2008年10月27日

日経[号外]27日 日経平均、バブル後安値を更新 終値486円安

底抜け脱線ゲーム


日経平均、バブル後安値を更新 終値486円安
 27日の東京株式市場で日経平均株価は大幅に4日続落。大引けは前週末比486円18銭(6.36%)安の7162円90銭で、2003年4月に付けたバブル経済崩壊後の最安値を更新し、1982年10月7日以来26年ぶりの安値となった。




コンプライアンス不況を助長するのは、「情報リテラシー」と「ITリテラシー」が区別できない人? 2008年10月26日


大逆転の時代―日本復活の最終処方箋 (講談社+アルファ文庫 G 179-1)
大逆転の時代―日本復活の最終処方箋 (講談社+アルファ文庫 G 179-1)山崎 養世

講談社 2008-06-19
売り上げランキング : 131170

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
次のグローバル・バブルが始まった! 道路問題を解く―ガソリン税、道路財源、高速道路の答え 米中経済同盟を知らない日本人 ソロスは警告する 超バブル崩壊=悪夢のシナリオ 勝つ力 ビジネスの勝ち方は学ぶことができる

■BOOKデータベースより
構造改革や民営化で日本は復活したのか?答えはノー!「大逆転の時代」とは、日本が潜在能力を発揮する時代。それができれば、日本が再び世界経済のリーダーとなり得るのだ。東京の一極集中に象徴される過密問題、地方の過疎、国民の高齢化。地方の活性化のためには「高速道路の無料化」が不可欠である。過密化した都市からの人やモノの大移動を引き起こすなど大胆な構造改革が実現すれば「日経平均株価10万円」も夢ではないのだ。
■目次:
第1章 東京が没落し、未体験の危機が来る
第2章 迫られる発想の転換
第3章 高速道路無料化で日本が変わる
第4章 日本列島再生論
第5章 日経平均株価10万円が日本を救う
終章 年金問題が一気に解決
■内容紹介
日経平均10万円を実現させる秘策を明かす 過密・過疎・高齢化。諸悪の根元のこれらの問題こそが、日本再生のカギ。どん底を見た日本が復活する方法は? 「高速道路無料化」の提言者が放つ、救国の書!



posted by 課長007 at 17:32 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - 日経[号外]27日 日経平均、バブル後安値を更新 終値486円安
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
gooリサーチモニターに登録!



キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。