2008年12月05日

旅行・観光業界が相当お困りな様子

[日経 号外]で、『電機業界』『石油業界』の経営統合ニュースが報じられましたが、グローバルで先行する航空業界の再編に付随して、我が国の旅行・観光業界もキナ臭い匂いがします。




最近、ホテルからのプッシュメールがやたらと増えていませんか?

当ブログでも『ホスピタリティとは』なんてエントリーの検索訪問者が増えていたりしますが、そんな現象からは「新規集客より既存客の掘り起こしやリピート促進」というROIの王道回帰?なんてことを想像してしまいます。

そう

みんな、不況・不景気で困ったり悩んだりすると、原点回帰するもんなんだ。

なぜそれをもっと早い段階から、できれば好況・好景気の時に定常化してなかったんだ?と、後悔を繰り返すものなんですね、人間ってやつは。


挙げ句の果てに、そこで打ち出してくるのがプッシュメールですか?

「困った時だけ媚びへつらってアプローチされても、別にあなたとは特別な関係じゃなかったじゃない?」

受け手としては、こんな印象ですかね。


既存客・過去客向けのリテンション・マーケティング

大事なんですよねぇー

「釣った魚にエサをやる」
そう言うと語弊はありますが、男女の恋愛シーンでもよく聞くフレーズですよね。

どうせ空き室で稼動率下げてるだけなんでしょうから、過去客を未来客につなげるような↓こんなオファーはいただけないものでしょうか?


不景気を吹き飛ばす特別企画!
「三世代の家族連れ10組を、年末限定・二泊三日(朝食付き)のご招待!!」
〜冬休みの宿題は、おじいさま・おばあさまと一緒に年内に片付けちゃおう!!〜



いかがでしょう?(((・・;)


旅行会社のクロスセル戦略―勝ち組になりたければ“旅以外”を売れ!
旅行会社のクロスセル戦略―勝ち組になりたければ“旅以外”を売れ!安田 亘宏

おすすめ平均
stars示唆に富んだ一冊
stars客単価UPの新しい公式を発見
stars旅行業マネジメントの必携書
stars来年のために☆

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■目次
第1章 旅行会社の商品・サービス
第2章 旅行関連商品の名称と歴史
第3章 旅行関連商品の種類と特徴
第4章 旅行関連商品の販売理由
第5章 旅行関連商品の販売戦略
第6章 旅行前準備のための関連商品
第7章 旅行中に必要な関連商品
第8章 旅行を購入するための関連商品
第9章 旅行前後に便利な関連商品
第10章 旅行と関連しない関連商品
第11章 これからの旅行関連商品
■要旨
ご一緒にポテトはいかがですか?厳しい状況下にある旅行業界で生き残るためのヒントはこのフレーズに隠されている。旅行会社はもっと儲かる。
■著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
安田 亘宏
1953年東京に生まれる。77年、青山学院大学経済学部卒業、同年(株)日本交通公社(現JTB)に入社。支店で旅行営業、添乗業務を経験後、CI・宣伝課長、営業本部販売課長、TRS営業部長、企画開発部長などを歴任。その間、グループ会社数社へ販促責任者として出向。一貫して広告宣伝・マーケティング、商品・事業開発を担当。88年、JTBのCI導入・ブランディングを担当、01年サッカーくじ「toto」の立上げに宣伝販促責任者として参画。旅行積立「たびたびバンク」、旅行総合保険「トラベル365」、海外両替カード「グローバルキャッシュ」など旅行関連商品の開発、専門特化型旅行会社の設立などに携わる。06年4月より(株)ジェイ・アイ・シー旅の販促研究所執行役員所長。日本観光研究学会会員、日本創造学会会員、日本旅行作家協会会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

posted by 課長007 at 00:49 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - 旅行・観光業界が相当お困りな様子
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
gooリサーチモニターに登録!



キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。