2008年09月17日

顧客に在庫してもらう富山の薬売りというビジネスモデル

同じBtoBであっても物販やってたのは90年代後半でしたが、その頃はマーケティングという言葉は知っていても、中身がどんなものかまったく知らないし、興味もなかったです。

ただ、若かりし頃から流行り廃りというかトレンドみたいなものをウォッチすることは好きな方で、フジテレビの『マーケティング天国』だとか『カノッサの屈辱』といったビシネス系(?)バラエティ番組はよく見てましたね。


で、富山の薬売り(置き薬)『配置販売業』ですが、
商品を顧客のもとに在庫して、定期・不定期の棚卸し訪問の際に、消費された分量だけ課金しつつ在庫を補充する。

素晴らしいビジネスモデルだと思います。


物販やってた頃に知っていれば、新規開拓に活かせたかもと思うわけです。

ガサ(売上額などの規模)のとれる本丸商品をただやみくもに売り込むのではなく、消耗品のような入り口商品(フロントエンド商品、ドアオープナー商品)を顧客のもとに無料で置いていくオファー。

これを無形のサービスに応用するとなると、まず浮かんでくるのは「従量制課金」や「成果報酬型課金」。

「○○日間無料お試し」などはサンプル配布のモデルなのでちょっと違うか?


QAコミュニティで聞いてみたいと思いますが、よい事例などご存知でしたら、ご教示いただければ幸いです。


ビジネスモデル・シンキング ケースブック
ビジネスモデル・シンキング ケースブック
文真堂 2007-07
売り上げランキング : 298666

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
お払い箱のビジネスモデル (Yosensha Paperbacks) ビジネスモデル入門―代表的ビジネスモデルと構築法 ビジネスモデル創造手法―夢を現実に変える4ステップ・アプローチ ビジネスモデル革命―競争優位から共創優位へ 戦略のパラドックス

■BOOKデータベースより
日本企業は優れた技術や経営資源を持つが、十分なキャッシュフローを生み出していない。企業の経済価値(EVA)が高いのに株価が低迷している。なぜか?その原因の一つに、ビジネスモデルの老朽化がある。本書では、世界各地のビジネスモデルを探索し、ケースを収録するとともに、ビジネスモデル・シンキングの方法を提示する。
■目次:
ビジネスモデル分析の枠組み
ボンプレウのビジネスモデル
ステューデンツフォン・ドット・コムのビジネスモデル
ザラ(ITテキスタイル)のビジネスモデル
H&Mのビジネスモデル
ISSのビジネスモデル
B‐Bridgeのビジネスモデル
Yaegaki Corporation of USAのビジネスモデル
格蘭仕(ギャランツ)のビジネスモデル
秋川牧園のビジネスモデル
韓国映画産業のビジネスモデル
JAFCO America Ventures,Inc.のビジネスモデル
アリババ・ドット・コムのビジネスモデル
ピクセラのビジネスモデル
(株)いろどりのビジネスモデル
マレーシアにおけるホテルIのビジネスモデル
タイの私立病院のビジネスモデル
ビジネスモデルの探求



posted by 課長007 at 09:36 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - 顧客に在庫してもらう富山の薬売りというビジネスモデル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
gooリサーチモニターに登録!



キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。