2008年11月25日

ネット・ケータイ依存を助長するR25のような中堅メディアが興味深い

マスターベーションな『サイトリニューアル』が失敗したのに事欠いて、なんかまだポジショニングが定まっていない様子に、我が国のケータイメディアのトライ&エラーが垣間見えてる空気がいとおかし。


【関連エントリー】
- 依存関係と信頼関係 : 課長ほど素敵なショーバイはない!?
- ケータイ依存してますか? : 課長ほど素敵なショーバイはない!?
- ヒット商品に依存しないインターネットマーケティングの真髄 : 課長ほど ...
- mixi中毒度チェック : 課長ほど素敵なショーバイはない!?
- クロスメディア・マーケティング : 課長ほど素敵なショーバイはない!?
- クロスメディアの前にメディアリテラシー? : 課長ほど素敵なショーバイはない!?
- コンプライアンス不況を助長するのは、「情報リテラシー」と「ITリテラシー ...
- 【Web2.0】『知の集積』のはずが『無知の連鎖』 : 課長ほど素敵な ...
- フリーター ニュースのことば : 課長ほど素敵なショーバイはない!?
- ミクシィ 儲ける で検索した結果 : 課長ほど素敵なショーバイはない!?
- ネットがオトナのメディアになっていく : 課長ほど素敵なショーバイはない!?
- メディアとしてのWebサイトに足りない情報はこれだったんだ!? : 課長 ...
generated by 関連エントリーリストジェネレータ



ケータイ世界の子どもたち (講談社現代新書 1944)
ケータイ世界の子どもたち (講談社現代新書 1944)藤川 大祐

おすすめ平均
stars子どもを持つ親にぜひ読んでほしい
stars子供をとおくから見ている,ほかにもいくらもある本とおなじ (?)
stars批判だけで終わらない
stars必読です(*^。^*)
stars親の皆様必ず読んで下さい!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■目次:
第1章 子どもはケータイを何に使っているか
第2章 ネットいじめの実態
第3章 子どもの生活を支配するもの―同調圧力の問題
第4章 有害情報をどう規制するか―迷走するフィルタリング
第5章 子どもの健全育成に何が必要か
第6章 親、教師、社会ができること
■要旨:
小中学生が覗く社会の闇。メール依存、ネットいじめ、学校裏サイト、児童売春…親や教師はどう対処したらよいか。
■内容紹介
プロフいじめ、学校裏サイト、メール依存……
子どもたちの生活がケータイによって大きく変貌している!
子どもたちにとってのケータイは、通話ツールではなく、むしろ友人同士のメール交換や、お気に入りのサイトを覗くブラウザとして利用されています。
使い方のルール・マナーが定まらないまま、子どもたちのケータイ世界は急速に拡大しました。
学校裏サイトやプロフでは「いじめ」が多発、さらに児童売春の温床となったり、深夜まで自室でメールに耽る子どもたちが続出し、大きな社会問題になっています。
親は、教師はどう対処すればよいか、途方に暮れています。
有害サイトを制限する「フィルタリング」も大きな問題を抱えています。
大人たちは子どものケータイ世界とどう向き合ったらいいか。
この問題の第一人者が真摯に問う一冊です。
■著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
藤川 大祐
1965年東京生まれ。東京大学大学院教育学研究科修士課程修了、同博士課程単位取得満期退学。金城学院大学助教授などを経て、千葉大学教育学部准教授。専門は教育方法学。メディアリテラシーをはじめ、ディベート、キャリア教育、数学などの新しい授業づくりを実践的に研究する。文部科学省ネット安全安心全国推進会議委員、企業教育研究会理事長、全国教室ディベート連盟常任理事、日本メディアリテラシー教育推進機構理事長などをつとめる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)



posted by 課長007 at 23:26 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - ネット・ケータイ依存を助長するR25のような中堅メディアが興味深い
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
gooリサーチモニターに登録!



キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。