2008年11月14日

ホスピタリティとは、ホスピタリティがないことを罵倒するような人々に備わっていないマインドのこと

最近「ホスピタリティとは」というリファラが目立ってきたので備忘ログ

ヒットしてるのは↓これ

CS:顧客満足とES:従業員満足を両立させるホスピタリティ・マネジメント 2006年06月29日

「エコ」ヲタクもそうですが、「ホスピタリティ」ヲタクとでも言いましょうか、

そういう人たちって、自分が信望するものになじまない人たちを否定する傾向が強くありませんか?

↓こちらの記事を拝見して、ふと思いついたので備忘ログ。

おもてなしの天才
マナー・礼儀作法のような表層的な

「接客技術」

は教えることができます。

しかし、人が口には出さないけれど、
心の奥底で望んでいることを
ちょっとしたしぐさやことばから察して、
適切な対応が自然に取れる、

「おもてなし(ホスピタリティ)の心」

は教えることができないからです。



過去のホスピタリティ記事:

なぜ効率化したがるのか? 2007年12月23日

生き残る男は誠実に謙虚に生きていく 2007年05月29日

柳葉魚の商標詐称疑惑について 2007年04月22日

ESが下がるとCS も下がるぜ 2006年09月09日

「レクサス」ってまだ“ブランド”じゃないよね? 2006年07月30日


日本が教えてくれるホスピタリティの神髄
日本が教えてくれるホスピタリティの神髄マルコム・トンプソン

祥伝社 2007-08-30
売り上げランキング : 137059

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
おもてなしの源流 日本の伝統にサービスの本質を探る 頂点のサービスへようこそ リッツ・カールトンvs.ペニンシュラ (セオリーBOOKS) 和魂米才のホテルマネジメント―グローバルスタンダードの成功法則 メイキング・オブ・ザ・ペニンシュラ東京 フォーシーズンズが実践するホスピタリティの黄金律

■目次
1 日本人に満足していただくために―高品質のサービスを求めるのは日本の文化だった
2 魅惑のマーケット、日本―高級ホテルと高級ブランドが日本を目指す、これだけの理由
3 日本で仕事をする喜び―ホテル人生三〇年、その中で日本とどう関わってきたか
4 「サービス」と「ホスピタリティ」と「おもてなし」―ホテルがお客様に提供できる最上のものとは何か
5 私にとっての日本、そして日本人―イギリスに生まれて、日本で暮らす。「外」と「内」から見えること
6 ホスピタリティの神髄―私たち「ザ・ペニンシュラ東京」の夢
■要旨
ペニンシュラが東京で実現した「和」と「洋」の融合!なぜ日本人が求める「サービス」の質は高いのか。日本を知り抜いた外国人GMが、今に生かす「おもてなし」の文化。



posted by 課長007 at 22:10 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - ホスピタリティとは、ホスピタリティがないことを罵倒するような人々に備わっていないマインドのこと
この記事へのコメント
私の記事を引用くださって、
ありがとうございます。

それで、申し訳ないのですが、
この記事から私のブログへの
トラックバックを間違って削除
してしまいました。
(スパムを削除するさいに
 うっかり気付かず・・・)

お手数ですが、
改めて張ってもらえますか!

よろしくお願いします。
Posted by 松尾順 at 2008年11月15日 14:31
よく罵倒されます。
「ホスピタリティなし」って。

ホスピオタクにホスピ教。
入れ込みすぎるとバランスを失います。
Posted by おおうちひさし at 2008年11月28日 16:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
gooリサーチモニターに登録!



キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。