2008年09月15日

なぜIT業界のエンジニアはタコツボから抜け出せないのか?

ここ最近、[エンジニア 未来]という検索フレーズで『IT業界の“エンジニア”に未来はあるのか?』へのアクセスが目立ってたので、「みんな悩んでるんだなぁー」と勝手に想像してたら違ってました。

アルファギークが空回り - ひがやすを blog
エンジニアの未来サミット、一部が学生とアルファギークの対談、二部がアラサーにとってのIT業界。



「泥カン」に続き、技術評論社がこんなイベントやってたんですね。

エンジニアの未来サミット
かつては日本の基幹を担うと言われたIT(Infomation Technology)業界。しかし,いつの間にか「3K,5K」「35歳定年説」など,ネガティブなイメージが定着し,さらに最近のイベントで物議を醸した「エンジニア最初の10年のキャリア」についてのさまざまな議論から,IT業界の将来すら不安視されることが増えてきました。

でも,実際のところはどうなのでしょうか?

本サミットでは,これからIT業界を目指す学生,また今IT業界に入ってきた若手エンジニア・デザイナーの皆さんからの疑問や不安に対し,業界をリードする「アルファギーク」の面々,そして今活躍している30代前後のエンジニア,いわゆる7x,8x世代の方々がお応えします。

彼らが語るIT業界の今,さらに実際の仕事への取り組み方やエンジニアの魅力について語る熱いメッセージをぜひお聞きください。

名称 エンジニアの未来サミット
日程 9月13日(土)
時間 13:30〜18:20
開催場所 パソナテック セミナールーム
定員 250人
参加費 無料
主催 株式会社技術評論社
協賛 株式会社パソナテック

「エンジニアの未来サミット」の様子を,Ustream.TVを使った中継や後日レポートとしてお届けする予定です。詳細は,以下のページをご覧ください。



IT業界の“エンジニア”は、製造業のライン工と同等の職種に位置づけられるようになる(なっている)のではないか?

なってこと言ってた課長007としては、「エンジニアの未来」を語る議論がIT業界の中だけでタコツボ化していることが滑稽に見えてしまうのです。

例えば彼らが(って誰?)“エンジニア”の前に“IT”と付記しないことに、漠然とした違和感があるんですね。


“IT”というサイロを抜け出して、もっと製造業や建設・プラント業界というエンジニアリングの先輩たちと交流したり学んだりすればいいのに、と考えるわけです。

相対的に国際競争力が低下していくことは5年前に言われていたようですし。↓

日本人ITエンジニアはいなくなる?
国際競争時代に突入するITエンジニアに生き残り策はあるか?
日本人ITエンジニアはいなくなる?

第1回 海外のエンジニアは脅威か

小平達也(パソナテック 中国事業部 コンサルタント)
2003/11/21



追記:

タコツボを抜け出したいITエンジニアに送るたった一つの提言


未来カー・新型プリウス―エンジニアたちの挑戦
未来カー・新型プリウス―エンジニアたちの挑戦御堀 直嗣

日経BP社 2004-01
売り上げランキング : 337802

おすすめ平均 star
starプリウスのカタログ本
star普通の消費者が選ぶハイブリッドカーを目指して
star未来を開くハイブリッドは八百万(やおよろず)の神

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■BOOKデータベースより
環境に関心のあるユーザーばかりでなく普通の消費者に選ばれるクルマをめざして開発者は新型プリウスに「未来」を詰め込んだ。気鋭のジャーナリストがトヨタ式新車開発の神髄に迫る。
■目次:
第1章 驚くべき、「速さ」と「燃費」
第2章 走りだけでない、クルマとしての魅力
第3章 初代プリウスを作った男
第4章 クルマ好き少年の描いた夢
第5章 モーターまで内製する意味
第6章 クルマがステアリングを動かして危険を回避
第7章 クルマが車庫入れを手伝ってくれる
第8章 究極のエコカーを目指して
■MARCデータベースより
環境に関心のあるユーザーばかりでなく、普通の消費者に喜ばれるクルマをめざして、開発者は新型プリウスに「未来」を詰め込んだ…。気鋭のジャーナリストが、トヨタ式新車開発の神髄に迫る。
■出版社/著者からの内容紹介
トヨタが可能な限り「未来」を詰め込んだクルマーー
新型プリウスは「未来カー」の第1段なのだ。では何が「未来」なのか。「未来」といっても新技術の押し付けになってはいけない。新型プリウスに装備された数々の「未来」を,それぞれの開発者が語る。
■著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
御堀 直嗣
玉川大学工学部機械工学科(流体力学研究室)卒業。レーシングドライバーとしてFL500、FJ1600レース参戦。84年からフリーランス・ライター。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。日本EVクラブ副代表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

posted by 課長007 at 12:59 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする はてなブックマーク - なぜIT業界のエンジニアはタコツボから抜け出せないのか?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/106590884
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
gooリサーチモニターに登録!



キーワードアドバイスツールプラス アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録