2008年12月06日

牛丼くいてぇー!

定額給付金』より『牛丼』給付の方が、世論のウケがいいんじゃないかと思った。

吉野家 師走のくいてぇー!祭
吉野家 師走のくいてぇー!祭

↑こちらのサイトにあったCM動画を、↓YouTubeに掲載させていただきました。

YouTube - 吉野家 師走のくいてぇー!祭 CM動画


がんばってください!

吉野家HD、8月中間期業績を訂正=純損失5億円強に 時事ドットコム 2008/11/25
 吉野家ホールディングスは25日、2008年8月中間期業績の一部を訂正すると発表した。子会社京樽のファミリーレストラン事業撤退に伴う減損損失5億4300万円や、京樽子会社で発生した不適切会計処理による損失9300万円などを後発事象として計上するためで、連結純損失は5億6900万円(修正前2億1100万円)となる。



BSEのニュース、↓遠い昔のように感じますね。




【関連エントリー】
- 牛丼激戦区? 吉野家 vs 松屋
- 何年ぶりだろう?
- BSE問題
generated by 関連エントリーリストジェネレータ



吉野家 安部修仁 逆境の経営学
吉野家 安部修仁 逆境の経営学戸田 顕司

日経BP社 2007-03
売り上げランキング : 120911

おすすめ平均 star
star「勇気」「決断」
star安部修仁の強さの本質
star吉野家の成功の秘密が理解できます。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■目次
第1講 リスクマネジメント―待つ心が一番の敵
第2講 リーダーシップ―上位者視点で考える
第3講 プライシング―値頃感は数で決まる
第4講 モチベーション―5%の社員が決める
第5講 ブランディング―変えてはならないものがある
第6講 マーチャンダイジング―はやり廃りを超える
第7講 コミュニケーション―言葉は増幅して伝わる
第8講 ファイナンス―キャッシュが一番の拠り所
第9講 M&A(企業の合併・買収)―時価総額経営と一線を画す
第10講 フィロソフィー―言葉の定義あっての理念
特別講 マッキンゼー・アンド・カンパニー―危機を危機としないために
■要旨
リスクマネジメント、リーダーシップ、プライシング…現場で磨き上げたMBA講座全10講。
■著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
戸田 顕司
1968年11月兵庫県生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業。91年、日経BP社に入り、日経ベンチャー、日経ロジスティクス、日経パソコンを経て、現在、日経ビジネス記者。流通業を中心に、取材・執筆している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)



posted by 課長007 at 17:11 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - 牛丼くいてぇー!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

リーダーシップ
Excerpt: 万有縁力—出会いのexperimentalism麻木久仁子の数霊 対人面ではリーダーシップをとりたいと望む人ですが、わがままで思いやりに欠ける面を改めないとうまくいきません。第3..
Weblog: キャリアカウンセリングで人生を変える
Tracked: 2008-12-10 10:02
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
gooリサーチモニターに登録!



キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。