2008年09月17日

H&Mの行列は、iPhoneの失敗を見たあとだと役者が違う

女性だらけで何の行列かと思ったら『H&M』でした。

H&M TOKYO

iPhone』の行列と比べることに意味はないんでしょうが、少なくとも導入初期のターゲティングははずしていないんじゃないかと思う次第です。

H&Mの行列


【動画】FNNニュース: 東京・銀座に「H&M」日本進出1号店がオープン 約700人が列をつくる
売上高で世界第3位のカジュアル衣料チェーン「H&M」の日本進出1号店が、東京・銀座にオープンし、多くの女性客らが詰めかけた。
H&Mの前には、オープン前にもかかわらず、およそ700人が列をつくった。
オープンを待つ客は「(何時から並んでいますか?)きょうじゃなく、昨日の夜の8時半ぐらいから」、「(どこから来ました?)大阪から」などと話した。
H&Mは、スウェーデンを拠点とする世界第3位の衣料チェーンで、低価格や高いファッション性、豊富な品ぞろえを売りとしており、世界でおよそ1,600店舗を展開、日本は30カ国目の進出先となる。
H&Mは、11月に東京・原宿に、また2009年秋には渋谷への出店も予定しており、今後、「ユニクロ」など国内勢との激しい顧客争奪戦が予想されている。


H&M日本初上陸 芸能人もブログで続々紹介・絶賛 - Ameba News [アメーバニュース]
 欧米を中心に世界約30カ国に店舗を構えるスウェーデンの衣料品ブランド「H&M」が日本に初上陸。9月13日に1号店である銀座店をオープン。テレビの情報番組では人々が行列する姿が映されるなど、大いに注目されているが、芸能人からも注目されているようだ。



「H&M」をネットで検索、ブランド認知者の40.5%--アリババ調べ:マーケティング - CNET Japan
 アリババは9月16日、20代および30代の女性有職者を対象に実施した、ファッションブランド「H&M」に関するインターネット調査の結果を発表した。

 H&Mは、低価格と最新モードに強みを持つスウェーデンのカジュアルウェアブランド。9月13日、東京・銀座に日本第1号店をオープンした。

 調査によれば、全回答者の28.0%がH&Mを「知っている」と回答したという。年代別にみると、20代の30.0%、30代の26.0%が「知っている」と回答した。



銀座マーケティング 激変商売の桧舞台で、いま何が起きているのか!
銀座マーケティング 激変商売の桧舞台で、いま何が起きているのか!丸木 伊参

ダイヤモンド社 2004-10-08
売り上げランキング : 534731

おすすめ平均 star
star銀座で商売するなら役立つかも。
star「銀座空洞化」はあるか?

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■BOOKデータベースより
これまで銀座をリードしてきた老舗とデパートが苦戦している。新興店・新業態店の大挙進出、海外の有名ブランド店の相次ぐ出店は、銀座を大きく変えた。ますます激化する銀座の商圏攻防戦を検証する。
■目次:
第1章 新興店の進出が銀座を変える―銀座異変を象徴する、この店の進出
第2章 新興・勝ち組がメインストリートに勢揃い―銀座への出店は長年の夢だった
第3章 日本は世界一のブランドマーケットだ―海外有名ブランドが銀座に出店するわけ
第4章 銀座に新しい「和」のビジネスが台頭―日本古来の商材に宿るニューバリュー
第5章 老舗とは何か、その明暗と究極の商法を探る―老舗の看板だけでは、もう生き残れない
第6章 どうなる「銀座ブランド」の将来像―問われる商業集積の規模と中身
■MARCデータベースより
これまで銀座をリードしてきた老舗とデパートが苦戦している。新興店・新業態店の大挙進出、海外の有名ブランド店の相次ぐ出店は、銀座を大きく変えた。ますます激化する銀座の商圏攻防戦を検証する。
■商品の説明
銀座マーケティング
商業地のあり方が大きく変わりつつある。日本の流通業・小売業の変遷を研究してきた著者は、「立地が良い」「店が大きい」というだけでは、もはや何ら売り上げを保証するものではないと断言する。そうした変化が最も象徴的に起きているのが銀座だと指摘。老舗や有名百貨店の停滞、銀座とは縁遠いように思われた大型ディスカウント店の成功、海外高級ブランド店の進出など、銀座で今起きている出来事は「これからの商業の方向性やマーケティングを考えるうえで重要な示唆を含んでいる」と語る。
中央通り、晴海通りに面したメーンストリートでまず目につくのは海外ブランドの大型店舗だ。「エルメス」「シャネル」をはじめ、有名どころが海外観光地の免税店さながらに軒を連ねる。一方では「コメ兵」や「ブランドオフ」など、ブランド品を安く売るチェーン店が共存し得る背景に分析を加える。また、業種にかかわらず、国内の“勝ち組”が集積している点にも注目する。化粧品の「ファンケル」、低価格美容室の「田谷」、仏壇の「はせがわ」など、これまでの銀座であれば異質と見なされたであろう企業の進出理由などについて解説する。紹介した店舗とそのエリアを細かく区分して示した地図も、併せて掲載している。
(日経ビジネス 2005/03/28 Copyright©2001 日経BP企画..All rights reserved.)
■出版社 / 著者からの内容紹介
老舗店舗と新規参入店舗がしのぎを削る銀座。今後ますます激化する銀座の商圏争いを事例とともに検証する
■著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
丸木 伊参
1938年横浜生まれ。日本大学芸術学部卒。ヨーカ堂(現イトーヨーカ堂)販売促進部、アパレル専門紙流通担当記者を経て、1970年、商業・流通業の専門出版社(株)商業界入社。編集長、雑誌編集部門・書籍出版部門担当常務を経て代表取締役社長。2002年OFFICE MARUKI設立。執筆、講演活動に携わる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

posted by 課長007 at 18:54 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - H&Mの行列は、iPhoneの失敗を見たあとだと役者が違う
この記事へのコメント
iphone失敗してないじゃん。
何台売れたら成功なの?
日本だけの話?
Posted by えー at 2008年10月25日 21:50
行列とかプロモーションのことですからご安心ください
Posted by 課長007 at 2008年10月26日 12:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
gooリサーチモニターに登録!



キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録