2009年01月08日

漢字と空気、読めないとイタイのはどっち?

今、『日本に生まれてよかったなランキング』に回答するなら、

「漢字とカナを駆使したビョーなコミュニケーション術によるワビサビの国」

とでも答えましょうかね。

試しに、タイトルそのまんまのアンケートでも作ってみるか








【関連エントリー】
- 5月のトップワード:「空気が読めない」!
- 日経[号外]1日 福田首相が辞任表明へ
- 自民党総裁選を斬る ~空気読めない候補者は去れ~
- 1位・小池、2位・石破、3位・与謝野、麻生と石原は...
- 日経[号外]22日 自民、総裁に麻生氏を選出
- 日経[号外]24日 衆院本会議、麻生氏を首相に指名
- 少子化の根本原因は「忙しい」?
- バラエティーよりバラエティーな朝まで生テレビのキャスティング
- 定額給付金バブルはありえるのか?
generated by 関連エントリーリストジェネレータ



DNAでたどる日本人10万年の旅―多様なヒト・言語・文化はどこから来たのか?
DNAでたどる日本人10万年の旅―多様なヒト・言語・文化はどこから来たのか?崎谷 満

昭和堂 2008-01
売り上げランキング : 43413

おすすめ平均 star
star日本列島への人類の多様な移動ルートを推定
star日本人のルーツと同時に未来への指針を求める
starDNA研究・考古学・言語学の知見を統合して日本人の歩みを再現

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■目次
第1章 日本列島におけるDNA多様性の貴重さ(日本列島における多様なヒト集団の共存
出アフリカ三大グループが日本列島へ移動してきたルート
日本列島では維持できた高いDNA多様性)
第2章 多様な文明・文化の日本列島への流入(旧石器時代における北方系基層文化
新石器時代における技術革新―土器、漁撈、農耕
古代における長江文明と黄河文明の影響
多様な文化の流入とそのルーツ)
第3章 日本列島における言語の多様な姿(日本列島の諸言語
日本列島諸語の成立のモデル)
第4章 日本列島における多様な民族・文化の共存(アイヌ民族の貴重さ
琉球民族の特異な位置
九州・四国・本州における多様な文化の共存)
第5章 多様性喪失の圧力に対して(多様性喪失の要因
日本列島における多様性維持の意義)
■内容(「BOOK」データベースより)
DNA多型分析・考古学・言語学の知見を統合して人類の歴史を再現。
■著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
崎谷 満
CCC研究所所長。1954年生まれ。京都大学大学院博士課程修了、医学博士。専門は分子生物学、血液学(成人T細胞白血病ウイルス研究)であったが、長崎大学、京都大学での研究を経て、1997年にCCC研究所所長に就任してからは、分子生物学(DNA多型分析)を中心においたヒト集団や文化、言語の多様性の科学的解明という、理系・文系という枠を超えた幅広い学際研究に進んでいる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)



posted by 課長007 at 08:14 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - 漢字と空気、読めないとイタイのはどっち?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
gooリサーチモニターに登録!



キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。