2008年09月17日

日経[号外]17日 NY連銀、AIGに9兆円融資 FRBが発表

アリコジャパンは今朝の新聞に全面広告だしてたようですが


NY連銀、AIGに9兆円融資 FRBが発表
 【ワシントン=米山雄介】米連邦準備理事会(FRB)は16日、経営難に陥っている米保険最大手、アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)に対し、ニューヨーク連邦準備銀行が850億ドル(約9兆円)を上限に融資することを承認した、と発表した。



サブプライム危機 終わりなき悪夢 アメリカがヤバい!
サブプライム危機 終わりなき悪夢 アメリカがヤバい!直江津 歩

扶桑社 2008-03-19
売り上げランキング : 107023

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
変幻進化する国際金融―サブプライム危機膨張するドル体制の落とし穴 投資銀行バブルの終焉 サブプライム問題のメカニズム ビッグ・クランチ―大収縮の時代 サブプライム危機はアメリカの自爆テロだ! (ベストセレクト) 2009年世界バブル大崩壊 落ち目の米国、虚飾の中国に、食いつくされる日本 サブプライムの実相―詐欺と略奪のメカニズム

■BOOKデータベースより
証券化市場、完全麻痺!リスクの高いサブプライムが“安全な(トリプルA)”金融商品に化けたカラクリとは?ドル・株・不動産大暴落→世界大恐慌へ。
■目次:
第1部 発症―サブプライム住宅ローンバブルの蔓延(サブプライム住宅ローンとはなにか?
なぜ低所得者層が簡単に住宅ローンを借りられたのか?
2006年以降の競争激化でバブルが生れた!)
第2部 増殖―世界中にリスクをばら撒いた「証券化」「デリバティブ」「格付け」の罠(危機に拍車をかけた「証券化」の仕組み
「クレジット・デリバティブ」というギャンブル
危機を増幅させた「格付け神話」の真相)
第3部 爆発―サブプライム金融商品の大暴落が始まった!(サブプライム第1の波―2007年2月
サブプライム第2の波―2007年7月から9月)
第4部 破局―「レバレッジド・ローン」「モノライン」「不動産」、ますます燃え広がる危機!(サブプライム問題から流動性危機へ―SIVそして証券化全体へ
最悪以上のシナリオが現実に!―死屍累々の10月・11月
新たな危機!「モノライン保険会社」の存在が浮上)
第5部 最悪―悪夢のシナリオが終わらない理由。そして、日本も!(危機の拡大・深刻化が止まらない!―2008年の展開
対岸の火事どころか、日本の金融機関もヤバい!
サブプライム問題が日本の不動産渇九暴落につながる!
アメリカがヤバい!だから日本も超タバい理由)
■出版社/著者からの内容紹介
すべての金融関係者&投資家、必読!
サブプライム危機の元凶となった"わけのわからない""思わずゾッとする""最先端といわれた"「証券化」「デリバティブ」の仕組みがみるみる分かる!
次にヤバい!のはM&Aへの融資「レバレッジド・ローン」、事業用不動産を証券化した「CMBS」「住宅以外のサブプライム」「モノライン破綻によるアメリカ地方債」!!
(本書内容)
ついにアメリカの証券会社・ベア・スターンズが身売り!
アメリカ低所得者向けローン・サブプライム問題は2008年春、M&Aブームで急速に残高の増えた投機的格付け企業向け融資「レバレッジド・ローン」や日本でもお馴染みの事業用不動産への融資を証券化した「CMBS(事業用不動産担保証券)」の大量焦げ付き問題に発展することが必至の情勢になっています。
欧米の金融機関の数兆円規模の損失計上はまだまだ続き、それは日本の金融機関とて例外ではありません。
もし自分が貸すのならばかなり注意してお金を貸すであろう低所得者向けの住宅ローン=サブプライムがこれほど世界を震撼させる金融パニックとなった背景には、「証券化」や「デリバティブ」を通じた無責任の蔓延やリスクの増殖があります。
「500個のリンゴのうち100個が傷むかもしれないなら
残りの400個を優先的に食べられる人は絶対安全(トリプルA)」
(「証券化」)

「痛みやすいリンゴであれ1000個集めれば、そのうちの
200個ぐらいはほぼ絶対傷まないはずだから安全(トリプルA)」
(さらなる「証券化」)

「それでも傷みやすいリンゴが本当は何個ぐらい傷むのか、誰でも賭け(ギャンブル)をすることができる」(デリバティブ)
本書では、「証券化」「クレジット・デリバティブ」という"わけのわからない""最先端といわれた""思わずゾッとしてしまう"金融技術の仕組みや危機を拡大させた格付け信仰、モノライン保険会社の破綻懸念など「危機の本質」を徹底解説。
今まさに全世界経済を襲う「ドル大暴落」「株価暴落」「不動産バブル崩壊」の原因と今後の展開をリアルに検証します。
アメリカ発の危機がどれほどヤバい! のか? どこでまで続くのか? いつ終わるのか?
すべての金融関係者&投資家が今すぐ知っておかなくてはならない情報満載の本です!
■著者について
海外金融事情や最新の金融技術(デリバティブ)に精通するクレジット・コンサルタント。外資系金融機関でのクレジット・トレーディングや証券化の組成業務を経て、現在は、金融機関のクレジット投資や審査文化について幅広いコンサルティングを手がける。ちなみに、クレジット市場とは、企業の倒産、貸し倒れ、回収率といった分野を扱う市場で、今回のサブプライム問題の震源地となった金融分野のこと。



posted by 課長007 at 11:35 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - 日経[号外]17日 NY連銀、AIGに9兆円融資 FRBが発表
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
gooリサーチモニターに登録!



キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。