2008年10月29日

ミュージカルはお好きですか?

ニャー

キャッツシアター@大崎・東五反田

キャッツシアター@大崎・東五反田です。

キャッツシアター@大崎・東五反田

皆さん、ミュージカルはお好きですか?

わたしは高校生の頃、ミュージカルにハマってたカノジョに無理矢理連れていかれた時に、これまた無理矢理ステージで一緒に踊らされたトラウマがありまして、それ以降近寄らないようにしています。(;o;)

ニュースキャスターになりたい

なんてこと考えてたお兄ちゃん、実は相当ナイーブだった? :-p


それにしても大崎周辺の再開発は物凄い勢いで進んでます。

オフィスビルと高層マンションが、まさしくニョキニョキと音を立てながらできあがっていく様は、バブルの名残だったお台場・有明あたりの開発状態を思い出させてくれますね。

大崎は再開発でどう変わる?東口エリア編 - [高級賃貸マンション]All About
今、都心で最も変貌を遂げつつあるエリアといえば、それはJR山手線「大崎駅」周辺かもしれません。



アタマのながぁーい小人が立ってる。

アタマのながぁーい小人@大崎


通りすがりの「ふく料理」(ふぐではない)のお店では、ハロウィンのカボチャが不敵な笑みを浮かべてます。

ふく料理@東五反田


この不況を乗り越えたあとの日本は、結構イイ国になりそうな気がしてきたかな





進化するミュージカル
進化するミュージカル小山内 伸

論創社 2007-12
売り上げランキング : 43558

おすすめ平均 star
star内容が濃いのです。
star詳しいです。
starミュージカルファン必携の保存版

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■BOOKデータベースより
キャッツ、オペラ座の怪人、レ・ミゼラブル、エリザベート、レント、ウィキッドの魅力を分析する。ロンドン・ニューヨーク・東京の劇場をめぐり、多くの舞台を観劇した著者が、音楽とドラマの関係を軸に、話題のミュージカルを読み解く。
■目次:
第1部 ロンドン・ミュージカルの隆盛(『キャッツ』―猫のミステリー 「娼婦猫」の上昇をかたどる音楽
『ジーザス・クライスト=スーパースター』―音楽の機能を飛躍的に高めた革新性
『エヴィータ』―語りと音楽による異化効果
『オペラ座の怪人』―昇降する「時空と音楽」の魔力
『アスペクツ・オブ・ラヴ』―「あの時の思い」を甦らせる音楽 ほか)
第2部 ブロードウェイ・ミュージカルの復興(『ラグタイム』―ミュージカルは進化する
『ライオンキング』―多文化ミュージカルの幕開け
『レント』―現代のボヘミアン讃歌
サム・メンデス版『キャバレー』―頽廃の果ての衝撃
『シカゴ』―時代を先取りした悪徳の栄え ほか)



posted by 課長007 at 00:26 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - ミュージカルはお好きですか?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
gooリサーチモニターに登録!



キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。