2008年12月27日

忘年会とは

忘年会とは、その年にあった事を忘れるため

ではなく、

その年の出来事を忘れないために、記憶に残しておくためのイベントなんだな

と、ようやくこの年齢になって実感できましたよ

プロジェクトのマイルストーンってやつが、人生における節目であるように、キリのいいタイミングを設けるために、暦という文化のありがたみを感じた次第


某投資家との忘年会の帰り道に、はじめての乗車機会となった『臨海副都心線・大井町駅』にて

臨海副都心線・大井町駅


忘年会 - Wikipedia
忘年会(ぼうねんかい)とは、組織や集団が一年の終わりにその一年間を振り返り、その間の苦労をねぎらい、忘れると共に新たな一年に向けて気持ちを新たにするために行われる年中行事である。成人が大半を占める組織や集団では、酒を酌み交わす宴会の形で行われることが多く、居酒屋や宴会場などでは新年会と並んで大きな需要を喚起する契機となる。

忘年会の歴史
日本の忘年会の歴史は鎌倉時代[要出典]もしくは室町時代[1]に始まったと言われていて、和歌を詠むなど静かで厳かな内容だったとされている。江戸時代には、特権階級の人々の中で一年の憂さを晴らす行事になった[1]。

近代の忘年会がお祭りムードに変化したのは明治時代からで、無礼講などのキャッチフレーズで広まった[1]。






忘年会の二次会はカラオケボックスで声優になりきる!?|これが気になる!|ダイヤモンド・オンライン 2008年12月15日
 忘年会シーズンまっさかり。二次会のカラオケでのオハコは、アニメソングという方もいらっしゃるだろう。主題歌を歌いながらアニメの世界にどっぷりと入り込んでしまう、そんな方に新たな陶酔を提供してくれるサービスが、登場した。その名も、「アフレコ!」。そう、声優になりきって、「演じる」ことのできるカラオケ専用コンテンツだ。

あ!本社@大阪の忘年会で、『夜の海』唄うの忘れた!!


【19】宴会が憂うつです 初めての課長に3人のコーチがアドバイス:NBonline(日経ビジネス オンライン) 2008年12月17日
忘年会の季節が近づいてきましたが、宴会が憂うつです。部長と部下の間に挟まれて気を遣わなくてはならないし、中学受験の子供がいるのに遅く帰宅するのは家族に評判が悪いので早く帰らなければとも思います。どうしたらよいでしょうか。



【関連エントリー】
- 忘年会もすでに4回目
- 「天下りあっ旋全廃に反対したらもう自民党には票を投じない」バトン
- 課長007の2006年とは
- 課長007の選んだアルファブロガー
- 社員旅行2.0
- インターナル・マーケティングが決する優勝劣敗とは
- 老若男女が集う場所
- 築地だから魚はあった
generated by 関連エントリーリストジェネレータ



忘年会 (文春新書)
忘年会 (文春新書)園田 英弘

文藝春秋 2006-11
売り上げランキング : 333539

おすすめ平均 star
starなぜ日本人は、忘年会に精を出し顔を出しお金を出すのか?

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■目次
第1章 江戸時代の忘年会―その多元的起源
第2章 近代忘年会の成立
第3章 近代忘年会の拡散
第4章 大衆忘年会の時代
第5章 海を越えた忘年会
第6章 忘年会の現在
■内容(「BOOK」データベースより)
忘年会が始まったのはいつか?世界に忘年会は存在するか?身近だが正体不明な「宴会」の歴史的起源と変遷を辿り、世界史内での位置づけを探る。忘年会を本格的に論じた、初めての本。
■内容(「MARC」データベースより)
忘年会が始まったのはいつか? 世界に忘年会は存在するか? 身近だが正体不明な「宴会」の歴史的起源と変遷を辿り、世界史内での位置づけを探る。忘年会を本格的に論じた、初めての本。年末トリビア満載!
■著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
園田 英弘
1947年福岡県生まれ。京都大学教育学部卒業、東京大学大学院教育学研究科博士課程中退。国立民族学博物館助教授、国際日本文化研究センター助教授を経て、同センター教授。博士(人間科学)。専攻は社会史、比較社会学。『西洋化の構造―黒船・武士・国家』(思文閣出版)でサントリー学芸賞を受ける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


posted by 課長007 at 22:07 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - 忘年会とは
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/111803363
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
gooリサーチモニターに登録!



キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録