2008年11月03日

松下からパナソニックへの社名変更は、電器産業から電機メーカーへの脱皮策?

パナソニック(旧、松下電器産業グループ)による三洋電機買収の件は、パナソニックの“電器から電機へ”のブランド・チェンジの一環ということで勝手に解釈。


パナソニック、三洋買収で基本合意 TOBで09年4月子会社化 NIKKEI NET(日経ネット):主要ニュース
2008-11-03
 パナソニック(旧松下電器産業)は三洋電機を買収することで基本合意した。7日にも両社の社長が記者会見して発表する。パナソニックはTOB(株式公開買い付け)により三洋株の過半を取得し、来年4月をメドに子会社化する考え。今後、三井住友銀行など三洋の主要株主3社と株式取得条件を詰める交渉を進める。電機大手同士の初のM&A(合併・買収)により、年間売上高が11兆円を超える国内最大の電機メーカーが誕生、電機業界は大規模再編時代に突入する。

 パナソニックの大坪文雄社長と三洋の佐野精一郎社長が会談し、パナソニックが三洋を子会社化することで大筋合意した。両社が7日にも取締役会を開いて決議。その後、両社長が記者会見して発表する段取りだ。 (07:00)






【緊急寄稿】iPodに白旗! パナソニックが携帯音楽プレーヤー事業の終息を検討 - デジタル - 日経トレンディネット
2008-10-31
 パナソニックは、携帯音楽プレーヤー「D-snap」事業からの撤退・縮小を本格的に検討し始めたもようだ。同社の複数の幹部が認めた。既に次期製品の開発を休止したとの話もあり、今年春に投入した「SV-SD870N」が、最後のD-snapになる可能性がある。

 携帯音楽プレーヤーは、米アップルの「iPod」が先行し、ソニーの「ウォークマン」が追う構図が続いている。量販店店頭では6割強をiPod、3割弱をウォークマンが占め、2社の寡占化が進んでいるとの調査結果もある。東芝、アイリバー、クリエイティブメディアは1桁台のシェアで推移しているにすぎない。パナソニックのD-snapはそれを下回る実績。市場シェアは1%台だった。



電機:大手6社減収…経営環境急速に悪化 9月中間連結 − 毎日jp(毎日新聞)
2008-10-30
 電機大手8社の08年9月中間連結決算が30日、出そろった。金融危機による世界的な景気減速や製品価格下落の影響で6社が前年同期比で減収となり、5社が営業赤字や営業減益に陥った。また、急速に進む円高の影響などで09年3月期連結決算の業績予想を下方修正する動きも相次ぎ、電機業界の経営環境は急速に悪化している。



パナソニック、円高・原材料高でも過去最高益--2009年3月期中間決算:ニュース - CNET Japan
2008-10-29
 パナソニックの2009年3月期中間決算は、純利益が過去最高を記録した。円高や原材料費の高騰といったマイナス要因があったものの、コストの合理化や、BRICsを中心とした海外での拡販で乗り切った。

 売上高は前年同期比4%減の4兆3437億円となった。ただし、為替の影響や、2007年8月から持分法適用関連会社となった日本ビクターの分を除けば、実質的に4%の増収だったという。また、営業利益は前年同期比4%増の2282億円となり、7年連続で増益となった。



松下グループ、1日よりパナソニックグループに社名を変更 | パソコン | マイコミジャーナル
2008-10-01
松下グループは1日、パナソニックグループに社名を変更した。

今回の社名変更により、「松下電器産業」の新社名は「パナソニック」へと変更された。その他の主要グループ企業の社名変更後の名称は以下の通り。
← 各社・新社名の一覧表


家電業界サイト、「利用者数」は横ばいも「利用時間」は増加傾向:MarkeZine(マーケジン)
2008-06-10
家電・エレクトロニクスでは、新商品発売時には企業サイトの利用者が一時的に伸びるものの、年間を通じての伸びはみられない。



松下電器はなぜ「パナソニック」に社名変更するのか
2008-01-10
 社名変更について、同社代表取締役社長の大坪文雄氏は「(同社の)ブランドバリューが思うほど伸びていない」という懸念を感じ、「グローバルエクセレントカンパニー」(売上高10兆円以上でうち60%が海外であること、などの指標を定めた同社の目標)を目指すためには、「全従業員がひとつの価値に集中することが必要」との判断を下したという。



オマケ:

“社長”島耕作 特命プロジェクト始動! Techinsight Japan
2008-10-23
 今年6月についに社長となった、日本一有名なサラリーマン・島耕作。就任からおよそ4ヶ月たった今、社長じきじきの特命プロジェクトが動き出した。島社長は「シンクグローバル」の理念の元に「初芝五洋ホールディングス」の社名を変えることを表明。広く読者に社名変更プロジェクトへの参加を呼びかけている。

↑応募は「ハガキか封書で」だそうです。( θ_Jθ)


ちなみに、旧ナショナルだったコーポレート・サイト(?)では、まだ石油ファンヒーター回収記事がトップページに鎮座

パナソニック・ホーム | Panasonic
パナソニック株式会社のウェブサイトです。商品情報から、企業情報、IR情報、採用情報などについてご紹介します。


↓こちらは商品サイト/マーケティング・サイトですね?

パナソニック商品情報[個人のお客様] | Panasonic


電機業界関連の過去記事:

営業組織の編成区分 2006年10月22日
営業組織を編成する際の区分方法にはどんな選択肢や特徴があって、それぞれどんな功罪があるのでしょうか?

こんなことに興味を持ったのは、三洋電機の下記発表です。

三洋電機が1000人削減へ 白物立て直しへ営業にメス - FujiSankei Business i. 2006/9/28


「からだ家電」で、健康ニッポン2007年09月28日
National 松下電器


選択と集中と優勝劣敗 2008年02月20日
そう、

東芝はまぎれもない「重電メーカー」なのである。

片や、ブルーレイディスク・BD陣営のソニーや松下電器は、これまた自他共に認める「弱電メーカー」。

次世代DVDの規格争いに取り組む本気度に、天地の差があったことは明白なわけです。

この争いを、かつての『VHS対ベータマックス』になぞらえて見る向きもあるようですが、あれは「松下電器vsソニー」という弱電メーカー同士の対決でしたから、今回のケースとは土俵が違うわけです。


インターナル・マーケティングが決する優勝劣敗とは 2008年03月04日
今回の三菱電機も確かに軍用の通信機器や設備を作ってはいるものの、それはあくまでもBtoBの、しかも相当特殊な市場であって、

携帯電話のようなBtoCの家電市場では、顧客も販売手法も全く異なるわけですから、そう簡単に組織がついてきてくれないのだと思うわけです。

「大きな仕事(金額?)がしたくて重電メーカーに入ったのに、なんで自分が弱電なんかを担当させられるんだ」

こんな愚痴が有楽町界隈などで交わされていたかどうかは定かではありませんが、近からずとも遠からずではないでしょうか?



さらば「松下」! 誕生「パナソニック」 ― 松下幸之助の夢 松下電器・ナショナルをひと呑みに、世界へ躍り出すパナソニック大坪改革
さらば「松下」! 誕生「パナソニック」 ― 松下幸之助の夢 松下電器・ナショナルをひと呑みに、世界へ躍り出すパナソニック大坪改革竹内 一正

ぱる出版 2008-09
売り上げランキング : 41361

おすすめ平均 star
starブランド統一、社名変更を松下内部の視点でわかりやすく書かれた本

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■BOOKデータベースより
社長・大坪文雄が語る、「モノづくり立社」が挑むエコ戦略。中村V字改革路線をも呑み込む大坪改革と松下幸之助の知られざる経営哲学との共通点・秘密に迫る。
■目次:
1 さらば「松下」!誕生「パナソニック」
2 大坪改革の原点と「3つのGP」戦略
3 世界トップのカギを握る薄型テレビ戦線の強化
4 モノづくり立社が挑むエコアイディア戦略
5 多様な才能を持った経営の神様・松下幸之助
6 歴代社長の熱い戦い、松下電工の意地
7 パナソニックはiPodを生み出せるか

posted by 課長007 at 16:25 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - 松下からパナソニックへの社名変更は、電器産業から電機メーカーへの脱皮策?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
gooリサーチモニターに登録!



キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録