2008年12月04日

日経[号外]4日 欧州中銀、政策金利を0.75%引き下げ

やる時はやる
徹底してるなぁー


欧州中銀、政策金利を0.75%引き下げ
 【ブリュッセル=赤川省吾】欧州中央銀行(ECB)は4日にブリュッセルで理事会を開き、政策金利を引き下げることを決めた。下げ幅は0.75%。最重要の市場調節金利は年3.25%から年2.5%になる。インフレ懸念が大幅に後退したと判断した。




【関連エントリー】
- 日経[号外]6日 欧州中銀0.5%利下げ、政策金利年3.25%に 2008年11月06日
- 日経[号外]16日 日経平均、大幅安 1万2000円割り込む 2008年09月16日
- 日経[号外]22日その4? フェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を緊急に0.75%引き下げ  2008年01月23日
- 日経[号外]23日 日銀、利上げ見送りを決定  2007年08月23日
- 日経[号外]利上げ決定 日銀、0.25%の利上げ決定・8対1、7カ月ぶり 2007年02月21日
- 郵政民営化の次は、農協民営化が総選挙の争点になる?
- 失われた30年で、古きよき日本が甦る?
- コンプライアンス不況を助長するのは、「情報リテラシー」と「ITリテラシー」が区別できない人?
- 不景気・不況期に威力を発揮するのはシンプルさ?
generated by 関連エントリーリストジェネレータ



通貨の興亡―円、ドル、ユーロ、人民元の行方
通貨の興亡―円、ドル、ユーロ、人民元の行方黒田 東彦

おすすめ平均
starsよい本なのですが・・・
starsドル体制が揺らぐ今、通貨の攻防に価値あり
starsエピソード豊富な通貨のドラマと今後の展望:東アジア共通通貨の勧め
stars通貨の歴史

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■目次
第1章 円と、ドル、ユーロ、人民元に、いま何が起こっているのか
第2章 ポンドの興隆と凋落
第3章 ドルの時代とその行方
第4章 ヨーロッパ統合から、ついにユーロの誕生へ
第5章 東アジア共通通貨の必要性
第6章 世界共通通貨は誕生するか
■MARCデータベースより
ドル暴落はあるのか、ユーロはどこまで値上がりするか、人民元はどう改革されるのか。ユーロの歴史から「アジア通貨」への道も探る。
■出版社 / 著者からの内容紹介
ドル暴落は起こるか?ユーロはドルに代替できるのか?人民元はどう改革されるか?これらの問いに、歴史を振り返りながら答え、同時に、円を中核としたアジア通貨創設への道を探る。
■著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
黒田 東彦
アジア開発銀行総裁。1944年福岡県生まれ。67年東京大学法学部卒業。同年大蔵省(現、財務省)入省。71年イギリス・オックスフォード大学経済学修士。75~78年国際通貨基金、87年国際金融局国際機構課長、92年副財務官、94年国際金融局審議官、95年国際金融局次長、96年財政金融研究所長、97年国際金融局長などを経て、99年から2003年まで財務官。同年内閣官房参与、一橋大学大学院経済研究科教授。2005年2月より現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)



タグ:景気 金利 金融
posted by 課長007 at 22:07 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - 日経[号外]4日 欧州中銀、政策金利を0.75%引き下げ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
gooリサーチモニターに登録!



キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。