2008年10月14日

日経[号外]14日 日経平均、午前終値1079円高の9355円

今日は号外祭りですか


日経平均、午前終値1079円高の9355円
 14日午前の東京市場で日経平均株価は8日ぶり急反発。前週末からの上げ幅は1000円を超え、9000円台を回復した。午前の終値は前週末比1079円13銭(13.04%)高の9355円56銭。上昇率は史上2番目の1949年12月15日(11.29%)を上回っている。



不景気・不況期に威力を発揮するのはシンプルさ? 2008年10月12日


現役大学教授Prof.サカキが教える 新・株式投資「必勝」ゼミ―大化け割安株 発掘編
現役大学教授Prof.サカキが教える 新・株式投資「必勝」ゼミ―大化け割安株 発掘編榊原 正幸

ダイヤモンド社 2008-09-05
売り上げランキング : 13949

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
超安全に、2年半で株価3倍! 新・サカキ式「大化け割安株」投資実習―現役大学教授、Prof.サカキの「バリュー株投資理論」が劇的に進化! 株価予測黄金の方程式―現役大学教授がこっそり教える 木を観て森も観る! バリュー投資の強化書~良いビジネスを安く買い、高く売るための分析手法~ (Modern Alchemists Series No. 61) 現役大学教授がこっそり教える株式投資「必勝ゼミ」〈第2講〉進化する頭脳―まだまだあった!知られざるお宝発掘法 「株のカリスマ」プロフェッサー・サカキの お金をふやす頭脳トレーニング (講談社BIZ)

■BOOKデータベースより
本書は、いわゆる「大化け割安株」を科学的に割り出すためのノウハウを惜しみなく伝授する、「株式投資の究極のバイブル」として書き下ろした。本書で取り扱う「大化け割安株」とは、「財務優良の割安株で、大化けする株」のこと。安全性と健全性も同時に満たすことになる点で、一般的な成長株投資とは一線を画するものである。このような「大化け割安株」に投資する場合は2年・3年といった時間がかかるが、そのかわりに、株価もしっかりと2倍・3倍になる。本書では、そういった銘柄群を割り出す客観的手法を明らかにしていく。
■目次:
第1章 2008年秋〜2010年を大予想(まずは原油価格・為替相場・金価格について
2008年の市況展望 ほか)
第2章 大化け割安株のゲノムを解く!(さらなる進化を遂げたProf.サカキ式投資法
Prof.サカキ式投資法のおさらい ほか)
第3章 これからの大化け有望銘柄はこれだ!(これからの大化け有望銘柄をリストアップ
有望銘柄予備軍 ほか)
第4章 本書のおわりに
■内容紹介
『ダイヤモンド・ザイ』でお馴染み、株とフェラーリをこよなく愛するProf.サカキのバリュー株投資がグレードアップ! 過去データを緻密に分析し、株価が長期にわたって成長する<大化け割安株>を見つける方法を発見。しかも、株価がピークとなる売り時まで分かってしまう! これからの有望銘柄のリストは超必見!



posted by 課長007 at 11:35 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - 日経[号外]14日 日経平均、午前終値1079円高の9355円
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
gooリサーチモニターに登録!



キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。