2008年11月26日

日経[号外]11月26日 FRB、最大8000億ドルの金融対策発表

なんか日本だけ、お年玉みたいな定額給付金ってのは哀しいですね


FRB、最大8000億ドルの金融対策発表
 【ニューヨーク=藤井一明】米連邦準備理事会(FRB)は25日、個人向けの信用収縮を和らげるのを目的に、最大で8000億ドル(約77兆円)に上る新たな金融対策を発表した。ローンを裏付けに発行した証券化商品を買い入れるのが柱。





【関連エントリー】
- 日経[号外]17日 NY連銀、AIGに9兆円融資 FRBが発表 : 課長 ...
- 日経[号外]24日 円、一時1ドル=90円台に急上昇 13年2カ月ぶりの ...
- 郵政民営化の次は、農協民営化が総選挙の争点になる?
- 失われた30年で、古きよき日本が甦る?
- コンプライアンス不況を助長するのは、「情報リテラシー」と「ITリテラシー」が区別できない人?
- 不景気・不況期に威力を発揮するのはシンプルさ?
generated by 関連エントリーリストジェネレータ



サブプライムを売った男の告白―欲とペテンと無知!
サブプライムを売った男の告白―欲とペテンと無知!金森 重樹 金井 真弓

ダイヤモンド社 2008-07-04
売り上げランキング : 8489

おすすめ平均 star
star意外と真面目な本
star人生を豊かにする参考に
starリアルナニワ金融道〜低所得者向け住宅ローン編〜

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■目次:
第1章 転換点
第2章 サブプライムローンというビジネス
第3章 ブローカー:モーゲージ・ファイナンスの弱点
第4章 ローン借り入れのための芸術的な手口
第5章 ウォール街と格付け機関:最悪の強欲者たち
第6章 断片をひとつにまとめる
第7章 再び軌道に乗る
■要旨:
サブプライム業界に最前線で関わってしまったレンダー(貸付業者)の懺悔と糾弾。
■内容紹介
米国史上最悪のバブル崩壊はこうして起こった! 業界インサイダーからのリアルな報告。
今や世界の金融資本市場を根底から揺るがしかねない危機とされるサブプライム問題は、08年いっぱいは新聞紙上をにぎわすだろう。その発端となった米国の住宅ローン業界で
身をもってそのトンデモなさを体験した著者による告白と告発の書である。サブプライム問題についての米国人による現場からの報告としては、日本で最初の翻訳出版であり、実際に携わった者ならではのリアリティと驚きの実態、09年以降も広がるであろう影響の大きさに引き込まれる。起こったことのレポートだけでなく、その原因の追究、さらに解決方法の提案まで、サブプライムローンのレンダー(貸し手)だった立場から、分かりやすく語る。日米の不動産市場に通じた金森重樹氏の監訳と解説により、日米の事情の違い、さらには不動産投資家へのヒントが示されている。
【監訳者・金森重樹氏からのコメント】
1980 年代後半のアメリカのS&L危機、1990年以降の日本のバブル崩壊、そして2007年のサブプライム危機。歴史は、何度でも場所を変え、手法を変え、違った顔を持ったバブルが蘇り、そして崩壊することを示しています。実物不動産は基本的には買いから入るものなので、上げ相場では誰でもがその波に乗りさえすれば特別な知識なくして儲かります。
問題は、下げ相場でいかにしてビジネスチャンスを見出していくかです。本書の真価は、単に米国住宅市場の動向、金融環境を知るための本ということにあるのではありません。そのような目的であれば、既に日本の経済評論家が複数の書籍を出しております。真に価値があるのは、本書が「サブプライムローンの融資現場での融資基準とその抜け穴、不正の手口を融資担当者が語っているというまさに生の現場の状況をレポートする部分」にあります。
本書には、サブプライムローンのために人生が一変した人たちが何人もでてきますが、特定の融資環境の変化があるときに、そこには莫大な富を獲得できるチャンスが転がっています。
じゃあ、このサブプライム問題に端を発する下げの局面でいかにして儲けるか。
そのカギは、不動産の持つ収益力に着目することと考えます。不動産が下落することは何も悪いことばかりではありません。不動産が下落しても、賃料は不動産の価値のようには下落しません。それは、不動産においては、一定期間の契約による賃貸借が通常であるため、賃料の下落に遅効性があるからです。ですから、不動産の下落局面では物件価格の下落が進むのに比較して賃料は相対的には下落せず、利回りはどんどん上昇していくわけです。この下げの局面で儲けられるかどうかは、現場の融資審査の裏側、人々の熱狂あるいはパニックのパターンを学んでいるかどうかで大きな差がつきます。サブプライムローンの担当者であった著者が語る、融資現場でのやりとりはこの点について非常に多くのヒントを僕らに提供してくれます。
もし日本でこれと同じことが起こったときに、どのようにして儲ければいいかを想像しながら読んでみてください。
■著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ビトナー,リチャード
コーネル大学とノーザン・アリゾナ大学で学位を取得後、GEキャピタルやGMAC(ゼネラルモーターズの金融子会社)で住宅金融の仕事に9年間携わった後、2000年9月にサブプライムローン会社、ケルナー・モーゲージ・インヴェスツメント社をテキサス州ダラスに設立、取締役を務める。2005年末に事業の悪化からサブプライム業界を離れ、住宅ローン業界に関する執筆・講演活動を始める。現在は出版とコミュニケーション関連事業の会社、LTVメディアの代表取締役
金森 重樹
東京大学法学部卒。不動産投資顧問業の株式会社金森実業社長。億単位の資産形成のサポートをしている会員組織「通販大家さん」を運営し、年間200億円以上の一棟物収益マンションを会員に仲介している。現在はホテル再生投資も行う。発行するメルマガ「回天の力学」は読者30万人以上でマーケティング業界でも著名
金井 真弓
税理士事務所、損害保険会社などで勤務後、フリーの訳者として独立(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)



posted by 課長007 at 01:28 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - 日経[号外]11月26日 FRB、最大8000億ドルの金融対策発表
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
gooリサーチモニターに登録!



キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。