2008年11月01日

最高裁長官 ニュースのことば

裁判員制度スタートに際しての、『リーマン』の心構えみたいなネタを探してみるか


アサヒ・コムきっず:最高裁長官とは? - ことばなるほどね! - 学ぼう
 最高裁判所(さいこうさんばんしょ=最高裁)のトップ。
内閣(ないかく)の指名にもとづいて天皇が任命(にんめい)すると憲法(けんぽう)で定められていますが、実際には、いまの長官が後任を推薦(すいせん)し、首相が認めて決まることがならわしとなっています。
最高裁にはほかに、内閣が任命する14人の最高裁判事(さいこうさいはんじ=裁判官)がいます。
政府は28日、新しい最高裁長官を竹崎博允(たけさきひろのぶ)・東京高等裁判所長官(64歳)にする考えを固めました。2009年5月に始まる裁判員制度をおし進めてきた人です。最高裁判事を経ないで長官になるのはめずらしいといいます。
★キッズ朝日・日刊



最高裁判所長官 - Wikipedia
最高裁判所長官(さいこうさいばんしょちょうかん)は、日本の最高裁判所の長の官職名。最高裁判所裁判官の一人であると同時に、司法行政事務を行う裁判官会議を総括する。


裁判員制度 - Wikipedia
裁判員制度(さいばんいんせいど)とは、一定の刑事裁判において、国民から事件ごとに選ばれた裁判員が裁判官とともに審理に参加する日本の司法・裁判制度をいう。裁判員の参加する刑事裁判に関する法律(平成16年法律第63号。以下「法」という。2004年(平成16年)5月21日成立)により規定され、一部の規定を除いてその6年後の2009年(平成21年)5月21日に施行され、同年7月下旬以降に実際に裁判員が加わる裁判が開始される予定である[1]。

裁判員選任手順
各年度ごとに、市町村の選挙管理委員会が、衆議院議員の公職選挙人名簿登録者から「くじ」で翌年度の裁判員候補予定者を選定して「裁判員候補予定者名簿」として地方裁判所に送付する(法21条、22条)。地方裁判所は、裁判員候補予定者名簿を元に、毎年度、「裁判員候補者名簿」を作成し、裁判員候補者名簿に記載された者にその旨を通知する(法23条、25条)。

裁判員が負う義務
出廷義務
裁判員及び補充裁判員は、公判期日や、証人尋問・検証が行われる公判準備の場に出廷しなければならない。正当な理由なく出廷しない場合、10万円以下の過料が課される(法112条)。また、評議に出席し、意見を述べなければならない(評議参加者全員の意見が必要なため。議論が進む中で、気付いた範囲で、自由に意見を述べればよい)。
守秘義務
裁判員は、評議の経過や、それぞれの裁判官・裁判員の意見やその多少の数(「評議の秘密」という。)その他「職務上知り得た秘密」を漏らしてはならない。この義務は、裁判終了後も生涯に渡って負う。裁判員が、評議の秘密や職務上知り得た秘密を漏らしたときは、6か月以下の懲役又は50万円以下の罰金に処される(法108条)。


よろしく裁判員 法務省 裁判員制度コーナー
サイバンインコ 裁判員制度広報の希望のインコ!

ここも『ゆるキャラ』か...


激論!「裁判員」問題 (朝日新書 142)
激論!「裁判員」問題 (朝日新書 142)木村 晋介

朝日新聞出版 2008-10-10
売り上げランキング : 19713

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
裁判官の横着―サボる「法の番人」たち (中公新書ラクレ 292) 気骨の判決―東條英機と闘った裁判官 (新潮新書 275) 裁判員制度の正体 (講談社現代新書) 裁判員制度はいらない 狂った裁判官 (幻冬舎新書 い 2-1)

■BOOKデータベースより
休んだ仕事を気にしながら延々と証言を聞かされるのか。官の暴走にストップをかけ、正義を実現するのか。体験を話してはいけないのか。そもそも辞退できるのか。裁判官の誘導に乗らないコツはあるのか…。賛成派も反対派も納得、徹底討論でズバリ解説。あなたが知りたかった、裁判員のホントのところ。
■目次:
第1部 なにが問題か(裁判員制度とは
賛成派の主張
反対派の主張)
第2部 激論、裁判員!(市民生活と裁判員
あなたが裁判員に選ばれたら
日本の裁判はどう変わる)
キムラ弁護士の補足意見
■出版社からの内容紹介
裁判員制度は大迷惑か、それとも市民を守る砦か? 開始目前で批判続出の裁判員制度をめぐり、賛成派の弁護士と反対派の元裁判官がホンネで大激論。有罪率世界一の実態、最高裁の隠された狙い、裁判員に選ばれるリスクなど、知らないと損する裁判員制度の真実。
■内容紹介
裁判員制度は大迷惑か、それとも市民を守る砦か? 開始目前で批判続出の裁判員制度をめぐり、賛成派の弁護士と反対派の元裁判官がホンネで大激論。有罪率世界一の実態、最高裁の隠された狙い、裁判員に選ばれるリスクなど、知らないと損する裁判員制度の真実。



posted by 課長007 at 13:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - 最高裁長官 ニュースのことば
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
gooリサーチモニターに登録!



キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。