2008年09月28日

あたしブログ的には「課長ほど素敵なショーバイはない!?」みたいな

久々のジェネレータ・ネタです。

あたしブログ 〜あなたのブログを2008年最高のケータイ小説形式に変換〜

↓↓↓

課長ほど素敵なショーバイはない!? みたいな。 - あたしブログ
あたしブログ的には「課長ほど素敵なショーバイはない!?」みたいな
第1章 【週報】内閣支持率よりも
第2章 日経[号外]27日 中山
第3章 未来がないのはITエンジ
第4章 少子化の根本原因は「忙し
第5章 気分屋B型 言ってること
第6章 日経[号外]24日 衆院
第7章 リスクマネジメントとは正
第8章 メディアとしてのWebサ
第9章 日経[号外]22日 自民
第10章 ADMT:広告とマーケテ
第11章 タコツボを抜け出したいI
第12章 イー・モバイル「EMOB
第13章 マーケティング・コンサル
第14章 幸福の黄色い…
第15章 地下街にだって喫煙所はあ


タイトルは短い方がいいみたいですね。^^;


ねとらぼ:「あたしブログ」――あなたのブログをケータイ小説大賞作品っぽく変換 - ITmedia News
 あたしブログは、ブログのURLやRSSのURLを入力すると、各エントリーのタイトルを携帯小説の章立て風に表示。エントリーの冒頭の文章を文節や単語で区切って改行し、ところどころに「みたいな」を挿入する、というものだ。

〜中略〜

 開発したのは同社の神部竜二さん。ラボブログによると、ケータイ小説大賞が発表された25日に作り始め、4時間ほどで完成して公開したという。その後、ブログを「あたしブログ化」するブログパーツやブックマークレットも追加している。


第3回日本ケータイ小説大賞にちなんで「あたしブログ」を作ってみた。 (ラボブログ)
もし人気が出てきたら、今度こそちゃんと形態素解析して、本格的に改行を挿入したいですね。元の小説で「みたいな」を読点の「。」に変換して読みたいというネタもあるみたいですが、こちらは Greasemonkey のスクリプト向けかな。なんにせよミームのキャチアンドクリエイトはまた続けていきたいです。


こんなジェネレータをサクッと作れちゃう、そして迷わず(?)公開してくれちゃう『エンジニア』さんには頑張ってもらいたいですね。


ケータイ小説のリアル (中公新書ラクレ 279)
ケータイ小説のリアル (中公新書ラクレ 279)杉浦 由美子

中央公論新社 2008-05-08
売り上げランキング : 115848

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ケータイ小説がウケる理由 [マイコミ新書] (マイコミ新書) ケータイ小説活字革命論―新世代へのマーケティング術 (角川SSC新書 37) なぜケータイ小説は売れるのか (ソフトバンク新書 63) ケータイ小説は文学か (ちくまプリマー新書 85) ケータイ小説書こう

■BOOKデータベースより
ベストセラー上位を占めたケータイ小説。既成の文壇からヒステリックに否定されるこの新文芸は、いかなる構造をもつのか。80年代の文化にまで遡り、その内実を歴史的に描きだす。
■目次:
第1章 「ブーム」の現在(ケータイ小説「ブーム」の異質さ
ケータイ小説はどのように売れていくのか)
第2章 恋愛、セックス、売春(王道少女漫画の世界
素人のリアル
少女小説からケータイ小説へ
なぜ、援助交際小説は減っていったのか)
第3章 『恋空』はなぜ特別なのか(妄想の中のリアル
疲弊の風景
自己啓発本としての『恋空』)
第4章 妄想が走り出す(日本人は世界で最も「書くこと」が好きな国民だ
妄想語りが商品になる
ケータイ小説作家には美人が多い?
匿名性作家の時代)
第5章 「ケータイ小説」のゆくえ(「ケータイ小説」書籍は売れ続けるのか
大人も楽しめるものをめざして
「ケータイ」は作家を育てるのか
美しい時代へ)
■内容紹介
著者コメントより:「ケータイ小説は小説ではない」と言う人もいますが、本書では「ケータイ小説」を新しい文芸として捉えています。
「ケータイ小説」の書籍は売れ続けており、映像作品の原作としても注目を集め、現在、最も勢いがある文芸ジャンルと言えましょう。
今まで、メディアでは「携帯電話でケータイ小説を読んだ人が、バイブルとしてケータイ小説の書籍を買う」と報道されてきました。
しかし、コンテンツ取材を続けているノンフィクションライターの私がちゃんと取材をしてみると「ケータイ小説」書籍のメイン読者は地方の中学生である判明しました。つまり、イコール携帯電話を所有しない層なのです。
メディアで報じられてきた「ケータイ小説」ブームと、実際には大きな食い違いがあり、そこには「携帯電話」という新しいメディアへの幻想があるように感じてなりません。10代の携帯電話市場の実際、フィルタリングの波紋についても言及しました。また、後半では少し文芸批評的な視点も加えて、志賀直哉から「ギャルズライフ」、恋愛シュミレーションゲーム、夢小説などの古今のコンテンツとの比較しながら「ケータイ小説」書籍が売れる真の理由も解明しております。



posted by 課長007 at 15:04 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - あたしブログ的には「課長ほど素敵なショーバイはない!?」みたいな
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
gooリサーチモニターに登録!



キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。