機」っていうキャッチフレーズがウソくさく思えてきた。

昔からある、アメリカの陰謀に踊らされる日本って図式ですね。


「苦しい!苦しい!」とアピールを続ける住宅も自動車も電機も、そもそもがボーナス一括払いを含むローン商材じゃないですか?

それって、商品力によって市場のパイを広げるのではなく、同じパイの中で金融テクニックによって需要の先喰いしてきただけなんだから、自業自得とか自滅とかってことなんじゃないか?

小売不況・外食不況にしたって、苦しんでるのはクレジットカード払いの比率がそこそこ高い業態に偏っているように見受けられますぞ。

コンビニもファストフードも、立ち食いそばも牛丼屋も、今日の『カンブリア宮殿』でピックアップされていた『餃子の王将』も、クレジットカードが使われているシーンなんてほとんど目にしませんよね?
※そもそもクレジットカードが使えるのか?

現金主義の人にとってみれば、きっと「何が起きてるの?」って感じなんじゃないでしょうか?


100年に一度の危機とは、誰にとっての、何の危機なのか?

IQが下がる一方に見受けられるメディアの空気に流されることなく、冷静に対処・対応・スルーしなければいけないのでしょうね。


「現場に、炎を起こせ!〜 不況に克つ 繁盛術 〜」 カンブリア宮殿:テレビ東京
ゲスト 大東隆行(おおひがし・たかゆき)氏(王将フードサービス社長)
世界同時不況のあおりを受け、2009年は外食産業の不振が鮮明になっている。
その中で、常に行列のできる外食チェーンがある。
「餃子の王将」。
中華料理チェーンの最大手だ。

この「餃子の王将」を運営するのが、大東が率いる王将フードサービスだ。
09年3月期の売上高は528億円、経常利益は54億3900万円と、
いずれも過去最高を見込む。



YouTube - 餃子の王将



景気後退 - Wikipedia
景気後退(けいきこうたい)とは、景気循環の局面のうち、景気が下降している状態を言う。英語Recession (リセッション)の訳語であるが、景気循環の考え方によって、局面の分割について拡張局面と後退局面の2局面に分ける考え方と、回復、好況、後退、不況の4局面に分割する考え方があり、このうち4局面に分割する考え方では後退・不況の二つをRecessionとする場合と、後退のみをRecessionとする場合がある。本項では、後退・不況の二つをRecessionとする立場で記述する。

概要
景気後退とは、上述の通り景気が下降している状態を言う。より状態が悪いものを不況(不景気)と言い、一般的にはこちらのほうが馴染み深い用語である。さらに深刻な状態にあることを恐慌と言う。

景気後退の定義は考え方によって様々であるが、日本の場合は景気動向指数のディフュージョン・インデックス(DI)を見て判断するのが一般的である。(DIが50%を割るのが景気後退の目安。)その他、以下のような定義がある。



【関連エントリー】
- Google@カンブリア宮殿
- ホテルは公器だ
- 諭せない上司と砂糖みたいな部下
- よその社長はいいこと言うなぁスペシャル
- おばあちゃんがマーケティングやってる
- 企業の目的とは存在意義を発揮し続けることだと確信した
- キッザニアのない社会がいい社会
- 人間は何のために生まれてくるのか?
- 雇用対策は、労働生産性や食料自給率などの国際競争力向上に寄与する施策を
- BSE問題
- 何年ぶりだろう?
- Macのアイスコーヒーは確かに美味い
- マック?マクド?で菓子パン
- 不景気・不況期に威力を発揮するのはシンプルさ?
- 牛丼激戦区? 吉野家 vs 松屋
- 牛丼くいてぇー!
- 不景気だ!不況だ!と言っても、好調な企業は好調なわけで
generated by 関連エントリーリストジェネレータ



マンガ 餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか?
マンガ 餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか?武井 宏文

おすすめ平均
starsまあ、読め。そして小説版へ
stars先輩から教えてもらうよりも良い。
stars不覚にもぐっときた
stars「儲かる」って意味分かります?
stars原本に忠実な内容:二冊とも衝動買いしてしまいました

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■目次
突然の社長就任
会計はだまし絵、隠し絵だ―会計の本質と損益計算書のしくみ
現金製造機の効率を上げよ―バランスシートを理解する
大トロはなぜ儲からないか?―キャッシュフロー経営とは何か
テストの見直しをしない子は成績が悪い―経営計画と月次決算のPDCAサイクル
餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか?―利益構造と損益分岐点分析
シャネルはなぜ高い?―見えない現金製造機とコーポレートブランド経営
整形美人にご用心―粉飾決算の見破り方
殺風景な工場ほど儲かっている―原価管理と活動基準原価計算
決断 進むか、退くか―機会損失と意思決定
シャーロックホームズの目と子動力を持て!―異常点に着眼し、原因を究明する
会計のトリックに騙されるな!―逆粉飾を見破る
■内容紹介
27万部突破!会計本のベストセラーがマンガになった!父親の遺言によりアパレル会社「ハンナ」社長に就任した由紀。ところが、父親から引き継いだ会社は、借金まみれの泥舟だったことが判明。困り果てた由紀は、会社再建のため謎のコンサルタント安曇教授に助けを求めた。素人社長由紀が、会計と経営を学び会社を再生させるビジネスストーリー。
■内容(「BOOK」データベースより)
あの会計本のベストセラーがマンガになった!決算書のしくみ、キャッシュフロー経営のポイント、これだけは知っておきたい会計の基礎知識がマンガでわかる。
■著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
武井 宏文
青森県生まれ。1996年『週刊ヤングマガジン』(講談社)にて「インカンピタント」でデビュー
林 總
公認会計士、税理士、LEC会計大学院教授(管理会計事例)、日本原価計算学会会員、株式会社林總アソシエイツ代表取締役。1974年中央大学商学部会計科卒業。外資系会計事務所、監査法人勤務を経て独立。経営コンサルティング、一般会計および管理会計システムの設計・導入活動、講演活動などを行っている (本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

posted by 課長007 at 00:37 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - 消費全般の不況ではなく、ローン商材不況なんじゃないか?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
gooリサーチモニターに登録!



キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。